ドント ビー シャイ

美しさ、をすごくリスペクトしてる。とっても大切にしてる。

それはすべてのもの・ことに在る。

それを才能・良さというかもしれない、徳というひともいるだろうし、クセがあるといって顔をしかめることもあるかもしれない、光とよぶひともいる。

そしてそれは五感で感じられる。もちろんそれ以外の感覚でも。

形がなくてもあっても
はっきりと
見れる、嗅げる、触れる、味わう、聴ける。


そして美しさはそのもの独自のもの、オリジナルだ。


同じ言葉であらわすかもしれないけど、同じ美しさはない。
見る者が感じる美しさと、見られるモノの美しさは同じではないとおもう。


美しさは主観的だ。主観はうそでも思い込みでもない。
客観的な視点だけを尊重しすぎた結果は・・・それはこれからも続けたい人たちにおまかせしよう。
わたしたちがやらなくてもいい。


美しさに出会いたくて、触れたくて、わたしはここにいるなっておもう。
美しさに触れることと感動することはわたしには同じ意味の言葉。
それを見つけるのが好きで、それを伝えたくて、こうしてる。


美しさは特別な場所、ひとにあるんじゃなくて、
あなたの中にある。

あなたの美しさを
わたしに
世界に
恥ずかしがらずに
見せてくださいな。

スタジオウーヌスのホームページ

美しさってなんですか

こんにちは!
元気で過ごしていますか?
わたしは時々の欲求不満が起こったりしながら元気ですよ。



フィジカルな接触に距離をもって、家で過ごす時間が増えたことは今あなたにとってどんなふうに感じているのでしょうか。なにが起こっていますか。



わたしはですね、
ウーヌスにだれもいらっしゃらないことがめちゃさびしい!


ひとと触れ合うことが大好きです。それは実際に肌にさわるということだけでなく、そのひとという存在に触れるのが。
それは別の言葉で言うと、そのひとの美しさに出会うのがたまらなく好き。

セッションでその機会をもらえてることは、これはもう存在からのご褒美やなって感じてる。
それは自分自身の美しさを思いだす瞬間もいっしょ。
美しさに出会うこの時、自分が自分、わたしという個人、ではなくなる。いままで自分と思ってたのは「考え」で、その美しさが「本当の存在」だったって。



美しさ

わたしにとって大切なもの。この言葉を見、聞き、感じるとなぜか涙がでてくることがあるのよね。わたしの人生を変えたものだからかな。
このブログも前に書いてたものも、タイトルに入れてる。


みーんなが自分自身の美しさに気づけば、
この世界はグルンと一変する。

美しさに気づいたときから、
あなたの世界は変わってる。グルンが始まった。
表面的には変わってないように思っても実際には変わってる。


美しさということがどういうことかはひとそれぞれ。
だから世界は美しいのよね。

もしも、美しさの定義に自分以外のものがまぎれていたら。
世間とか社会とかCMとかの刷り込みが入っていたら。
きっとわたしたちは美しさを見誤るんだろうな。


怒ることは醜いし
毛深いのも太りすぎも醜いし
くちゃくちゃと音をたてて食べるのは醜いし
卑怯なことは醜いし
ってほんまかな。

だれかに決定権を渡したらあきまへん。

存在からの目で見て聞いて嗅ぐとどんなふうに見えるだろうか。



愛をこめて
マルガ


スタジオウーヌス
http://www.banyantree8.com/