ふれると、ふれられる。

触れる触れられることについて、
どんなかんじ、あるいはイメージを持っていますか?


わたしはこの仕事をする前、はじめてからもしばらくの間は、
触れられることがすごく苦手だった。
たとえば同じ職場の人に練習のために触れられる時間とか、
ふとした時に唐突に友人から触れられる瞬間とか、
身体が閉じてしまう感覚。



触れるということは、実は触れている者から触れられている、
のだけれど、それに気づくと、触れるということへの感じ方、観方が変わる。


そう、実はわたしは触れることが苦手だったのだ。
でも、同時にとても魅かれていた。

触れるのがこわくて、触れられるのがこわくて、でもそれにつながっていたかった。



今も、気楽に・・触れることはできない。
それぐらい、わたしにとって人という存在はとても畏れ多い。
尊く、繊細で、大きく、未知。
同じ身体は見たことないし、触ったこともない。いつも初めて。



触れる前は、その身体ー存在を迎え入れる部屋を整え、さまざまな準備をする。
それはある意味、わたしにとっての儀式のようだとおもう。
触れるということはとても大切なことだから、
それに見合った準備がいる。
それは深刻ではなく、神聖だから。

いろんな場所にたくさんのマッサージのお店がある。
10分単位で手軽に入れるお店もいっぱいある。
それはやっぱり触れられることを多くの人が求めてるからなんだろうと。

人とのつながりがもてないと、わたしたちは生きていけない、健やかでいれない。
疲れてるのは肉体よりも、先に心の方。
触れられることでどこかが安心する。
だからマッサージのお店は多くあるのだと思う。



oshoがマッサージについて語っています。
マッサージとは
https://margaprem.com/20201113



マルガのボディワークセッション、リニューアルしました。

・ボディワークセッション
https://margaprem.com/bodyworksession

・個人セッション
https://margaprem.com/individualsession

問い合わせ・予約はCONTACT

スタジオウーヌスHP
http://www.banyantree8.com/

ときどき軌道修正

わたしの言葉はちゃんと表せているだろうか。
とふと疑問が湧いた。

わたしは表現することをひと言ずつひとつずつ大切にしているかなって。
表せてない、内側のものを感じたままにそのまま表せていない、
そうゆう思いがどこかで感じたから、そんな疑問がでたのだと思う。

なるべくソフトに、だれかの気に障らないように、誤解を受けないようにと、
いつの間にか、人の目を気にしていたことに気づく。

こうやって少しずつ、わたしがわたしじゃなくなっていく。
たった一言、これぐらい、そうやって人は自分自身をだましていく。

それがいやで、ここまで来たのに。
人の目って、だれやねんって思うのに。
けど、こうやって時々軌道修正がいる。


表現する時、必ずだれかがいる。受けとってくれるだれか。
その時、どんな反応が起こるかはわからない。
自分が感じたことを共感してもらえたらすごくうれしい。
思ってもないように受け取られて痛い時もある。

ひとりでは起こらないもの。
そうだからこそ、表現することはこんなにもおもしろいんだとおもう。
わたしたちは人とのつながりがあって豊かさをあじわえる。

生きることは、いのちの表現。
さあ、また今日から気持ち新たにはじめよう。




12/11.12 ニュートラルなタッチ@ウーヌス 開催します。

『ニュートラルなタッチ』では、外側に向けられていた意識を私たち自身に戻します。
自分自身に起こっていることに気づきます。
頭に集中していたエネルギーを身体に向けます。
エネルギーが身体に戻ると、私たちは、今ここに、寛ぎ始めます。

問い合わせはコンタクトより

妄想から出る方法

こないだ、久しぶりにたくさん歩いた。
動かすと、身体は元気になっていくのがわかる。
そして身体が元気になると、心もすこやか、考え方も健全。

当たり前のように聞こえるけれど、
そして多分みんなそれを知ってるけど、
そうしない。


自分の足を引っ張るのは、自分以外にいないと言うけれど、
その引っ張るエネルギーは結構な力でやってくる。
実際に起こってる、という錯覚におちいるみたいに。


その時、五感につながることはそこから抜けることをたすける。
目を開けて、今、目の前にある物、人をしっかり見るといい。
匂いを嗅いで、耳を澄ます。

そして、錯覚だと「気づく」存在が必要。
だから人は瞑想をする。

12/6.12 12/11.12
ニュートラルなタッチ、セミナー1

http://www.banyantree8.com/blog/2021/11/1261112-1510238.html
(スタジオウーヌス ぎりのブログ)
職業に関係なく、人と関わる人ーつまりわたしたち皆にとって、
内と外のコミュニケーションの変化のきっかけになる2日間となると思います。


