いのちの顕れ

昨日、表現ワークショップを開催しました。
参加してくださってありがとうございました。
記事をシェアしてくださったり声をかけてくださったり、ありがとうございました。

今回は、クレヨンと水彩絵の具、香りをつかいました。
水彩絵の具は、当日の朝になって、ふとインスピレーションがきて使うことにしました。


準備している間、ほんっとにひさしぶりに仕事の楽しさをあじわいました。
そうだった、仕事っておもしろかったよな!って。
感慨深かった。



表現アートはプロセスワーク。
できあがった絵や作品の出来上がりではなく、自分に起こっていることを感じてそれを表現している過程(プロセス)すべてが、結果的にわたしたちに働きかける。 すぐには気づかないこともある。その場で気づきが起こることもある。なにが起こっても起こらなくてもそれはプロセス、つづいてつながっていく。


色を使っているといろいろな感情が出てくる、描いていると悩み事なんて忘れて穏やかになってる、浄化されたようなすっきりしたかんじ、そんなふうに感じることは、やはり表現のもつ力だなとおもう。



このグループを開催しようと決めてから開催するまでの流れがまさにわたしの表現のプロセスだったと、終わった今、あらためて感じています。




苦手と感じていても得意と感じていたとしても、表現するということはとてもパワフル。表現することへの抵抗があるのなら、なおさらかもしれない。
あくびが止まらなくなったり、とても疲れたり、痛みがでたり、感情が揺れたり、たくさんのジャッジが聞こえるときもある。こんなことして意味ある?ってしつこく声がしたり。そして忘れていた遊び心。信頼。無邪気さ。純粋性。静けさ。大きな歓び。本質が内から顕れてくる。



いのちの顕れ。
描いたその絵ではなく、表現しているその姿にそれぞれのいのちの美しさをみました。



どうぞ今後のプロセスも自分にやさしくしながらあじわいください。
ありがとうございました。 ギリ、サポートありがとう!





マルガの提供しているセッション
サイキックマッサージ

問い合わせ先(スタジオウーヌスのHPへ)

スタジオウーヌスHP

リアルとリスクとアライブ 表現アートワークショップ

いいことが起こるとうれしいけどなんだか落ち着かない
つぎによくないことが起こるんじゃないか
いいことばかりは続かない
そんな考えがやってくる時がある。

なんでこんな考えがやってくるのかな
いつから、どこから、こんな考えをもつようになったんだろう

過去の生、宗教的な教え、小さな頃によく接していた大人の口ぐせ、集合的な無意識のしあわせへの怖れ・・
どれかひとつというより、すべてが混ざって。


そんなこと感じてはいけない
ネガティブなことを感じた瞬間に自分を否定する
首をぶんぶん振って自分に無理に言い聞かせる、そんなこと感じてない!


しあわせという感覚、それは今に気づけば簡単で、
もう一方、自分がしあわせでいることをゆるすのはなんでこんなに難しくなったんだろうともおもう。


あるときの瞑想後に聞こえてきた言葉。

自分だけがしあわせになってはいけない

母、祖母、女性たち。女性側から聴こえた気がした。



あなたが先にしあわせにならなくて、どうやってあなたの周りのひとたちがなれるの そんな言葉を言いたくなるのもわかる。 そしてそういう時に聞くそれはうっとおしい。


自分の中にゆるしてないものがあると、それを感じたときに抵抗する。
自分の中から聴こえても、目の前のひとが言っていたとしても。
反応して、嫌悪感を感じるか、ジャッジするか、聞こえなかったことにするとか。


すべてゆるしていたら、
なにを感じてもいいなら、
反応してもいいし、嫌悪感もジャッジメントも感じていい、
起こることをそのままにしているとき、抵抗もふくめ受容している。


受容

よく使われる言葉だけど、ほんとに大きなことだよね。人生が変わる。
簡単にできるよとはわたしは言えない。


いま感じている、いまここで起こっていること、
それを表現するのはリスク(危険)がある。

誤解されるかもしれない。嫌われるかもしれない。
こわい。
だけど、表れたがってるものがある。
いまここで起こってる自分にとっての本当のこと、リアル。
わたしは生きてるんだ。
わたしはここにいる。
わたしたちはみな表現者。



12/19開催 表現アートワークショップーーー生きること自己表現

ー色、描くこと、身体の感覚、感情、香り、他者の表現に触れることーで自分の表現をゆるしていきます。
ほんとはやりたいこと、ほんとは感じていること、マンネリから抜けたい、
それらにこの表現アートワークショップはなんらかのサポートができるでしょう。

あとひとり参加できます。


12月19日土曜日 14:00~18:00頃(開場13:50)
場所 スタジオウーヌス・名古屋市瑞穂区(変更になる可能性があります)
参加費 8.000円
※少人数でのグループです


予約・問い合わせ  こちらより(スタジオウーヌス問い合わせフォーム)


マルガの提供しているセッション
サイキックマッサージセッションについて

サイキックマッサージ再開

サイキックマッサージのセッションを再開します。

何人もの方からリクエストをいただいていました。しばらくこのセッションはお休みしていましたが、今、タイミングの気がして、
サイキックマッサージのセッションを再開することにしました。

