path of lifeセッション セッションメニュー

わたしであることの歓び
わたしでいることの安心感

「つながる」 このセッションでは自分自身とつながっていきます。



ほんとは、 わたしたちは一度もわたし自身から離れたことはありません。
今も前もこれからも自分自身とつながっています。
ただ、あまりにたくさんの情報に日々ふれ、
無意識に同じことを繰り返し、
育った過程での体験からの思い込みを握りしめて、
今も小さな頃に大人から言われた言いつけで自分自身を縛っている。
これらのわたしではないものが、 わたし自身を覆っている。

重たい荷物は手放して自分自身の人生をはじめませんか?



外側の声と内側の声があるとすれば、
外側の声ではなく、これからは内側の声を聴いて生きていく。

そう決めた方へ向けたセッションがPath of life sessionです。


このセッションが終わるころ、自分自身の変化に気づくでしょう。
より身体に根付き、
今起こっている感情に翻弄されるのではなくただ気づいていて、
自分自身を大切にあたたかく見守ってる。
自身の美しさに目覚めている。
以前より生きやすくなっている自分。



今、目を閉じて、
等身大の自分自身を感じてみてください。
本来のわたし自身を。





「Path of life 」いのちの道 
わたし自身のいのちを生きる
わたしのいのちの顕れが道となっていく


感じて、決めて、動く。

だれかの意見ではなく、内からの呼びかけに気づく。



自分の感覚を信頼できるようになれば、 外側に翻弄されることはなくなっていきます。
だれかの正解を自分に押し付けることもなくなっていくでしょう。
自分の正解をだれかに押し付けようとしていることに気づくでしょう。
失敗や間違いにこだわらず、自分の体験を味わうことができるでしょう。


外側→内側へ「矯正・強制」から、
内側→外側へ「表現・創造」へ。
わたしたちはそれぞれがわたし自身にしかできないものをもってる。



わたしたちはわたし自身の「美しさ」を知ることで、自分自身そして世界の愛を深く体験します。


もうドラマはおしまいにしようよ。
自分の本当の美しさを認めなければいけません。
これはわたしたちの生きる責任なのです。


このセッションの5回を通じて、身体と感覚をより繊細に感じていきます。
いままで思考優位だった人も、少しづつ身体や感覚と仲良くなっていきます。

身体、五感を通じて、わたしたちはいろんなことを知っていきます。
感情、思い込み、あなたが満たされている時の状態、その逆も。
五感を育てましょう。わたしの身体を開き、つながりましょう。

わたしがわたしと今よりも仲良くなるための時間。
それが、パスオブライフセッションです。


表現アート、身体や感じることのエクササイズ、瞑想、香り、
ここで用いるさまざまなツールは感覚や意識を拡げるものたち。




自分を信頼しよう
しあわせでいよう
満たされていよう

条件もない、状況も関係ない、今から。





自分自身とつながること
トータルに生きること
それをサポートするセッションです。


あなたとお会いできるのを楽しみにしています。



《《パスオブライフセッション》》 セッション代金:80.000円
☆このセッションは定期的に5回連続でおこないます。
☆セッション時間は1回につき約2~3時間

ひとりの時間の必要性

ひとりが好き。ひとりの時間がないとむり。
今までそれはわたしにとってとても大切なことだった。
最優先すべきことのひとつ。確保しなければいけないもの。

ひとり静かに過ごす。好きなように。たまっていた緊張をほどきリラックスできる。
そんな時間、それがひとりの時間。 それは自分がバランスする時間。


ひとりの時間はこれからも大切にしていく。今こうやって書いている時間もすき。


けど、疑問が出てきた。
ひとりの時間になんでそこまでこだわるんだろうかと。
それを楽しむというより、こだわってる。

わたしの思い込みや関わることのパターンそんないろんなものが、ひとりの時間を求めてるのだろうなと。
もし、それらが溶けていったら。
ひとりの時間の必要性にわたしはこだわらないかもしれない。
独りあること、というのは周りに人がいるいないは関係ない。


最近、変化を感じてる。
友だちは少なくていい、本当に理解しあえる人が一人でもいればいい、
そんなふうにずっと思っていたし、実際にそうゆう関わり方をしてきたのだけど、
いろんな人たちと付き合ってみたいって思うようになった。
そしたら気づいたら周りに人がいる。
いや、そうじゃなくて、今までもいた人たちに今さらだけど気づくようになったんだ。そして新しい人たちとも出会うようになった。