マルガの提供するセッション
path of lifeセッション

問い合わせはcontactより

ひとりの時間の必要性

ひとりが好き。ひとりの時間がないとむり。
今までそれはわたしにとってとても大切なことだった。
最優先すべきことのひとつ。確保しなければいけないもの。

ひとり静かに過ごす。好きなように。たまっていた緊張をほどきリラックスできる。
そんな時間、それがひとりの時間。 それは自分がバランスする時間。


ひとりの時間はこれからも大切にしていく。今こうやって書いている時間もすき。


けど、疑問が出てきた。
ひとりの時間になんでそこまでこだわるんだろうかと。
それを楽しむというより、こだわってる。

わたしの思い込みや関わることのパターンそんないろんなものが、ひとりの時間を求めてるのだろうなと。
もし、それらが溶けていったら。
ひとりの時間の必要性にわたしはこだわらないかもしれない。
独りあること、というのは周りに人がいるいないは関係ない。


最近、変化を感じてる。
友だちは少なくていい、本当に理解しあえる人が一人でもいればいい、
そんなふうにずっと思っていたし、実際にそうゆう関わり方をしてきたのだけど、
いろんな人たちと付き合ってみたいって思うようになった。
そしたら気づいたら周りに人がいる。
いや、そうじゃなくて、今までもいた人たちに今さらだけど気づくようになったんだ。そして新しい人たちとも出会うようになった。

わたしたちはひとりでは生きていけないと言うけれど、その意味がやっと解りだしてきたのかもしれない。


わたしはそれがうれしい。
理解しはじめたことも、好き嫌いだけの世界から出てきた自分も。
たのしい、おっかなびっくりですが。
これからも、みなさん、よろしくね。

プロセスという祝福

しばらく名古屋から離れていて、戻ったのが3日前。
2週間ほど滞在した鎌倉では素晴らしいスペースをお借りすることができて、いろんな方に来ていただきました。そしてわたしたちのワークを他の方に紹介してくれた方もたくさんいてとても嬉しかったです。
すべての関わってくださったみなさん!ほんとにどうもありがとうございます!


今回のウーヌスのワークを受けてくださった方、その後はどんなふうに過ごしていますか?
海と触れ合うことで、なにかが動くこともあるかもしれません。
シェアしたくなった時は連絡くださいね。


わたしはみなさんとワークをシェアさせていただいて、その後別のグループに参加して、 ただいまプロセスの真っただ中!です。
さまざまな事が内側で起こっています。
自分のある部分は心地悪く、ある部分はプロセスを歓迎してよろこんでいます。


そうゆう時、わたしができること。
身体のしたいように起こりたいように。
1日に自分のためにひとつはなにか決めて実行する。


プロセス中というのは、心地わるいと感じることも多いけど、ギフトだなーとおもうんです。
自分を責めることもあるけれど、自分自身を愛おしいと感じる瞬間も多くある。
自分を愛おしいと感じる時って、人のことも同じように感じてる。

内側でなにかが起こっているときは、いろいろなものが濃くなる。
匂いも感情もさまざまな想いや考えも。
そうゆうことも祝福だなと。

なにが起こっても起こらなくても、今は間違えないのだとしたら、
安心して今にいよう。


愛と感謝をこめて


スタジオウーヌスHP

問い合わせ

あ、大丈夫ですというとき。

手伝いましょうか?
そう尋ねてかえってくる返事。
だいたいが、
あ、大丈夫です!

