波に乗る

最近、仲間たちと毎朝瞑想してる。仲間のひとりがリードしてくれて、ほんの短い時間オンラインで、今のわたしの毎日に豊かさをもたらしてくれてる。

短い時間だから、遠く離れているから、など時間や空間に関する思い込みはたくさんある。でもオンラインでできることがたくさんあることが判ったここ数年。

目を見て、肌で、五感をフルに、理解しあい分かち合うことの計り知れない恩恵。
直接会うからあじわえるもの。

その二つはどちらがよりいいのか、これからの時代は・・それこそマインドが考えそうなことで。
自分がやりたいようにやればよくて、新しいことが今まであったことをすべて変えていくわけじゃないと思う。

ただ、わたしがしていることはオンラインでないことが多い。
それは好み。わたしが人と会ってする方が好きだから。

時代が変わる、時代の波に乗る、というような言い方をするけど、
それを外側からの情報で自分に合わせるのは無理がある。
流行はだれかが作ってる。いつまで人の作った波に乗る努力をしたいのか。

外の波に合わせるのなら、それはいつか疲れて終わりがくる。
だってずっと他人のいう波を読み続けるなんておもしろいかな?

海に入ると、波に乗ろう波を読もうとしても、当てがはずれる。
自然はわからない。そのわからないが自然なんだろうと。わからないはすごいことだとおもう。
けど、自分が寛いでくれば、波とぶつかることがどんどん減ってくる。海と遊びはじめる。

外からでなく、内からつながると外とつながる。

波に乗るという時、その波はわたしと共鳴している。
自分の波と海の波が合う時、それが波に乗るという表現なんだとおもう。
自然同士というのはそうゆうものなのかな。


流行も、偉人の教えも、成功者の言葉も、HOW TOも、心を打つこともあるしそれがきっかけになることもある。でもそれは正しいということでなく、だれかの体験。

感じることが大切なのは、自分という自然とつながることだから。
内から起こってくる感覚に不自然なものはない。その場にふさわしくないこともわいてくる。それは居心地わるい。
けども、それはその場が悪いのでなく、内側の感覚が間違ってるのでもない。
でも、わたしたちはその不一致を内側の感覚が間違っていると、学校や社会で直接的に間接的に指摘されてきた。そうして内側の感覚を無視して、その場のふさわしいことを優先するようになった。それは外側の波を読みはじめるようになったきっかけかもしれない。


わたしたちはいつからでも変われる。

もう外側の波を無視しようという極端なことではなく、感じてることがすべて自分にとって本当だとも思わない。ただ、内側の衝動や感じていることは今自分に起こっているということはまちがいなくリアル。
自分に起こっていることを自分だけは知っていよう。自分の感じていることを自分が知らないならそれは無いも同じこと。それは悲しいことだとわたしは思う。


なにかを書いたり色をつかって描いたり、表現とは感じたことを絵や言葉や身体で表していく。
生きることと表現することは、言葉はちがっても同じ意味。
内側に耳を澄まして観て感じて、いのちを目覚めさせよ。

2022年のアクアフローティングは7月25日に鎌倉からスタートします!

マルガの提供しているセッション
・Bodywork session ボディワークセッション
https://margaprem.com/bodyworksession
・Individual session 個人セッション
https://margaprem.com/individualsession
・マルガ&Giri ニュートラルセッション
https://margaprem.com/neutralsession

CONTACT
https://margaprem.com/contact



心地いいはしあわせとつながってる。

2022年がはじまった時に、今年はなにをしたいかなと考えてみたら、
肉体ともっとつながりたい、より健康になりたいなというのが出てきました。

わたしは年齢的に更年期の最中。
人によってほんとにさまざまだと思うのですが、わたしはいろいろと変化を実感してる。
初潮がはじまる時以来の、身体の大変化のとき。
更年期を単一的にとらえないことは大切だと感じてる。面倒なものでもない。わたしにとっては自分のその最後の思春期というかんじで、新たな次元への幕開け前というふうにも感じていて、だから余計にじっくりとあじわっています。すごく大切な時間を過ごしているという感覚がある。だからセッションの中でもよくお話する内容です。