わたしたちはひとりでは生きていけないと言うけれど、その意味がやっと解りだしてきたのかもしれない。


わたしはそれがうれしい。
理解しはじめたことも、好き嫌いだけの世界から出てきた自分も。
たのしい、おっかなびっくりですが。
これからも、みなさん、よろしくね。

ほんとはシンプル

今、セッションの中で、その時のテーマとなるものや、ふとやってみようと出てきた事柄を、色や粘土などを用いて表現してもらう機会が多くあります。


絵なんて描けない
自分には創造性がない
伝えるのが下手だから
コミュニケーションは感情をコントロールしないとうまくいかない


多くの人はいろんな思い込みをもってる。
その思い込みはその人にとっては事実だ。
それすら意識せず疑問にもせず、そうゆうもんだと信じ込んでることがある。


変化する、それは自分へもどっていくということで、
それはマインドには説明できないもの。
だから余計にひとは戸惑う。
自分が感じてることは間違ってる?


自分の感覚や感性を信じるのは、むずかくなってしまった。
一般的な教育を受けてきたわたしたちは、答えは外側にあると、さんざん矯正されてきた。
だから身体の欲求さえ間違いに思えて、どんどん感じられなくなって。
なんてこったい。 。


ほんとはなにもかもシンプルなのだ。








お誕生日にぎりがケーキをやいてくれた。
めっちゃめちゃおいしかった。
わたしをうみだしてくれた存在、つながっているすべてぜんぶ、本当にありがとうございます。




path of lifeセッション

問い合わせはCONTACTより

スタジオウーヌスHP

私はまた生まれていた アクアフローティング

アクアフローティングを初めて体験した時の感想と後日談をいただきました。

書いてくださったのは、フォトグラファーの丸山えりさん。

この美しい文章もそして生命感あふれてる海の写真も彼女の作品です。


みなさん、是非、読んでみてください!!!
まるちゃん、シェアしてくれてほんとにありがとう!

丸山えりさん インスタグラム maruyama__eri


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


海の神さまの力を借りて
ひとを信じる
私を信じる
この瞬間になんの不安も躊躇もなく
ただ ただ くつろぐ

アクアフローティングを通じて
私はそれを
身体の芯から
こころの底から楽しんだ

ああ 私はずうっと怖かった
生きるのも 信じるのも怖かったんだ

・・・・・・

どうやって
身体のちからを
抜くんだっけとおもいだせなくて
考えれば考えるほど
身体がどんどん固まって苦しかった

・・・・・・

margaとgiriが海の神様とつないでくれたら

・・・・・・

考えるのではなく
身体に
ダイレクトに
思考はそのあとを心地よく追いかけてくるように
すぽん とらくらくと
腑に落ちたんだ

・・・・・・

ああ
わたし
こんな風に楽になれる
身体は自由だ
すべてのちからがゆるんでいった

・・・・・・

世界と私の境界線が曖昧になり
無我夢中で私の本質の輪郭をさぐる
とらえられない本質のかたち
毎瞬毎瞬その感触が変わる
ただ感じては消えてゆく
なんと愛おしいことだろう

・・・・・・

とろける
まばゆい
はかなく
きらきら
はらはら

ずっとここにいたい

・・・・・・

はじめはほのかに緊張した身体
giri&margaにいざなわれ
ゆだねるうちに
すぐに海に馴染んでほぐれてゆく
身体の力を抜けば抜くほど海の天地がわからなくなり
いま、私が浮いている場所が海かどうかも怪しくなり
そう感じた次の瞬間に
私は 子宮の中にいた
子宮を覚えていた
心地よさを味わうまもなく死がやってきた
明らかにこれは死だった
私は 死のことも知っていた
死は あたたかくて穏やかで心地よかった
じわじわとそれを感じたら

ひかり ひかり ひかり ひかり ひかり ひかり

圧倒的なひかりの中で私はまた生まれていた

・・・・・・

giri&marga
本当に大きな愛
ありがとう

・・・・・・

後日談。
私の五感は、冴に冴えて、あらゆる直感が鋭くなりました。
ちょっとバランスを崩す日もあって慌てたけれど
海の中で、初めに口の中に海水が入ってくるくらいのものだと
たかをくくっています。
ハプニングもあるけれど
ここにくつろぐ。私の本質で生きる。
ただ、この存在に感謝。
スタジオウーヌス。素晴らしい1日をありがとう。愛しています。


丸山えり インスタグラム




スタジオウーヌスHP
CONTACT

慈悲の海

photo by 丸山えり

スタジオウーヌス@鎌倉ー再び、から名古屋に戻ってきました。

お会いした方、すばらしい場を提供してくださった方、
いろんな場でわたしたちのワークを紹介してくださったり協力・応援してくださった方々、
本当にどうもありがとうございました。

