くつろぎ、三位一体

寛ぐのがわたしたちにとってなぜ難しいのか。
寛ぐというのは簡単にいうと、無駄な力が無く穏やかで中心にいるような状態。ボーっとしたのは寛ぎとは別のもの、寛いでいるとき意識はクリア。

わりと多くのひとが緊張があることに気づかない。いつの間にか身体に力が入ってる。ちょっとしたことで身体は緊張するしね。緊張が当たり前の状態になってるなら、それは気づくのは難しい。


気づくというのは距離・スペースがいる。そこから離れないと見えない。

まず身体をゆるめるために、身体を締めつけるような物を着ないとか、普段の生活の環境を整えることはとても有効。
身体に意識が向きにくい人ほど、締めつけ感のある下着を着けてるようにおもう。
ブラジャーやショーツ、パンストのゴムが身体を圧迫してる。
本人はそれが普通だから気にならない。
緩んでちゃあ生きていけないんだよ、という無意識の怖れもあるのかな。
だから身に着ける物で自分を縛って、ケツをたたく。何者かになれ、もっと頑張れと。
それに慣れすぎてて苦しいとか窮屈と感じないのかもしれない。
感じてるけどやめられないのかもしれない。

で、このケツをたたいているのはマインド。思考やアタマ。
マインド重視のひとはマインドが王様で身体はその下僕となってる。
だから緩むことができない。いや、緩みたくない!ってかんじ。
いつもON、身体の声なんて聴いてたら計画がすすまないからね。


身体やマインドあるいは心が緩んでくると、締めつけのある下着は着けることができなくなる。不快だから。シンプル。
そして締めつけない心地よい下着を身に着けはじめると、身体やマインドは変わっていく。
どちらからでもいける。


寛ぎは身体とマインドの両方が手をつなぐことで起こる。


マインドが王様で身体はその下僕という関係性の中では寛ぎはこない。
マインドと身体がお互いが仲間だと知ること。
その状態で、元々わたしたちにある寛ぎが顔を出す。

身体を道具にしてはいけない。
身体は神殿。魂が降りてこれる場所。
この神殿がなければわたしたちのこの人生のなにもあじわえない。
すべての存在している意図をもう一度思い出して。

寛ぐというのは身体とマインドとそして魂が、ひとつのスペースのそれぞれのいるべき場所にいてそれぞれの真の力を発揮しているということ。
三位一体。
身体は身体の、マインドはマインドの最大限の力の出し方を。
その道のプロフェッショナルがその道を究めて、それが協力したとしたら。
それは最強。寛ぎとはそんなことなんじゃないか、と。


マルガの提供するセッション
スタジオウーヌスホームページ
問い合わせはこちら

元気ですか?

元気にお過ごしでしょうか。
ほぼ二月ぶりに、これを書いています。
パソコン触るのもいつぶり?さて、なにを書くのかな。

長い期間休んでいましたが、スタジオウーヌスはセッションを再開しています。

突然与えられた休み、
のんびりするのに慣れなかった方もいるんじゃないでしょうか。
わたしはそうでした。
なにかをしなければならない、という無意識の縛り。
それに気づいてみると、その縛りはずっとずっと自分をかなりの強度で縛りつけていたんだなとわかりました。

たとえば、働かざる者食うべからず、という考え。
これはとても根深く、働かないと生きていけないというより、生きていてはいけない、とわたしは思っていたようです。そんな奴は生きる価値がないと、自分が思ってる以上に自分のケツを叩いて生きていたんでしょう。
働いてその対価でお金をもらい、そのお金があったから生きてこられた。
けれど、そうじゃないのかもしれない、
働いてきたから今も生きているんじゃない、
存在がいのちの面倒をみてくれていたから今ここにいる、ということが腑に落ちた日々でした。以前までとはちがう理解にいたったように感じています。

働くことはお金を稼ぐことだけがイコールではないと言われますが、ほんとにそうですよね。
働くとはどういうこと?お金を稼がなかった期間にたくさん考えていました。



2月から畑を借りて野菜をつくっています。
これね、つくっていると書いてるけど、わたしは作ってないんですよ。
自然が作ってくれてるの。ほんとに自然ってすごい。
それを知れたことがとても嬉しい。すこし賢くなれたかもしれない。