1年の半分の所にきた今、新年に思った気持ちが行動として今も続いている。
それは更年期という季節を過ごしているということと大きく関わってる。
昔してたヨガのアーサナをしてみたり、ただゆっくりじっくり身体をストレッチしたり、「快」と身体が感じることをしてる。ほんとに気持ちのいい瞑想の時間です。

心地いい、気持ちいい、くつろぐ、という感覚はほんとにわたしたちを、想像以上に健やかに豊かにする。
けれど、身体が心地いいと感じること、快や不快の感覚を感じることは、多くの人たちはそれほど興味がむかない。それよりもなにか手っ取り早い方法を探しているようにも見える。
わたしたちのしあわせに、「心地いい」はほんとはめっちゃ手っ取り早い方法なんだけど。

身体と心は密接。
こころがあまりにしんどくなると、身体を動かすことができなくなる。
動いたらいいのはわかっているけど動けない。
日常の動作も緩慢になっていく。

身体を動かしてみようかな、とふとわいた瞬間を逃さず少しでいいから動かしてみると、とてもしんどい状態から出やすくなる。




7月2日3日はニュートラルのワークショップ。
ここでは、自分の「心地よさ」を繊細に感じていきます。
心地いいを探求するということは、心地悪いもあじわう。
片方だけが良いことなんてはずはない。
ニュートラルは一部ではなく全体。すべてがある状態。

自分ひとりで、そして他者と向き合うことで、
そのシチュエーションによって、瞬間瞬間、心地いいは変化する。
それはわたしたちの人生そのもの。
ずっと同じ状況はなく、自分の肉体のリズムも星たちも刻々と変化してる。

自分とつながることとはどうゆうことなのか、
その時どんな感覚が起こってるのか、
共にそしてそれぞれ独自の体験を分かち合います。

7/2.3(土曜.日曜) 7/2.6(土曜.水曜)ニュートラルのワークショップ開催。
http://www.banyantree8.com/blog/2022/06/post-1690-1514877.html

マルガの提供しているセッション
・ボディワークセッション
https://margaprem.com/bodyworksession
・個人セッション
https://margaprem.com/individualsession

すべての問い合わせ・予約は
https://margaprem.com/contact

大切なことを大事に

今、本当はなにを望んでるんだろう。本心は。

それが手に入らないと思いこんで、またはそれが手に入らないことがこわくて、
食べ物や仕事やネット、スケジュールをいっぱいにして、たくさんの人との付き合いや学びなどで満たそうとする。

でもそれはほんとうには欲しいものじゃない。
代用品では満足がこない。いつまでたってもなにかずっと足りない。

自分がその代用品にされるのはいやだ。
そして自分の周りの人や物を代用品としてつかうこともしたくない。

ひとりになりたくなくて、だれかと会う。
ひとと関わりたいのに、だれかとふれあいたいのに、どうしていいかわからなくて、関わることから起こる葛藤がいやで、ひとりでいる。

そのうちになにが本当でなにがごまかしだったのか、わからない。

逃げるための代用品がたくさんある。
だから余計にいろんなことがむずかしくなってるのかな。
ちがう、代用品がたくさんあるのではなく、貪欲さゆえにどんなものでも代用品としてしまうんだな。


自分にとって大切なことを大事にする。
自分自身も、今縁あって出会ってる人たちも。自分の本当の気持ちを。
いつもうまくじょうずにできなくても、何度もトライ。

ひさしぶりに開催します!
ニュートラルのワークショップ
7/2.3(土日)
7/2.6(土水)
@ウーヌス
http://www.banyantree8.com/blog/2022/06/post-1690-1514877.html

マルガの提供しているセッション
身体に触れることで自分とつながる
・Body work session ボデイワークセッション
https://margaprem.com/bodyworksession
感じるを目印にさまざまなツールをつかって自分とつながる
・Individual session 個人セッション
https://margaprem.com/individualsession

予約・問い合わせ
https://margaprem.com/contact


ふれると、ふれられる。

触れる触れられることについて、
どんなかんじ、あるいはイメージを持っていますか?