そしてわたしたちを受け容れてくれた海があったから。 ほんとにありがとう。


楽しかった!
いらしてくれた方はどうだっただろうか。
たくさんの美しいフィードバックをいただいています。

おそらく今年の海でのワークはおしまい。
最後の日、この海から出ることが離れることがさびしくて、またねと何度も言いつつ、なかなかはなれられず。

最後の数日間、海は特別にやさしく感じた。
甘くて柔らかくて強くて。
それは波が荒くない方がいいとか海水の温度がとか、自然だから人間が思ったような都合のいいものではなく。
それでも、だからこそ、やさしいなぁと。

それは言葉にあらわすならば、慈悲。
数日間、わたしたちは慈悲の中にいた。

ほんとは毎瞬、存在の慈悲の中でわたしたちは生きているのだけど、それを忘れてしまう。
けど、この数日間はそれがとてもしっかりと感じていた。
愛されている、そう思い出した時間。
ありがとうございます。




CONTACT

path of lifeセッション

スタジオウーヌスHP

あ、大丈夫ですというとき。

手伝いましょうか?
そう尋ねてかえってくる返事。
だいたいが、
あ、大丈夫です!

なんか手を貸した方がいいかな、という場面は日常の中で時々出会いませんか?
全く知らない人だけれども、なにか手伝えるかもという予想で声をかける。


こないだの話。
電車の中。事故が起こりダイヤが遅れていて、平日だけど混み合っていた。
わたしは座っていて、目の前に大きなリュックを背負った若い女の子が立った。
その子はつり革につかまったまま眠りだした。
身体がリュックと共にぐらんぐらん揺れる。つり革につかまってるのが不思議なくらい。
めっちゃ疲れてる様子。 わたしの横のおばちゃんとか周りにいる人が迷惑そうにしてる。
そのぐらんぐらんで周りにぶつかりまくってるし、つり革からいつその手が離れるかもわからない。
その手がすべったら危ないだろうということは予想できる。
ぐらんぐらんと同時にななめ掛けしてるポシェットから物が落ちまくる。
時々、はっと気づいてそれらを拾い、また眠りに落ちる。

ここまで疲れるって何してたんやろ。
小さな子がごはん食べながら眠ってしまう時と似てる。

おばちゃんがたまりかねて言う。
ちょっと、あんた、こわいわ!
(大阪での出来事ゆえ、 それ以外の地域の人にはわからないかもしれないけど大阪ではありがちな場面、 悪意はさほどなく迷惑に怒ってる)

あ、すいません・・ けど、変わらず。

わたしはその子のポシェットをトントンとたたいてひっぱって起こす。
は?という顔。
ここすわって、ね。(ここ座って、眠り)
あ、大丈夫です!
ねたらええやん。
や、大丈夫です!
ええから、すわり。
あ、すいません・・
と言って座ったと同時に爆睡。


これはおせっかいなおばちゃん(わたし)の話なんだけど、おせっかいってどうなのっていうのは今はちょっとおいといて。 ほんとに大丈夫なときもあるのだけれど。




あ、大丈夫です!って咄嗟に出るのは、
わたしたちの病なんじゃないかと思う時がある。
人に頼りたくない、迷惑かけてはいけない、放っておいて、自分でやらなければ、
いろんな気持ちがあるだろうけど、


手を差しのべられて、その手を握れない理由はなんだろう。

わたしはよくやるんだ、これを。
あ、大丈夫です!と。



だから、人に尋ねるのかもしれない。
なにか手伝おうか?

わたしの中のだれかが手を握りたがってるのかもな。
手を何度も差し出してくれるのを待ってるのかもな。



ニュートラルなワークショップをします。
@名古屋
@鎌倉



スタジオウーヌスホームページ



※いま、CONTACTからの問い合わせがこちらへ届かないということが起こっています。
しばらくの間、ウーヌスの問い合わせフォームへお願いします。

問い合わせ(ウーヌスHP内)

息が吸えるようになる方法

だれも自分のことを知らないというのはとても自由だ、
ある人が話していたのだけど、わかるなー。


生まれ育った場所から離れるとき、ものすごく大きな開放感があった。
息が吸えると思った。


いつのまにか自分で窮屈な場所に入りこむのか。
暮らしの中で、それぞれがそれぞれを気にしすぎて、
実際に起こってるかどうかは別にして、 思い込みの中にはまっていく。

それをしがらみというのかな。
自分が自分に課したもの。

いまの世界は余計そうなのかもしれない。


どんなことでも自分でそれに気づくことだけが自由が開かれていく方法。





ぎりの遠隔クラニオバイオセッションモニター募集中。

スタジオウーヌスHP

マルガへのCONTACT

なぜ離れてしまう?