少し前に「21世紀の資本」という映画を観たんですけど、それを観て一番感じたことは、みんなひとりひとりが本当に賢くならないといけないなということ。わたしたちが賢くなることでこの世界はもっと美しくなるんだなって。
自分の中に本当の知恵を育てなきゃいけない。当たり前とも思わないほど自動的に思い込んでいる物事に気づくことが大切だなと思います。えらい人たちの言うことばっかり聞いてても賢くなれない。

それにはやはり「感じる」ことがキーなんだろうと。そしてその感じるのはわたしたちのこの身体を通して。
自分の感性を育て、自分の感覚を信じて生きていく。いいと思いません?


愛をこめて


★マルガのセッション
つながるセッション



その感情はどこから?

よく読んでいたブログがあった。
そこには時々家族の話がでてきて、わたしはその家族の登場人物のひとりの子どもの話題が好きだった。

その子のポテンシャルのすごさと純粋さがなんとなく伝わってきて、親戚のおばちゃんみたいな気でいたのかもしれない。


あるとき、その子が情熱を注いで仲間と頑張っていたあることを辞めさせた、と書いてあった。


それを読んで、怒りがハラの奥の方からぐおっっとわいてきた。
ふざけんな!
子どもの可能性を無理やりつぶそうとすんな、親だからってなんでもしてもいいと思ってんのかっって、
もう出るわ出るわ、いろんなもんが。

昔の記憶がでてきた。そしてあの時感じた悔しい悲しいを思い出した。すっかり忘れてた出来事だったけど、ゆるさんぞ!って思ってた。今思い出したけど、家出したんやった。
けど、そうゆう抵抗は、なにも解決しなかったのね。



なんてパーフェクトな投影なんやろうと思った。
身体と感情と直観のすばらしい連携プレイやなと。

ほんとはいつもこうやってパーフェクトに起こってる。
わたしたちに気づいてほしいと機会を待っているなにかが、わたしたちの中にあるかもしれない、それは癒され昇華するのを辛抱強く待ってる。

感情とマインドに流されると、それに気づけない。
いつもいつもパーフェクトに気づけばいいんだけど・・・。



★★★3月7日土曜 連続講座 「自分のギフトを生きる」
第1回目テーマ 「リラクゼーション」
瞑想のはじまりはリラックスから。


2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ

※2回目以降の日程は1回目終了後決定します。

予約・問い合わせ先
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)





強烈だったデトックス

3月7日土曜、自分のギフトを生きる3回連続講座の第1回目が開催します。テーマは「リラクゼーション」参加者募集中!
申込はこちら(ウーヌス問い合わせフォーム)

★グループの日程など詳細について
3月7日スタート
★リラクゼーションに関する記事
リラックスとは自分というホームに戻ること
自分とつながった感覚


数年間、酵素玄米を食べていた。炊くのが大変という人がいるんだけど、コツみたいなものをつかんだらすごく簡単においしく炊けるし(音をしっかり聞くのよ)、毎日ご飯を炊かなくていいからすごくらくちん。
酵素玄米を好きなひと多いよね。わたしもおいしく食べてた。


食べ始めたきっかけは、わたしとギリの身体に異変が起きたことから。
それは7年ほど前。わたしは神戸に、ギリは名古屋で暮らしていた。一緒に暮らす前の話。

ある時ギリの身体に発疹がではじめた。クラニオの論文を書いた直後で疲れがでたのかな?と話していた。少し経つと、わたしの身体にも同じようなものが出た。
きゃ、わたしたちつながってる!その証拠やん!と、まだ付き合いたてだからそんなノリw。その頃はまだ笑えてたんだよね。だんだんそうじゃなくなるんだけど。