わたしはこの仕事をする前、はじめてからもしばらくの間は、
触れられることがすごく苦手だった。
たとえば同じ職場の人に練習のために触れられる時間とか、
ふとした時に唐突に友人から触れられる瞬間とか、
身体が閉じてしまう感覚。



触れるということは、実は触れている者から触れられている、
のだけれど、それに気づくと、触れるということへの感じ方、観方が変わる。


そう、実はわたしは触れることが苦手だったのだ。
でも、同時にとても魅かれていた。

触れるのがこわくて、触れられるのがこわくて、でもそれにつながっていたかった。



今も、気楽に・・触れることはできない。
それぐらい、わたしにとって人という存在はとても畏れ多い。
尊く、繊細で、大きく、未知。
同じ身体は見たことないし、触ったこともない。いつも初めて。



触れる前は、その身体ー存在を迎え入れる部屋を整え、さまざまな準備をする。
それはある意味、わたしにとっての儀式のようだとおもう。
触れるということはとても大切なことだから、
それに見合った準備がいる。
それは深刻ではなく、神聖だから。

いろんな場所にたくさんのマッサージのお店がある。
10分単位で手軽に入れるお店もいっぱいある。
それはやっぱり触れられることを多くの人が求めてるからなんだろうと。

人とのつながりがもてないと、わたしたちは生きていけない、健やかでいれない。
疲れてるのは肉体よりも、先に心の方。
触れられることでどこかが安心する。
だからマッサージのお店は多くあるのだと思う。



oshoがマッサージについて語っています。
マッサージとは
https://margaprem.com/20201113



マルガのボディワークセッション、リニューアルしました。

・ボディワークセッション
https://margaprem.com/bodyworksession

・個人セッション
https://margaprem.com/individualsession

問い合わせ・予約はCONTACT

スタジオウーヌスHP
http://www.banyantree8.com/

すぐに終わってほしい

1週間、表現アートのワークに参加していました。
名古屋にもどってきて、のどの痛みと体のだるさと風邪の症状ににたものが出て、
わたしの中のいろんな調整が起こっているようでした。

頭痛や風邪みたいな症状、なにか普段とは異なることー不調が起きると、すぐにそれを排除したくなります。
薬で抑えようとはしないかもしれないけれど、自然療法のようなものを使って対処しようとする。
すぐに去っていって欲しい。

対処的というのは、ある状況に直面した出会い方のひとつ。
もしそれが身体の不調だとして、薬で抑えるような方法ではなく、自然なツールをつかっていても、それはホリスティックー全体的ではないなと思います。

セッションやグループに参加して、すぐに「効果」「よくなる」を期待する気持ち、
それが出てくるのは当然に思えるし、すごくよくわかる。
実際に一瞬でなにかがシフトすることもある。
でもそればかりじゃない。その期待する気持ちは依存的で対処的でもある。


わたしたちの身体も考え方も時間をかけて繰り返ししてきたことの、今。

なぜ今それが起こってるのか。
理由を考えるのではなくて、
それが今起こっている。それを感じてみる。

早く終わらせようと躍起になっている自分、よくないことが起こっていると判断してる自分、
わたしは弱いと嘆く自分、あいつのせいだと攻撃する自分、もっと大切にされたい、いろんな声、訴えが聞こえる。


より大きな視点・全体として、今起こってることを観たいなと思う。
その視点は自分にとってもだれかにとってもその症状にも、あたたかいはず。

マルガの提供しているセッション

・ボディワークセッション bodywork session

・個人セッション Individual session

問い合わせ・予約はContactより

スタジオウーヌスHP
http://www.banyantree8.com/

Individual session 個人セッション

愛は副産物だ・・・
春が訪れるや、あなたは開花して、花を咲かせて、
もともと自分のものだったかぐわしい香りを解き放つようになる。
その香りを分かち合うこと、
恵みを分かち合うこと、
美しさを分かち合うことが愛だ。
osho

マルガが提供している個人セッションのご案内

おもいきり自分を生ききりたい
人との関わりの中で繰り返していること がある
今までの生き方から軌道変更したい
生きているのがつまらない、つらいと感じることがある
自分の才能を知りたい、磨きたい
自分が感じていること、欲しいものがよくわからない
だれかの意見ではなく自分を信じてすすみたい
自分自身と今よりもつながりを深めたい方
感じることの歓びをもっとあじわいたい方


