未完成のもの

未完成のもの。
わたしは完成とは思えていないものを差し出すことがこわい。

創作物はどこかにゴールがあるかもしれない。
完成されたもの。それは物でも動きでも。器でもお芝居でも。
表現というのはちがうように感じてる。
表現はより内面と密接だ。
感じてること、感情。
今感じてることを外側へ出す。
今感じてることなんて、たいがいが曖昧。いろんなものが混じってる。
今考えてることとはちがう。
瞬間、瞬間、目的地へ向かってるのでなく、瞬間の連続。
その瞬間の中にも多くがある。どこをフォーカスしているか。今はそのひとつを。

表現は未完成のもの。
だから魅かれる。
魅かれるというのはそこに必ず怖さがある。
怖さがないチャレンジなんてあるんだろうか。


わたしは完成とは思えていないものを差し出すことがこわい。
完璧なものは永遠にこない。マインドはそうやって幻想をみせようとする。
幻想だとわかるぐらいに少し賢くなった。

4/16 ウーヌスサンガ&テイスト版ミスティックローズ
ウーヌスの初の試みです。人が集まるということ。

4/23.24 ニュートラルなタッチ
ボディワークを学ぶだけの場ではありません。
自分とつながるとは、人と世界と関係していくとは。
それを自分自身で、仲間と共に見つけていく機会です。

マルガの個人セッション
https://margaprem.com/individualsession

スタジオウーヌスHP

問い合わせフォーム



声に出して呼ぶーー内側を現してみる

何度聴いても涙が出て仕方なくて 一体いつまで泣くんだろう

そう思っていたけど
1週間ずっと聴き続けていたら泣かずに一緒に歌えるようになったんだ

友だちがある歌に出会って、それがすごく響いて聴き続けていたという話。

その友人らしい。
わたしもなにかに響いてふと涙することがよくある。
その友だちのようにダイブするみたいに、っておもしろいなーと思った。



今朝その話を思い出していた。


ふと口に出してみた。

お母さん

声にしようとした瞬間、 すごくざわざわしてわたしの中が大騒ぎしてる。
涙が出る。


なんで、お母さんだったのか。
考えもなく突然に出た。


何回も声に出してみた。

最初はただ音にしただけ。
それでも泣ける。


そして呼んでみた。

お母さん


何回も声に出してその人に呼びかけた。

お母さん


今の年老いた母でなくて、あの時の母に。
わたしが幼かった時のお母さん。
呼んでいるのは小さなわたしなのかな。


ねえねえ
なあなあ
お母さん
こっち見て



小さなわたしはなにを言いたかったのかわからないけど。
お母さんと呼びかけることはすごくしあわせで必死な訴えだったのだと思う。




ただふと湧いてきたものを声に出してみた、それだけのことだけど。

内側のものを現してみるー表現ー
そのプロセスとしてなにかがどこかが起こされ癒され満たされ。






スタジオウーヌス
http://www.banyantree8.com/

4/6 瞑想会テイストオブミスティックローズ
4/16 ウーヌスサンガ
4/23.24 ニュートラルなタッチ


マルガHP
https://margaprem.com/

明かされていく

ものを書く時間は普段からあるけれど、ブログとして書くことが減った。
だれかに自分の言葉を見てもらうのが、しばらくの間必要に感じていなかった。

わたしは、「表現」に興味や葛藤があり、それに気づいたのは大人になってから。
興味というより、ロンギング、渇望。
そして、それはわたしだけでなく、多くの人にとってもそうかもしれないと解りだした。

表現することで明かされていくものがある。
自分は今なにを感じているのか。
なにを怖れているのか。
なにが心地よくて心地悪いのか。

自分にとっては慣れ親しんだものだったとしても、
それを例えば文章にしてみる。
すると、思わぬかたちで、それが展開されていく。

感じることを言葉にすることはとても難しい。
なぜなら感じているものは言葉を超えたものだから。
言葉にしないことで明かされていくものがある。


スタジオウーヌスHP
http://www.banyantree8.com/