なんか手を貸した方がいいかな、という場面は日常の中で時々出会いませんか?
全く知らない人だけれども、なにか手伝えるかもという予想で声をかける。


こないだの話。
電車の中。事故が起こりダイヤが遅れていて、平日だけど混み合っていた。
わたしは座っていて、目の前に大きなリュックを背負った若い女の子が立った。
その子はつり革につかまったまま眠りだした。
身体がリュックと共にぐらんぐらん揺れる。つり革につかまってるのが不思議なくらい。
めっちゃ疲れてる様子。 わたしの横のおばちゃんとか周りにいる人が迷惑そうにしてる。
そのぐらんぐらんで周りにぶつかりまくってるし、つり革からいつその手が離れるかもわからない。
その手がすべったら危ないだろうということは予想できる。
ぐらんぐらんと同時にななめ掛けしてるポシェットから物が落ちまくる。
時々、はっと気づいてそれらを拾い、また眠りに落ちる。

ここまで疲れるって何してたんやろ。
小さな子がごはん食べながら眠ってしまう時と似てる。

おばちゃんがたまりかねて言う。
ちょっと、あんた、こわいわ!
(大阪での出来事ゆえ、 それ以外の地域の人にはわからないかもしれないけど大阪ではありがちな場面、 悪意はさほどなく迷惑に怒ってる)

あ、すいません・・ けど、変わらず。

わたしはその子のポシェットをトントンとたたいてひっぱって起こす。
は?という顔。
ここすわって、ね。(ここ座って、眠り)
あ、大丈夫です!
ねたらええやん。
や、大丈夫です!
ええから、すわり。
あ、すいません・・
と言って座ったと同時に爆睡。


これはおせっかいなおばちゃん(わたし)の話なんだけど、おせっかいってどうなのっていうのは今はちょっとおいといて。 ほんとに大丈夫なときもあるのだけれど。




あ、大丈夫です!って咄嗟に出るのは、
わたしたちの病なんじゃないかと思う時がある。
人に頼りたくない、迷惑かけてはいけない、放っておいて、自分でやらなければ、
いろんな気持ちがあるだろうけど、


手を差しのべられて、その手を握れない理由はなんだろう。

わたしはよくやるんだ、これを。
あ、大丈夫です!と。



だから、人に尋ねるのかもしれない。
なにか手伝おうか?

わたしの中のだれかが手を握りたがってるのかもな。
手を何度も差し出してくれるのを待ってるのかもな。



ニュートラルなワークショップをします。
@名古屋
@鎌倉



スタジオウーヌスホームページ



※いま、CONTACTからの問い合わせがこちらへ届かないということが起こっています。
しばらくの間、ウーヌスの問い合わせフォームへお願いします。

問い合わせ(ウーヌスHP内)

息が吸えるようになる方法

だれも自分のことを知らないというのはとても自由だ、
ある人が話していたのだけど、わかるなー。


生まれ育った場所から離れるとき、ものすごく大きな開放感があった。
息が吸えると思った。


いつのまにか自分で窮屈な場所に入りこむのか。
暮らしの中で、それぞれがそれぞれを気にしすぎて、
実際に起こってるかどうかは別にして、 思い込みの中にはまっていく。

それをしがらみというのかな。
自分が自分に課したもの。

いまの世界は余計そうなのかもしれない。


どんなことでも自分でそれに気づくことだけが自由が開かれていく方法。





ぎりの遠隔クラニオバイオセッションモニター募集中。

スタジオウーヌスHP

マルガへのCONTACT

なぜ離れてしまう?

ぎりがクラニオバイオダイナミクスの遠隔セッションのモニターを募っています。
クラニオバイオはわたしも大好きなセッションです。
いろんな場面でこのセッションに何度もサポートされています。
この遠隔セッションもたくさんの方に反響をいただいています。
興味ある方、是非どうぞ。




なにかのセッションやグループで素晴らしい体験をしても、
すぐそこから離れてしまうのはなんでだろう。


それはひとつはその体験をマインドで理解しようとするからだとおもう。

そうした時、その体験は色を失くす。



日常ではない特別な場だったから
一瞬の高揚感をあじわっただけとか
勘違いだったとか
惑わされたんだとか、結論してしまう。


マインドはまとめるのが大好き。
要するに・・というふうに。

結論付けてまとめた瞬間、そのプロセスは終了。続きはない。
起こったことを出口も入口も無い四角い狭い箱に入れてしまった状態、
それがマインドの役目。


アタマで理解しようとせずに、その体験であじわったものを信頼してみる。
すると本当に人生は開かれていく。


起こったことはその場だけのものではない。
それは起こり続ける。
影響し続けてる。
音のように振動は自然にはプツンとやまないみたいに。


その身体であじわったこと起こったことはうそじゃない。





マルガの提供しているセッション
サイキックマッサージ

スタジオウーヌスHP

CONTACT

つかんでいた手を放した

長い間、ゆるせない人がいた。

その人が浮かぶと、身体の中からマグマみたいに吹き出てくるものがあって、
ものすごいきつい感情や思いがわいてくる。
強いエネルギー。そのエネルギーで自分自身が焼けて死んでしまうような。
ほんとに長い間、その憎しみはあった。
絶対にゆるさないって思ってたし、その憎しみが小さくなることはなかった。



