こころが自由な方を

ハロー。マルガです。

わたしは夢をよくみる。
夢がみせてくれる、暗示、比喩をわたしはすごーく信頼してる。
だからなのか、夢はより鮮明にいろんなことをおしえてくれる。

夢占いとかあるけど、夢の翻訳はその夢をみた本人がするのがいい。



あるひとに言われたとても印象的なことば。
人生に起こることは、翻訳してもいいけど、解釈はしないこと。
解釈するとややこしくなるよ、シンプルがいちばん。

言われたときはつかめなくて、けどめっちゃ大切なことやなとは感じたんだけど、最近わかってきた。


判らないってなんとも気持ち悪いことなんだよね。だからなんとかアレとコレをくっつけて結果を出そう、みようとする。それがあのひとの言ってた解釈なんだろうなと。

判らないことをそのままにしておけるって、成熟度高めでないとなかなか難しい。難しいんだけど、それが自然とできたときって、こころがとっても自由。


★★★マルガのセッション
つながるセッション


★★★スタジオウーヌスのホームページ


★★★問い合わせはこちら


2020あけましておめでとう

あけましておめでとうございます。


2020年になりました。
春分の日や立春など、1年のスタートは民族や文化によってもいろいろですね。
1月1日はローマ法王が決めた1年のはじまりの日だそうで。
いづれにしても、新しいはじまりって気持ちいい。


大晦日に、2019年にやったこと、学んだことなど1年間を振りかえってみた。どんな1年だったのかをはっきりと目で見るといいという話をどこかで聞いたので。新しいスタートをきるのにいいんだって。


最初は覚えてることだけささっと書きだして、その後はノートを見ながら書き加えてみたら、意外といろんなことを体験してたのよ。これも2019年?って忘れてることもあって。
わたしは印象的な夢をよくみるので朝起きてすぐにノートに書いたりしてる。あとグループとか参加したら感想とか身体の感覚とかその後の少しの間のプロセスを記したり。
そのノートを読み返して書き加えたんだけど、ノート読むのがめっちゃ楽しかった。夢とかほんとにおもしろくって。書きだすより、読み返してる時間がほとんどだったような・・掃除してて古いアルバム開いてもうたーみたいな。おもしろい、延々見てしまう。



で、この書きだしてみるワーク、すごくいい。忘れてたことを思い出すのって、その在処が見つかるかんじ。
やってみて感じたんだけど、満足度が増えるよ。
マインドは小さいことはカウントせずに大きな出来事に目がいきがちなんだけど、少しゆったりと落ち着いて書いてみると、いろいろとやってること思い出すし、真剣に考えてる自分がノートの中にいたりして、そうゆうのと出合うのっていいよ。わたし含め反省ばかりしがちな人は、特にすすめる。


2020年、たくさんの方の美しさを見出すお手伝いをしていきます。
お会いしますのを楽しみにしています!



★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション


★★★スタジオウーヌスのホームページ


★★問い合わせフォーム

知らないを知る

毎日見てる顔なのに、あれ?このひとだれだっけ・・ってなるような、
初めてそのものと出合ったような感覚が時々やってくるんだけど。


自分ではその人のことをよく知ってるとか解ってるとか思ってるけど、本当には理解してない。
そうおもってる自分、解ってないことを知ってる自分がいることは、わたしにとっては大事なことのように感じてる。


それに気づかないと、幻想の世界だけにいることになるから。
幻想の世界とは無意識とかルーティンとか。
自分がいつも自動操縦で動いてるとしたら・・想像したらこわくない?生きてないんだよ。


みんながマイワールドにいるって知ることが、本当の意味でつながりが起こってくるはじまりなんじゃないかなとおもう。
わたしの知ってるあなたと、あなたはちがう存在。
わたしがわたしだとおもってるわたしと、わたしはちがう存在。


まずは、自動操縦のスイッチを切って、そのロボットからヨイショと出て、初めての空気に触れて、感じて、吸って、吐いて。

気の済むまで何度でも、その初めての空気をあじわい、
そして、鏡を見る。

ハロー、こんにちは。はじめまして!
どんなひとがうつってた?