思考優先で生きること、それで満足している人もいます。
計画通り、思った通りに、実現していくことも楽しいでしょう。
でもそれは終わりがないゲームかもしれない。
おそらく身体はぎゅっと緊張しているはず、その状態が当たり前すぎて気づかないほどに。
思考が悪いというわけではないけれど、思考だけをつかって生きるのはつまらない。

思考が親や社会の考えだとしたら、感じることはあなた独自の表現。
多くの人はその独自の表現を否定し間違いだとしていつのまにか表現するのをやめてきました。


今まだ気づいていない世界が、
想像以上の思ってもいなかった生き方が、
自由に生きる喜びが、
自分でいることの安心感が、
すぐそばにあるのだとしたら。

そんなことを想像した時、なにを感じるでしょう。
あなたの中ではなにが起こっていますか。



わたしたちは、生きることをとても複雑なものにしている、と思ったことはありませんか。
自分がしあわせでいるというのは、実はとてもシンプルなことなのに。


身体だけでも感情だけでも思考だけでもなく、全体として。

このセッションでは、思考だけの場所から感じる世界へ入っていきます。
ここでつかうツールは、感覚とよりつながっていくためのもの。

・感じることと思考していることの違い
・緊張やコントロールに気づく
・身体に起こっていることに気づく
・五感をつかい体験する
・直観に気づく

感覚はだれもが自身で育てていくもの。
さまざまなワークやツールをつかって、自分自身とつながっていきます。



感じることでなにが変わるの?と思うかもしれません。

今自分がいること、周りの豊かさに気づいていく
両極端な考え方から、プロセスとして物事を見れるようになる
コントロール・緊張から解き放たれていく
身体の知恵ー自然の叡智とつながる
思い込みや繰り返しているパターンに気づく
生きてる歓びがわいてくる
素直になる
直観がより鮮明になる
自分の才能・美しさがわかってくる
自分自身とのつながり・人と関わることの変化
表現することのおもしろさ、創造性が開いていく
自分への信頼感
今起こっていること・世界への信頼感
愛を受けいれる

