そんなふうに見ないでよ

ひとから言われる自分の印象というものがあるけど、そこにたくさんのエネルギーをつかってきた。

わたしがよく言われるのは、こわいとか強そうとか喋りかけにくいとか。そうゆうのばかりじゃなかったけど、コワイツヨイコエカケニクイ・・にわたしは大きく反応してきた。


ある時はこわく見られないようにしたし、ある時はその言葉に腹立てて、もっとこわい自分でいようとしたり、とにかくそんなふうにみられるのが気に入らなくてさ。

だれかのわたしを見るフィルターをなんとか変えさせようと、わたしはたくさんのエネルギーをつぎ込んだ。同時に、わたし自身も変わりたかった。

特定の見方をしてくる相手に別のわたしを見せようと言葉や態度をつかい、相手の反応を変えようとした。こわくて強くみられてる自分自身がいやで、別の見られ方を得よう別の評価をもらおうと、ひとからの評価や社会の視点が正しいと思い込んで、わたしは自分自身じゃないものになろうとしてた。


長い間、そんなことをしてたんだけど、それなのに、わたしへの印象が変わらん。

なんで?

それは、わたしの本質をついてるから。

相手の表現する言葉やなんでその表現をするかの原因はおいといて、それがフィルターとして。そのフィルターを外してみると、その視点はわたしの本質をさしているんだろうなと思った。いいとこついてるんじゃないのって。


だから、相手も自分も変えようとしても無駄なわけか。

もうあきらめやー、自分は自分やねんから。


表現方法は気にいらんとしても本質をついてるんやろうなと思いだしたら、相手の言葉にそれほど反応しなくなった。へーと聞けるようになった。

わたしたちは自分たちが普段認識してる以外、もっと全体としての存在だってわかってきたことも、きっと影響してる。

だから、わたしってこんなひとなんですってだれかが言っても、へーって真に受けなくなった。


そんなわけで、わたしは第一印象ツヨイ問題への葛藤がだいぶと減り、楽ちんなのです。

☆マルガのセッション

☆スタジオウーヌスのページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です