マイパワースポットと効果

今日はずっと雨が降っていたけど、夕方散歩に出かけたら、太陽がひょいっと顔をだして、ダブルレインボウが!
虹見るとなんでこんなにハッピーになるんだろうね。


ハッピーといえば、わたしの日常のハッピーのひとつは銭湯!
スーパー銭湯じゃなく、銭湯。手軽で、行けば必ず気分爽快になる。
けど、気分だけじゃない。身体もハートも満たされる場所。パワースポット。

単純に大きなお風呂が好きだけど、
銭湯には人の日々の暮らしがある。そこがとっても好きなところ。

おばあさんもおばちゃんも若い娘もみんなが素っ裸。みんなちがう身体をもってる。でっかいちっちゃいおっぱい、片方だけのおっぱい。大きな手術跡、タトゥー、贅肉いっぱい、ガリガリ。この生を生きてきた証。老いててもぴちぴちしててもそれぞれの歴史。生きてるわたしたち。裸を見てると、わたしたちはだれひとり間違った身体を身に着けてきてないなっておもう。みんな今の自分にぴったりの身体。

汚れを落として洗って温めて、心身ともにほぐれてすっきりして上がっていく。
今日一日の疲れをとる人もいれば、夜の商売にむけて養分を得るかのように仕事前に来る人もいる。

昔からある日本の暮らしの一部。そこで年寄りから赤ちゃんまでいて、女としてのこと、育児や暮らしその土地のこと、いろんなことを教わったんだろう。


生きてるってええなーって思うの。銭湯にいると。


わたしにとっての銭湯パワースポットは、身体があったまるという効果も大きい。

身体が冷えてるときと、あったかい時の気分の違いは明らか。

気分が落ち込みやすい人は、特に胃から下、下半身をゆったりと温めてみて。鼠径部はしっかりと。
そして温まってからの気分の違いを感じてみて。

大きな変化を求めてるなら、シンプルなことをやってみるといいよ。
身体と心は密接。
身体と心を心地よくさせると、本当にやるべきことをたやるための力が内から湧いてくる。




★★★マルガのセッション
つながるセッション

★予約、問い合わせは、
問い合わせフォーム

季節が変わっていく

ここ2年ほど、しんどいなぁって思って過ごすことが多かった。

そんな時は、朝起きると希望がなくて、今日も一日生きなきゃいけない、そう感じてた。





更年期

更年期という季節にわたしはいるみたいだと最近わかり、わかったら本当に気が楽になった。そうだったんだ。

しんどかったあれこれ、目が覚めた時の絶望、すべてが更年期と関係しているのかわからないけど、自分が大きな変化のときにいてその揺れを身体も心も体験中だとわかった。いつもとちがうというか前とちがうというかとにかく思うようにいかないから、自分のこともめちゃ責めてたんよね。

更年期は思春期とおなじようなものだよ、と聞いて、まじそうやなって感じた。生理が始まるとき、生理が終わるとき、そりゃ大きい変化よね。



もう、そんなことがわかったら、自分が愛おしくて、いろんなことを一緒にくぐりぬけてきたかけがえない同士で、ほんまここまでよくやってきたよな、これからもよろしくー!って乾杯!って、今はそんな気持ち。ぎゅうって自分を抱きしめる。そしてパートナーの協力もより増した。ありがとう。



原因とか理由の追及は、すごくじゃまになるときがあるなって人を見ててよく感じてて、普段はそこにあまりエネルギーを与えないようにしてるんやけど、今回は自分のいまがわかったことで、原因を知ることの大切さを体験した。いや原因ではなく、今ここの現在地を知ったことの安心感。

女性という枠を超えて、より大きな存在として生きていくための切り替わりのとき。

これからしばらくは続くであろうこの時期を、冒険へでかけるみたいにわくわくしてるよ。





★★★マルガのセッション

★つながるセッション

問い合わせフォーム

★★★スタジオウーヌスのページ