★★★つながるセッション

スタジオウーヌスのページ

予約、問い合わせはこちらから。


季節が変わっていく

ここ2年ほど、しんどいなぁって思って過ごすことが多かった。

そんな時は、朝起きると希望がなくて、今日も一日生きなきゃいけない、そう感じてた。





更年期

更年期という季節にわたしはいるみたいだと最近わかり、わかったら本当に気が楽になった。そうだったんだ。

しんどかったあれこれ、目が覚めた時の絶望、すべてが更年期と関係しているのかわからないけど、自分が大きな変化のときにいてその揺れを身体も心も体験中だとわかった。いつもとちがうというか前とちがうというかとにかく思うようにいかないから、自分のこともめちゃ責めてたんよね。

更年期は思春期とおなじようなものだよ、と聞いて、まじそうやなって感じた。生理が始まるとき、生理が終わるとき、そりゃ大きい変化よね。



もう、そんなことがわかったら、自分が愛おしくて、いろんなことを一緒にくぐりぬけてきたかけがえない同士で、ほんまここまでよくやってきたよな、これからもよろしくー!って乾杯!って、今はそんな気持ち。ぎゅうって自分を抱きしめる。そしてパートナーの協力もより増した。ありがとう。



原因とか理由の追及は、すごくじゃまになるときがあるなって人を見ててよく感じてて、普段はそこにあまりエネルギーを与えないようにしてるんやけど、今回は自分のいまがわかったことで、原因を知ることの大切さを体験した。いや原因ではなく、今ここの現在地を知ったことの安心感。

女性という枠を超えて、より大きな存在として生きていくための切り替わりのとき。

これからしばらくは続くであろうこの時期を、冒険へでかけるみたいにわくわくしてるよ。





★★★マルガのセッション

★つながるセッション

問い合わせフォーム

★★★スタジオウーヌスのページ

伝えたいものは

はろー、マルガです。


20代のころ、めっちゃ好きになった人がいてね。それまでのわたしだったら信じられないくらいに一生懸命に自分の想いを伝えてた。


その人は遠く離れたところに暮らしてた。そう、これはスマホもスカイプもなかった頃の話でございます。


そんなに頻繁に会いに行くことができなくて、相手となにか約束をしたわけでも、言葉で確認しあったわけでもなかった。
それは不安だったけど、それよりもその人が好きということが、わたしにとって大事なことだった。



仕事の帰り、コインをたくさん用意して、ゆっくりと話せる国際電話のできる公衆電話によく行った。

たくさん用意したわりには、長く話せないときもしょっちゅうあって、がっくりしたり、楽しい会話をしたあとはルンルンだったし。

彼の生活の中に別の女性が登場したりして、それは悲しいんだけど、そこまで気持ちが大変になることはなかった。それよりも、わたしと彼との間で起こることにはめちゃくちゃ揺さぶられてた。一喜一憂。



手紙もよく書いた。

わたしはある時から、当たり障りのないことを書くのをやめた。きっかけはなんだったか忘れたけど、わたしの想いをちゃんと手紙にのせて送ろうって思ったんよね。

それは好きという気持ちももちろんそうだけど、ここにあなたを大切におもってる、あなたがしあわせでいることを望んでる人がいるからね!って伝えたかった。人を信用できない彼にわたしを信じてと言うことはできなかったけど、その代わりというのか、わたしはあなたがいてくれて本当に嬉しい、あなたはわたしに愛されています、ということ。


ダイレクトな表現もあれば、そうでないものもあったとおもう。けど、わたしはど真ん中にある想いをいつも手紙にのせた。




相手がそれを受けとるかどうか、どんなふうに受けとるのか、照れくささ、嫌われたらどうしよう・・

人とのコミュニケーションでは、今まで経験した痛み、怖れが出てくる。それらがそのままのそれを表現させないようにするけど、本当のことを伝えよう、とそう感じる。




あの時のわたしは人との関わりで起こった痛みを持っていなかったわけじゃない。けど痛みにごまかされないほどのものがあったんだとおもう。愛とか情熱とか真っ直ぐな気持ちとか、どんな言葉で表すかは今はあまり重要には感じなないけど。ただ、そのものたちはわたしのエッセンスで、忘れていたとしても無くならない。こうやって20年以上前の物語を書いたことで再びつながりなおす。



今、人生の切り替わりにいる。これ読んでるひとの中にもいるかな。ここに書いたことを思いだしたのは、今日ブログを書こうとしてふとなんだけど。


ブログでこうやって言葉で表現することの意図というか、なんでわたしは書いてんのかなーってしばらくずっとわからなくなってて、当たり障りのないことをいつの間にか書いて、するとほんとに書くことが面白くなくて、書くことから逃げはじめて。書くことだけじゃなくて、なんで生きてんのかなー、いつの間にか気づかんうちに生きてるふりしてたのかもしれないということにも気づき。そうしたら、思わぬ場所で人生について問いかけられ。なんで生かされてる?