最初は膝の裏から出て、どんどん身体中に拡がっていった。水ぶくれができて、それが潰れるとものすごい痒み。結局最後は顔以外ほぼ全体に。痒くて夜も眠れなくて、ずーっと身体を掻いてたな。
性感染とかいろんなこと疑って病院で検査しても理由がはっきりせず、いろんなことしてみた。飲みたくなかったけど、あまりの辛さに抗生物質ものんだ。どうしても合わなくて、わたしは1週間も続けられなかったけど。
とにかくこれがいいと聞いたものは積極的に取り入れた。わらをもすがるってまさにそんなかんじ。実践していたその内のひとつが酵素玄米だった。


発疹が治ってもしばらく食べていたけど、ある時、もー、いらん!って食べたくなくなってやめた。突然わたしには全くおいしいものではなくなった。わたしには必要なくなったみたい。今はそのままの玄米食べてる。炊きたての玄米、最高においしい。


身体にいいといういろんな健康法や食べ方がある。その中でも自分には合う合わないがあるし、その時いいからといっていつまでもそれがいいってことはない。そのとき合わなかったとしてもそれが唯一のこたえじゃない。

給食とかほんとよく食べてたよなっておもう。残すな、時間内に食べろとか、身体とか個体としての特徴とか完全無視されてたな。
自分で選べれるようになってほんとによかったー。



食べるを大切にしたい。それはわたしにとっては、決まりをつくらないってこと。その都度、身体からおしえてもらう。食べたい、おいしいを大事にする。それには・・自分の感度を上げること!

そして食べるだけで健やかな身体はつくれないから、太陽を浴びるとか、身体を動かすとか、静かな時間をとるとか、旅に行くとか、肉体だけでなく精神も健やかにすること。それは全体としての自分でいるってゆうことかな。



さて、発疹はどうやって治まっていったのか。
約1年でほぼ完治した。最中は終わりがみえなくて、つらかったなぁ。
正直、これが効いたってのがない。とにかく出しきるまで終わらなかったんだよね。当たり前な話なんだけど、発疹が出る原因となった毒なのか不要なものがとにかく全部身体からなくなるまで発疹として出続けた。出し終わったから完治したんだよね。
でも最後は海によく入ったんだけど、あれはとてもよかった。
海はすごいね。


過去の生にまつわるもの、2人のコンビネーションだから出すことができたそれぞれの感情、記憶、それはお互いがそれぞれサポートしあって(潜在的に)のデトックスでした!



★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション



すべての問い合わせ、申し込みは
こちら(スタジオウーヌス問い合わせフォーム)

ありがとう Fly high!

あったかいねー。名古屋はあったかい。


お世話になった方が肉体を離れたというしらせを受けた。
その日の朝、わたしはふとそのひとが以前にわたしに言ってくれた言葉を思い出していた。
人の目が気になってるときに、わたしはその言葉をよく思いだす。
するとホッとして正気になるのだ。ああ、人の目は幻想だったわって。
ほんとは、人の目ではなくて内側の冷たい声。そしてその内側の冷たい声はほんとは昔に聞いただれかの声。
それってただの噂話とおなじよね。その噂話を本気にする?いまここにあるものよりも?
そう考えると自分の目、耳、触感はまちがいないなって感じる。


★★★3月7日土曜 自分のギフトを生きる3回連続講座 
第1回目テーマ 「リラクゼーション」

2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ


★ 関連記事
★3月7日連続講座スタート
★究極のくつろぎ
★マルガのオリジナルセッション つながるセッション



予約・問い合わせ先
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)

または
info@@margaprem.com @をひとつ取って送信願います。
(お名前、電話番号を記入してください)

おもいでばなし

★3月7日 連続講座スタート!
自分自身のギフトを生きるために。
毎回のテーマからしっかりと自分とつながっていきます。
第1回目 テーマは「リラクゼーション」
詳細はこちら
3月7日連続講座開催!