その思いをもってから、ほんとうに長い時間が経った。


その人を思い出すことは今はもうほとんどない。
そうなってからも随分と経った。
その人を思い出した時今のわたしが感じることを言葉で例えるなら、無味無臭。
なんにも感じない。呪いも祈りもなにもない。

その重荷が自分からとれるとはその頃は思ってもなかった。
その重荷を持っていたかったし。 それを手放したいと思ったこともない。
直接ワークしたこともない。 いくらでもいつまででも憎んでられると思っていた。


だからとても不思議。
今自分がその人を思い浮かべても身体になにも起こらないこと、感情がわかないことが。


憎しみって中毒するみたいに依存できる。
強い感情はどれもそうかもしれない。 いや、どの感情もそう。
喜びに執着する人もいるし、悲しみに溺れてたい人もいる。

それらを持ち続けるにはたくさんのエネルギーがいる。強ければ強いほど。
その火を絶やさなように薪をくべ続けないとそれは消えてしまう。


憎んでもないのにゆるすことなんかできない。
ゆるしとは憎しみを知ることから起こる。


わたしはその人をゆるしたわけではない。
そもそもわたしがゆるしその人がゆるされることなんて何も無かった。
ただわたしが持ってた憎しみが落ちただけ。わたしがそれよりも興味あるものを見つけて、
その憎しみをつかんでた手を放し、別のものを手にとった。
それをゆるすというのかな。相手はなんの関係もないのね。




スタジオウーヌスHP

マルガへのCONTACT

女優からみせてもらったもの

こないだ、アマゾンプライムである映画を観た。
それに出てる俳優が好きで観たのだ。
その映画自体はそんなにおもしろくなかったから、
途中で止めようかなーと思ったんだけど、
相手役の女優がとても気になった。
その女優のことは知らなくて、その映画で初めて見た。


その人の顔が何度観てもわからない、覚えられない。
場面が変わると、その人と気づくまでに時間がかかる。
序盤はしばらくそんなかんじで、その不思議なかんじがなんかすごく興味深くて観てた。


映画でもドラマでも、役柄に応じてではなく、
その俳優・女優がそのままというようなかんじの人っている。
いつまでも変わらず綺麗な男前な格好いい人。
綺麗も男前もそれぞれの好みではあるけども、
何の役をもらってもどれもその人のままみたいな。
自分の美しさとからしさにこだわってるのか、
芝居ではなくて自分自身をただ良く見せようとしてるみたいな。
つまらんなーとそうゆうのを観てるといつも思う。


さっきの映画の女優さんの話に戻るんだけど、
その人にはそのポーズなんて無かったなと観終わった後に感じた。
生々しくその物語の中の人だったんだな。

存在感があるという言葉はよく褒め言葉としてつかわれるんだけど、
とってもいい意味でそんなもの全くなかった。
すごい女優。

もし女優イコール美人という思い込みがあれば、
年をとることは怖いし、整形やアンチエイジングやダイエットは終わらないかもしれない。


そうゆうことってすべての職業において言えると思う。
肩書についている思い込みに頼るのか、それとも。

どんな職業についていてもどんな肩書呼び方をされても、
自分はどんな仕事をしたいのか。
仕事って自分にとってなになのか。

それが真ん中で軸で源で中心にあれば、
職業なんてどうでもいいののよな。


とにかくその女優さんから、なにかとっても大切なことをみた気がしてる。

感じたことの半分も書けてないなとこれを書いていて思ってる。
感じるとは簡単にまとめられるほどのものではなくアンリミットであるし、
言葉で表現するってことは限界をもうけるのではあるけれど、
もうちょっとなんとかならんかなぁ。


でも残しておきたかったのだ。
自分の仕事を全うする、ということについて、
ある女優からいろいろなことを感じ考えたという話。




7/2~7/4 アクアフローティング@沖縄
6/15までにの申し込みは早割です!
一緒に自然に抱かれよう。

マルガの提供するセッション
サイキックマッサージ
path of lifeセッション

スタジオウーヌスHP

問い合わせ・予約など
CONTACTまで