あの頃彼に送った手紙の一通が、彼だけじゃなく他の人の人生にも大きく影響してたことをずっと後になって知ったことを、今朝ふと思い出した。

で、そこからあの時の自分を思い出したんだよね。

ああ、あの時のわたしは本気で人に話しかけてたなって。人と付き合うのがへたくそで失敗ばっかりしてたけど、真っ直ぐにそのままを、愛を伝えてたな。


わたしの原点。



わたしはここで愛する人に話しかけよう。仲間に語りかけよう。







★マルガのセッション


★スタジオウーヌスのページ



息してる



身体につながる、より感じていくのに、呼吸をみていくのはとてもいいとおもう。



身体で今起こっているその呼吸、

その自分の呼吸にゆっくりと意識をむけていきます



いま起こってるそのままの呼吸、

その呼吸を感じて。




身体に触れるセッションをするときは、マッサージテーブルに横になっているクライアントへこんなふうなかんじで声をかけていきます。





声をかける言葉はその時によるし、内容も変わるけれど、多くの方に呼吸に意識を向けてもらうのは、自分の生命を感じてほしいなとおもっているから。





わたしたちはいろんな思い込みを本当にたくさん持っているなぁと感じるけど、それは呼吸に関してもいろいろとある。




それらの思い込みにすべて気づかないといけないってゆうのではなくて、
ただ自分の呼吸をそのまま感じるだけで、身体に変化が起こる。



なんにも難しいことはない。たいそうなテクニックもいらない。そのままの呼吸を感じてみる。




やってみて。



セッションではとてもシンプルだけど、しっかり自分自身とつながることを身体で覚えていきます。






★マルガのセッション


★スタジオウーヌスのページ


問い合わせ先はこちら。

ひとつぶ、えいっっと。

数日間、忙しかったから、ひとりになりたかった。

温泉に入って、
くんくん新緑の匂い嗅ぎながら散歩して、
お茶して、本読んで、
おいしんもん食べて。

ああ、いいかんじ。

わたしはいまこうして文章を書いてる。

みんな、いろんな才能をもってる。
そして苦手だと感じてることもそれぞれに。

表現することは、
わたしにはすごく苦手なことだった。

知ってほしいのに目立つのがこわい。

文章を書いたり、
自分を表現することを
嫌がっていたのは、
そんな複雑な思いがある。

だから、
わたしの表現の中に
何気なく見えるかもしれないその一行は、
えいっと勇気をもって書いたものです。

ものすごく小さい、
勇気とも気づかれないその一粒。

毎回、毎瞬、
その一粒を入れてみる。
えいっと、勇気と愛を込めて。

わたしのため、
だれかのため、
いろんな想いがあるけど、

「わたしがいまできることをやる」

それが、
わたしが今できること。

当然のことだけど、
もっとこうなってからとか、
いまはまだまだという声が聞こえても、
いまのまま出してみる。

「わたしの持ってるものつかう」

いろんな事・もの、経験が
わたしの血となり肉となり
知恵と感性として残っているのだから。

自分がどんな人間で、
どんな才能を持っているのか、
何ができるのか、
どんな可能性をもっているのか、

それを知ることってすごくおもしろい。

でも、
いつまでも検索続けてるより、
いまあるもので探検に出かけてみたら、
体験の方が自分を見せてくれて育ててくれるってこと知った。

学ぶのも楽しい、
知らないことだらけ。
知恵も大切だけど知識も必要。

でも外側の権威者に学んでばかりいると、
自分の尊厳を忘れてしまう。

わたしは、
いまの自分が充分だ、
なんて正直思えてない。

ありのままのわたしがいいって?
うーーん、
まぁ徐々に。

えいっっって、
一粒だしていくことで、
わたしは以前より
自分を大切に感じてるし、
世界を信頼してる。

( 2016-05-18 記)

☆マルガのセッションオープンしています。

☆スタジオウーヌスのページ

インドでのこと

oshoメディテーションリゾート。

リゾートへ入るためには登録手続きをして、
パスを発行してもらう。

これは登録のときに、
エントリーステッカーを買うために受け取った紙。

シリアルナンバー1122。
わたしのサニヤスバースデイ。
わぁ、歓迎されてる!
そんなふうに感じて嬉しかった。

滞在は2週間と少し。
わたしとしては、もっと長く滞在したかったという思いもあって、
少し焦ってた。

早くここの生活に慣れたい。
すごく来たかったところに来たんだから、
めいっぱい楽しまないと。

そんなふうに思って、頑張ってたのだ。
無意識にね。

で、2.3日経って、

瞑想とクラクションとマンゴーの甘さのおかげで、
大きな期待をもっていることに気づき、
自分の欲張りに疲れ、
少しづつ体の緊張が抜けていった。

そんなに頑張らんでも、
また来たらええやん。
そんな会話を自分とした。

そうやって、体の緊張がとれていったら、
したい瞑想も変わっていった。

そんな中でも毎日参加していたのが
朝のサイレントシッティング。

これはチャンツーというところで行われる。
サマディと呼ぶ人もいて、
Oshoの遺灰があるお部屋。

入り口からたくさんの本がある書庫のようなところを通る。

Oshoが読んだたくさんの本。
古い本のものなのか、独特の匂い。
嫌いじゃない。
毎日その匂いをしっかり嗅いでた。

その匂い、
今も思い出すとなぜかどきどきする。

そしてそこを抜けるとサマディに入れる。

わたしたちが滞在していたのは、
シーズンオフで、人も少なかった。

1時間すわるんだけど、
途中から陽がさす場所にたまたま座り、
気に入ってよくそこに座った。

サイレントシッティングに参加してはじめの数日、
実は眠ってばっかりいた。
もう部屋に入った瞬間から、
やばい、なんかとろとろする・・みたいなかんじ。
鐘が鳴ったと同時に眠ってたかも。