今日は朝思い出したことがある。20年ほど前の話。
すごくしんどい時間を過ごしていたことがある。
息をするのも大変な時期が過ぎて、少しづつ生活が送れるようになってきた。誰とも連絡をとらずに過ごしていたけど、久しぶりに学生時代の友人にメールをした。
わたしのいいとこってどんなとこ?と。言葉はちがうけど、ヘルプミーってその時のわたしは言ってたんだと思う。
久しぶりに届いたメールがそんな内容で友人は驚いたかもしれない。けど、どうした?とも尋ねずに、彼女が感じるわたしのいいところ好きなところをたくさん書いて送ってきてくれた。ほんとにめっちゃたくさん書いてくれてて、ありがたくて泣いたなぁ。その言葉にたすけてもらった。というより、その友人の愛にわたしはたすけられた。
どこかの場面でだれかのおかげさまにてここにいてる。
今朝、しっとりソフトなエネルギーが流れてた朝に思い出したこと。リラクゼーションのことを書こうと思っていたら、こんな話に。






★★★3月7日連続講座ー自分のギフトとつながる
2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
第1回目テーマ 「リラクゼーション」
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ

詳細はこちら

★★予約、問い合わせは
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP内)

苦手はまぼろし


苦手なものある?わたしはある。
もしいろんな人と比べるとしたら、他の人より苦手なことは多い方かもしれない。

小さいころ母がよく言ってた。
あんた、苦手なもんだらけで大変やねーって、イヤミもふくめ、笑
いや、けど、ほんまよね。


苦手なものってマインドの言い訳なんだなーってわかったの。怖がる担当のマインドの逃げ方のひとつなんだって。
みんなは既に知っていたかしら・・。わたしは今回とっても腑に落ちたの。

あれも苦手、これも苦手、言ってる本人はそれをおかしなことと思ってないし、好みがあって当然って思ってる。

けども、その苦手の中のほとんどが頭・マインドの作り上げたもので、実際には苦手とわかるほど体験してないの。そのものを知らないで言ってる。はなから決めつけてる。簡単にいうと、それは思い込みです。

その苦手を本気にとってしまうと、どんどん狭いところに自分を追い込んでいく。苦手なものだらけで世界は生きづらい。

苦手と好み・好き嫌いはちがう、それらは分ける。これらをごっちゃにすると本能がおかしくなってしまう。
好き嫌いという本能的なものは大事。本能、動物的な感覚なんだろうと。
それが感じられなくなると、動物であれば本来なら食べてはいけないものを食べてしまうとか、テリトリーがわからなくなるとか起こる。それは生きる死ぬのこと。

したいことがわからない、という人が多いって聞く。ウーヌスのクライアントの中にはそうゆうことを言う人がほとんどいないからわたしは実感がないんやけど、もし本当にしたいことがわからなくて悩んでる人がいるなら、この本能という所から見ると、それはそのひとにとって大きいことだろうっておもう。生死のことだから。でも、その人たちの中には、本当はでっかい夢があって、それは難しいって決めつけてるのだとしたら?それこそマインドの声だからって気づけたらいいね。したいことあるやんって話。したいことって遠くにあると思ってて実はもう今ここで自分を生きてたわってのもあるだろうし。


自分の「苦手」を見直してみるとってもいい機会だった。
わたしから苦手がどんどん無くなっていく・・!あれもこれもまぼろしでしたわ。



★3月7日土曜日 ワークショップを開催します!
「ギフトを生きる」ための3回連続のグループ。
第1回目は「リラクゼーションー等身大の自分にホッとする」
詳細はこちら

2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ


★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション



すべての予約、問い合わせは、
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)
または
info@@margaprem.com
(@をひとつ抜いて、名前、電話番号、内容を記入して送信してください)

あれとこれを分ける

立春。あけましておめでとうございます。

ウーヌスの裏の敷地のマンション建設もほぼ終わり、鳥たちが戻ってきたのでうれしい。騒音生活、ほんとにしんどかったー。
今日の鳥たちの声は完全に春に入ったことを知ってた声だったな、体内の暦の精巧さ。


最近のわたしは、あれとこれをちゃんと分ける、ということをとっても大事にしてる。

いろんなことをごちゃまぜにしてたなぁって自分を含めいろんなひとの言動から気づく。ある種のトラップにはまってたかもってぐらい、そのパターンーごちゃまぜにすることーを無意識にしてることに気づくと、いまいる場所にしっかりいる感覚がする。冷静さをとりもどしたみたい。

こうなったのは(結果)、ああだったから(原因)。
例えば、こうなってしまったのは自分があの時ああやったからだとか。無意識に因果関係があるように思ってる。
良いことが起こっても悪いことが起こっても、こうなったのはああだから。
いろんなことは原因と結果の法則による。