これらは思考から感じることへシフトする過程で、わたし自身の中で育ってきたことの一部。
頭では想像できないほどのたくさんのギフトがあります。

自分自身を、この世界を、感じてあじわうことは、
直接的に間接的に、あなたの才能・力を目覚めさせることでしょう。


感じる世界はどんな世界なのだろう


より素直な生き方、新しい生き方をはじめたい方へ

あなたの美しさにあなた自身が気づきますように



ファシリテーター:マルガ
セッション料金:10.000円
セッション場所:スタジオウーヌス (名古屋市
※ONLINEセッションご希望の方はお申し出ください。

・このセッションは継続して受けられることをおすすめしています。


セッションの申込・問い合わせ

声に出して呼ぶーー内側を現してみる

何度聴いても涙が出て仕方なくて 一体いつまで泣くんだろう

そう思っていたけど
1週間ずっと聴き続けていたら泣かずに一緒に歌えるようになったんだ

友だちがある歌に出会って、それがすごく響いて聴き続けていたという話。

その友人らしい。
わたしもなにかに響いてふと涙することがよくある。
その友だちのようにダイブするみたいに、っておもしろいなーと思った。



今朝その話を思い出していた。


ふと口に出してみた。

お母さん

声にしようとした瞬間、 すごくざわざわしてわたしの中が大騒ぎしてる。
涙が出る。


なんで、お母さんだったのか。
考えもなく突然に出た。


何回も声に出してみた。

最初はただ音にしただけ。
それでも泣ける。


そして呼んでみた。

お母さん


何回も声に出してその人に呼びかけた。

お母さん


今の年老いた母でなくて、あの時の母に。
わたしが幼かった時のお母さん。
呼んでいるのは小さなわたしなのかな。


ねえねえ
なあなあ
お母さん
こっち見て



小さなわたしはなにを言いたかったのかわからないけど。
お母さんと呼びかけることはすごくしあわせで必死な訴えだったのだと思う。




ただふと湧いてきたものを声に出してみた、それだけのことだけど。

内側のものを現してみるー表現ー
そのプロセスとしてなにかがどこかが起こされ癒され満たされ。






スタジオウーヌス
http://www.banyantree8.com/

4/6 瞑想会テイストオブミスティックローズ
4/16 ウーヌスサンガ
4/23.24 ニュートラルなタッチ


マルガHP
https://margaprem.com/

仕事ってなんだろう

仕事について。
仕事ってなんだろう、って一生懸命考えた時期がある。
仕事ということがなんなのわからなくなったから。

わたしの辞書の「仕事」ってどうゆう意味なのか。
つまりわたしにとって、仕事ってなんなのか。

仕事が何なのかわからないなら、仕事はできない。
わからない中でわかっていたことは、仕事はお金を稼ぐだけのものではないということだった。


考えても答えは出ないかもしれない。
けど、なぜ?という疑問がわかないと知らないまま。
その言葉は自分にとってどうゆう意味なのか。
探した者には、答えとは限らないけれど、なにかが与えられる。ご褒美みたいに。

わたしにとっての仕事とは、今は知っている。
そして多分、これからもその意味は変わっていくのかもしれないなぁと思う。


あなたにとって仕事ってなんですか?


スタジオウーヌスHP
http://www.banyantree8.com/


マルガHP
https://margaprem.com/

明かされていく

ものを書く時間は普段からあるけれど、ブログとして書くことが減った。
だれかに自分の言葉を見てもらうのが、しばらくの間必要に感じていなかった。

わたしは、「表現」に興味や葛藤があり、それに気づいたのは大人になってから。
興味というより、ロンギング、渇望。
そして、それはわたしだけでなく、多くの人にとってもそうかもしれないと解りだした。

表現することで明かされていくものがある。
自分は今なにを感じているのか。
なにを怖れているのか。
なにが心地よくて心地悪いのか。

自分にとっては慣れ親しんだものだったとしても、
それを例えば文章にしてみる。
すると、思わぬかたちで、それが展開されていく。

感じることを言葉にすることはとても難しい。
なぜなら感じているものは言葉を超えたものだから。
言葉にしないことで明かされていくものがある。


スタジオウーヌスHP
http://www.banyantree8.com/

2/27 数秘リーディング&瞑想の会

2月27日(日曜日に数秘リーディングと瞑想の会をウーヌスにて開催します。

1月からスタートした瞑想の会。
今回2月は数秘リーディングと合わせて企画しました。


数秘術は自分を知っていくためのひとつのツール。
古代からの知恵。

自分にまつわる数を言い訳やレッテル貼りにつかうのでなく、
人生を活かすためにつかえれば、とてもパワフルです。

どれだけいいものを持っていたとしても、 それに気づいて使わなければ、それは持っているとは言いがたい。
どんなものもそうですよね。

自分に関わる数を、自分で育てていく。
数や天体などの古代の知恵やさまざまなメソッド、そして自分の才能や資質。
それを自分が実際に体験していくことがそれらを知るコツ。

今回のリーディングは短い時間ですが、あなたにまつわる数を共に読み解いていきます。
数からみる人生のテーマは?自分の人生のサイクルは?なにを深めたい?


自分を知ることは、ある意味、諦めることだと思います。
自分の持つすべてのパーツを並べて、それをニュートラルな視点(!!)で観て、 それを活かしている時、
わたしたちは満足を感じているのではないでしょうか。


この日の瞑想はOshoクンダリーニ瞑想を予定しています。
この瞑想は日没に行われる瞑想です。 初めての方も参加していただけます。

数秘リーディングと瞑想会はひとつだけの参加も両方の参加も可能です。
もし予定が可能なら是非、両方にご参加ください。


1部 数秘ミニ講座
2/27(日曜) 14:00〜15:30
参加費 2.000円

参加希望の方は、生年月日とお名前(ローマ字で表記)を事前にお知らせください。
☆もし氏名が変わったことがある方は出生時と現在の両方

2部 瞑想会 
2/27(日曜) 15:30~17:00
参加費 1.000円



予約・問い合わせは
CONTACT
または
スタジオウーヌスまで