ぎりがクラニオバイオダイナミクスの遠隔セッションのモニターを募っています。
クラニオバイオはわたしも大好きなセッションです。
いろんな場面でこのセッションに何度もサポートされています。
この遠隔セッションもたくさんの方に反響をいただいています。
興味ある方、是非どうぞ。




なにかのセッションやグループで素晴らしい体験をしても、
すぐそこから離れてしまうのはなんでだろう。


それはひとつはその体験をマインドで理解しようとするからだとおもう。

そうした時、その体験は色を失くす。



日常ではない特別な場だったから
一瞬の高揚感をあじわっただけとか
勘違いだったとか
惑わされたんだとか、結論してしまう。


マインドはまとめるのが大好き。
要するに・・というふうに。

結論付けてまとめた瞬間、そのプロセスは終了。続きはない。
起こったことを出口も入口も無い四角い狭い箱に入れてしまった状態、
それがマインドの役目。


アタマで理解しようとせずに、その体験であじわったものを信頼してみる。
すると本当に人生は開かれていく。


起こったことはその場だけのものではない。
それは起こり続ける。
影響し続けてる。
音のように振動は自然にはプツンとやまないみたいに。


その身体であじわったこと起こったことはうそじゃない。





マルガの提供しているセッション
サイキックマッサージ

スタジオウーヌスHP

CONTACT

つかんでいた手を放した

長い間、ゆるせない人がいた。

その人が浮かぶと、身体の中からマグマみたいに吹き出てくるものがあって、
ものすごいきつい感情や思いがわいてくる。
強いエネルギー。そのエネルギーで自分自身が焼けて死んでしまうような。
ほんとに長い間、その憎しみはあった。
絶対にゆるさないって思ってたし、その憎しみが小さくなることはなかった。



その思いをもってから、ほんとうに長い時間が経った。


その人を思い出すことは今はもうほとんどない。
そうなってからも随分と経った。
その人を思い出した時今のわたしが感じることを言葉で例えるなら、無味無臭。
なんにも感じない。呪いも祈りもなにもない。

その重荷が自分からとれるとはその頃は思ってもなかった。
その重荷を持っていたかったし。 それを手放したいと思ったこともない。
直接ワークしたこともない。 いくらでもいつまででも憎んでられると思っていた。


だからとても不思議。
今自分がその人を思い浮かべても身体になにも起こらないこと、感情がわかないことが。


憎しみって中毒するみたいに依存できる。
強い感情はどれもそうかもしれない。 いや、どの感情もそう。
喜びに執着する人もいるし、悲しみに溺れてたい人もいる。

それらを持ち続けるにはたくさんのエネルギーがいる。強ければ強いほど。
その火を絶やさなように薪をくべ続けないとそれは消えてしまう。


憎んでもないのにゆるすことなんかできない。
ゆるしとは憎しみを知ることから起こる。


わたしはその人をゆるしたわけではない。
そもそもわたしがゆるしその人がゆるされることなんて何も無かった。
ただわたしが持ってた憎しみが落ちただけ。わたしがそれよりも興味あるものを見つけて、
その憎しみをつかんでた手を放し、別のものを手にとった。
それをゆるすというのかな。相手はなんの関係もないのね。




スタジオウーヌスHP

マルガへのCONTACT

そのものである美しさ

土曜日、表現アートをつかったpath of lifeグループセッションを開きました。
ありがとうございました。


さまざまな方法で自分のあらゆるものを表現しました。

内側のなにかを外へ表すというのは簡単ではない。
普段とは異なる方法で繊細に今起こってることをとらえる。
それはとても興味深いプロセスです。


視点が変わるということはこうゆうことなのかと、実際に今回体験したという感想を
参加者の方がシェアしてくれました。



グループではわたしは一緒に描くことはほぼしません。
だからみなさんの描く姿を見れるんです。

その姿、ほんとに美しかった。
いま思い出しても内側で動くなにかがあります。


描いたもの完成したものよりも、
描いてる表現しているその姿はほんとにその人を表している、

それは何をしていて何かを残すということより、
ただその人が生きているということが尊いことなんだと
それを見ました。

今言葉に書いたように、描いてる姿を見ていた時に感じたわけでなく、
見ている時、なぜか涙が出て仕方がなかったんです。
ただ感動したんです、その美しさに。


生きてるということが、ほんとにギフトなんだな。
その人がその人であることの美しさ。

どうもありがとう。


スタジオウーヌスHP


問い合わせ
CONTACT