ほんまかな?って、そのパターンのメガネ外してみたら、ほんまじゃないことがたくさんあった。なんでこれとそれをごちゃまぜにしてたんだろうって。

こうだった。ああだった。その両方がある。そのシンプルな事実にまず気づいてみると、見るべきものは見て、やるべきこともわかるようになる。
たぶんそれは責任が自分の元にあるから。
だれかの責任を自分が負わないし、自分の責任をだれかに負わせない。すると自分の本来のパワーが戻ってくる。

責任を負う、という言葉はとても重いなって思っていたんだけど、今はそうゆうふうには感じていない。
今は責任という言葉からは力・パワーと同じようなものを感じる。自由には責任がいるというけれど、自分の本来のパワーをつかうって責任がともなうし、そしてとても自由で喜びがあることなんだよね。


つながるセッションのテーマのひとつは力・パワー。
自分のパワーをそのままのまさにパワフルな状態を体感できたら。
それを体験するサポートをしています。


★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション



問い合わせ・予約は
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)



頭から身体へ

節分。暦では冬が終わる。明日から春の季節へ。
1月2月3月あたりの時期は、はじまりのエネルギーがあって気持ちいいね。

終わり、はじまる。なにが終わり、なにがはじまる?そもそも終わるものがあるのか、はじまるものがあるのか。なにを終わらせ、なにをはじめる?

今年50歳になる。ひとつの区切りとして、今考えもしない想像もしないものと50代の間に出会って深く体験できたら楽しいだろうなとおもってる。初心者として、全く未知のものと。

今自分が知ってると思ってるものにも知らないはたくさんあり、だからそのものとの新しい出会いも、いつも自分が初体験だということを忘れてなければ未知と出会い体験がある。
知ってるという考えは、体験させないからね。考えは頭にあり、体験は身体にあるから。


あるワークをしてるとき、その経験者のひとりが、
「どうしたんだろ、おかしいな。今日はいつもとちがう、なんでだろ?」
その人はいつもと同じじゃないことがおかしいと言った。

そりゃいつも同じじゃないよね。一定とか、安定とか、いつも同じ効果とか、それが正しいとすれば、不安定はおかしなことで、いつもとちがうのはなにか理由があるわけで。知ってるマインドは、いつもと同じか、ちがうならその理由を知って安心したい。

体験、って奥深いわ。




★★★マルガのオリジナルセッション
3回連続のセッションです。
つながるセッション


予約、問い合わせはこちらから、
問い合わせフォーム

小さな子がおしえてくれたこと

数日前に小さいころの記憶を思い出した。
母が家出をしたときのこと。
わたしは小学校1年生くらいだった。


夜、父と母がケンカをしだした。よくあること。けど、その時はいつもとちがった。母が荷物をまとめて出て行くと言い出した。
わたしは泣いて一緒に行くと言った。だけど、連れて行ってもらえなかった。そして母は出て行った。


いつも両親がケンカすると上の兄がとめようとして下の兄は何も言わずじっと固まっていた。

母が家出をしたのはその時だけ。
ほんの数日間だったかもしれない。


数日前にこの記憶を思い出した。今までもあった記憶。
でも今回はその記憶が出てきた途端、身体の一部がぎゅーって痛くなって、感情がどっと出てきて泣いた。思い出す度に何度も涙がでた。


めちゃくちゃ怖かったよね。お母さんが自分をおいて出て行ってしまうなんて。

40年以上も前の記憶。それは忘れていた記憶じゃない。母とも話したことがある思い出。でも、その小さな女の子にはどれほどの痛み。ショックだったのか、今までのわたしは知らなかったんだ。

今の自分に影響を与えていなかったはずはない。自分の人との関わり方、今までの親しい人と繰り返してきたパターンがこの記憶によってスルッとつながった。
おしえてくれてありがとう。


いくらでも泣いていいよ。あなたはもうおいてきぼりにはされない。わたしたちはずっと一緒にいる。



★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション


★問い合わせはこちらから(スタジオウーヌスのページへ)