実はすでにご予約はいただいていまして、わくわくしています。

いままで受けたことがある方とはうれしい再会ができれば、そして初めましての方とは新しい出会いの場面です。


サイキックマッサージはマルガにとってとても大切なものです。
ここから得たものがほんとにどれほどあるかわからないほど。

自分とつながること、だれかと出会うこと、
だれもが存在に愛されていまここにいること、そのひとそれぞれの美しさ、

トレーニングを通して、セッションを通してたくさん体験して知りました。



ひとは自分自身の美しさを自分で体験したなら、人生は大きく変わる

これはわたしにとって真実です。
わたし自身がそうでしたから。


わたしはその体験をサイキックマッサージを通して知りました。
だからみなさんにも是非サイキックマッサージを体験してほしい。



美しさを知るというのは、わたしたち自身がありのままで在ることの歓びをあじわうということ。

世間でいう美しさの基準から離れて、ああ、わたしはこれでよかったんだと心も身体も安堵し、内からわいてくる光を隠すのをやめて、自分として生きる。

知ったつもりでいた自分という存在を今までとはちがうところから見て感じて、驚くかもしれません。
はじめて対面するような、あるいは再会のように懐かしくて泣けるかもしれない。
なんて尊く美しい存在。 ほんとの姿。



セッションを受けることってほんとにいい助けになるんです。
いつもくっつきすぎて見えないものを観れるいい機会。スペースって大事。
このセッションは自分を思い出していくためのサポートになるでしょう。


サイキックマッサージってどんなことをするのか。
セッションの基本的な流れとしては、まずはお話をうかがいます。
その後、マッサージテーブルに横になっていただいてチャクラと男性性女性性のエナジーリーディングをします。
そしてそこからマッサージをしていきます。
エナジーリーディングをするのは、マッサージでどこから触れるかなど、セッションのおおまかな流れを見つけるためです。

セッション全体の時間はおおよそ1時間半です。長くなったり短くなったりする場合がありますが、時間に関係なく、
そのセッションにおいてあなたにとって今必要なことはすべて行われます。


見つけられるのを待っている場所があなたの中にあるかもしれません。

セッションの場でお会いできるのを楽しみにしています。



★サイキックマッサージセッション 15.000yen

サイキックマッサージメニューページ(スタジオウーヌスHP)

予約・問い合わせ先
問い合わせフォームへ(スタジオウーヌスのHP内)

ドント ビー シャイ

美しさ、をすごくリスペクトしてる。とっても大切にしてる。

それはすべてのもの・ことに在る。

それを才能・良さというかもしれない、徳というひともいるだろうし、クセがあるといって顔をしかめることもあるかもしれない、光とよぶひともいる。

そしてそれは五感で感じられる。もちろんそれ以外の感覚でも。

形がなくてもあっても
はっきりと
見れる、嗅げる、触れる、味わう、聴ける。


そして美しさはそのもの独自のもの、オリジナルだ。


同じ言葉であらわすかもしれないけど、同じ美しさはない。
見る者が感じる美しさと、見られるモノの美しさは同じではないとおもう。


美しさは主観的だ。主観はうそでも思い込みでもない。
客観的な視点だけを尊重しすぎた結果は・・・それはこれからも続けたい人たちにおまかせしよう。
わたしたちがやらなくてもいい。


美しさに出会いたくて、触れたくて、わたしはここにいるなっておもう。
美しさに触れることと感動することはわたしには同じ意味の言葉。
それを見つけるのが好きで、それを伝えたくて、こうしてる。


美しさは特別な場所、ひとにあるんじゃなくて、
あなたの中にある。

あなたの美しさを
わたしに
世界に
恥ずかしがらずに
見せてくださいな。

スタジオウーヌスのホームページ

美しさってなんですか

こんにちは!
元気で過ごしていますか?
わたしは時々の欲求不満が起こったりしながら元気ですよ。



フィジカルな接触に距離をもって、家で過ごす時間が増えたことは今あなたにとってどんなふうに感じているのでしょうか。なにが起こっていますか。



わたしはですね、
ウーヌスにだれもいらっしゃらないことがめちゃさびしい!


ひとと触れ合うことが大好きです。それは実際に肌にさわるということだけでなく、そのひとという存在に触れるのが。
それは別の言葉で言うと、そのひとの美しさに出会うのがたまらなく好き。

セッションでその機会をもらえてることは、これはもう存在からのご褒美やなって感じてる。
それは自分自身の美しさを思いだす瞬間もいっしょ。
美しさに出会うこの時、自分が自分、わたしという個人、ではなくなる。いままで自分と思ってたのは「考え」で、その美しさが「本当の存在」だったって。



美しさ

わたしにとって大切なもの。この言葉を見、聞き、感じるとなぜか涙がでてくることがあるのよね。わたしの人生を変えたものだからかな。
このブログも前に書いてたものも、タイトルに入れてる。


みーんなが自分自身の美しさに気づけば、
この世界はグルンと一変する。

美しさに気づいたときから、
あなたの世界は変わってる。グルンが始まった。
表面的には変わってないように思っても実際には変わってる。


美しさということがどういうことかはひとそれぞれ。
だから世界は美しいのよね。

もしも、美しさの定義に自分以外のものがまぎれていたら。
世間とか社会とかCMとかの刷り込みが入っていたら。
きっとわたしたちは美しさを見誤るんだろうな。


怒ることは醜いし
毛深いのも太りすぎも醜いし
くちゃくちゃと音をたてて食べるのは醜いし
卑怯なことは醜いし
ってほんまかな。

だれかに決定権を渡したらあきまへん。

存在からの目で見て聞いて嗅ぐとどんなふうに見えるだろうか。



愛をこめて
マルガ


スタジオウーヌス
http://www.banyantree8.com/