それでもチャンツーにいたかったのね。

わたしがプーナ行きに関してもってた大きな期待。

多分、でっかいお土産を持って帰ってきたかったんだと思う。
わたしの内側で大きな出来事が起こることを期待していたってこと。

ぷぷ、たった2週間でなにか起こるわけない、
なんて思うかな。

でも時間はたぶん関係ない。

そりゃ期待するさ。
いろんなもの思い描くよね。
行きたかったとこだから。

でっかいお土産や大きな出来事は、
どうだったか今はまだわからない。
経過観察中。

( 2016-05-12 記)


☆マルガのセッション

☆スタジオウーヌスのページ

プールでのこと

インドのプーナのoshoリゾートでは、

ほぼ毎日プールにはいった。

オリンピックができるような美しいプールを作りなさい

Oshoのその言葉でできたプール。

ものすごくものすごく美しいの。

周りの樹々や鳥、花、ひとびと、

それらもこのプールをより美しくしている。

そして、瞑想がプールにまでしみこんでるかのように、

ほんとに美しいのです。

水もね、普通のプールとは全く違う。

ひつこいけどね、

ものすごくものすごく、

気持ちいい。

特別なプール。

ただ浮いてるだけ、

そんな時間もたくさん過ごした。

太陽がまぶしくて

黄色いお花が散ってて

水の中の静寂

だれかが話してる声

水に浮かんで、

水の中にもぐって

たまらなく大好きな時間だった。

アクアフローティングのセッションもした。

最初はギリと、遊ぶようにセッションしあって

プールでの時間を楽しんでた。

わたしがギリにセッションしてるのを見てたロシア人の女性が、

できれば受けたいのだけど・・

と話しかけられて、

そして彼女とそのボーイフレンドがアクアフローティング初体験。

アメージング。

終わったあと、しばらくは言葉をなくしていたけど、

そう言ってた。

あぁ、あのプールにはいりたい。

いまも書きながら、気持ちよさを思い出す。

あのプールがわたしに染み込んでるんだなぁって感じる。

プールのエッセンスなのか、

プールで起こったことの何か、

なのかもしれないけど。


(2016-05-12 記)



☆マルガのセッション

☆スタジオウーヌスのページ

そんなふうに見ないでよ

ひとから言われる自分の印象というものがあるけど、そこにたくさんのエネルギーをつかってきた。

わたしがよく言われるのは、こわいとか強そうとか喋りかけにくいとか。そうゆうのばかりじゃなかったけど、コワイツヨイコエカケニクイ・・にわたしは大きく反応してきた。


ある時はこわく見られないようにしたし、ある時はその言葉に腹立てて、もっとこわい自分でいようとしたり、とにかくそんなふうにみられるのが気に入らなくてさ。

だれかのわたしを見るフィルターをなんとか変えさせようと、わたしはたくさんのエネルギーをつぎ込んだ。同時に、わたし自身も変わりたかった。

特定の見方をしてくる相手に別のわたしを見せようと言葉や態度をつかい、相手の反応を変えようとした。こわくて強くみられてる自分自身がいやで、別の見られ方を得よう別の評価をもらおうと、ひとからの評価や社会の視点が正しいと思い込んで、わたしは自分自身じゃないものになろうとしてた。


長い間、そんなことをしてたんだけど、それなのに、わたしへの印象が変わらん。

なんで?

それは、わたしの本質をついてるから。

相手の表現する言葉やなんでその表現をするかの原因はおいといて、それがフィルターとして。そのフィルターを外してみると、その視点はわたしの本質をさしているんだろうなと思った。いいとこついてるんじゃないのって。


だから、相手も自分も変えようとしても無駄なわけか。

もうあきらめやー、自分は自分やねんから。


表現方法は気にいらんとしても本質をついてるんやろうなと思いだしたら、相手の言葉にそれほど反応しなくなった。へーと聞けるようになった。

わたしたちは自分たちが普段認識してる以外、もっと全体としての存在だってわかってきたことも、きっと影響してる。

だから、わたしってこんなひとなんですってだれかが言っても、へーって真に受けなくなった。


そんなわけで、わたしは第一印象ツヨイ問題への葛藤がだいぶと減り、楽ちんなのです。

☆マルガのセッション

☆スタジオウーヌスのページ