息してる



身体につながる、より感じていくのに、呼吸をみていくのはとてもいいとおもう。



身体で今起こっているその呼吸、

その自分の呼吸にゆっくりと意識をむけていきます



いま起こってるそのままの呼吸、

その呼吸を感じて。




身体に触れるセッションをするときは、マッサージテーブルに横になっているクライアントへこんなふうなかんじで声をかけていきます。





声をかける言葉はその時によるし、内容も変わるけれど、多くの方に呼吸に意識を向けてもらうのは、自分の生命を感じてほしいなとおもっているから。





わたしたちはいろんな思い込みを本当にたくさん持っているなぁと感じるけど、それは呼吸に関してもいろいろとある。




それらの思い込みにすべて気づかないといけないってゆうのではなくて、
ただ自分の呼吸をそのまま感じるだけで、身体に変化が起こる。



なんにも難しいことはない。たいそうなテクニックもいらない。そのままの呼吸を感じてみる。




やってみて。



セッションではとてもシンプルだけど、しっかり自分自身とつながることを身体で覚えていきます。






★マルガのセッション


★スタジオウーヌスのページ


問い合わせ先はこちら。

ひとつぶ、えいっっと。

数日間、忙しかったから、ひとりになりたかった。

温泉に入って、
くんくん新緑の匂い嗅ぎながら散歩して、
お茶して、本読んで、
おいしんもん食べて。

ああ、いいかんじ。

わたしはいまこうして文章を書いてる。

みんな、いろんな才能をもってる。
そして苦手だと感じてることもそれぞれに。

表現することは、
わたしにはすごく苦手なことだった。

知ってほしいのに目立つのがこわい。

文章を書いたり、
自分を表現することを
嫌がっていたのは、
そんな複雑な思いがある。

だから、
わたしの表現の中に
何気なく見えるかもしれないその一行は、
えいっと勇気をもって書いたものです。

ものすごく小さい、
勇気とも気づかれないその一粒。

毎回、毎瞬、
その一粒を入れてみる。
えいっと、勇気と愛を込めて。

わたしのため、
だれかのため、
いろんな想いがあるけど、

「わたしがいまできることをやる」

それが、
わたしが今できること。

当然のことだけど、
もっとこうなってからとか、
いまはまだまだという声が聞こえても、
いまのまま出してみる。

「わたしの持ってるものつかう」

いろんな事・もの、経験が
わたしの血となり肉となり
知恵と感性として残っているのだから。

自分がどんな人間で、
どんな才能を持っているのか、
何ができるのか、
どんな可能性をもっているのか、

それを知ることってすごくおもしろい。

でも、
いつまでも検索続けてるより、
いまあるもので探検に出かけてみたら、
体験の方が自分を見せてくれて育ててくれるってこと知った。

学ぶのも楽しい、
知らないことだらけ。
知恵も大切だけど知識も必要。

でも外側の権威者に学んでばかりいると、
自分の尊厳を忘れてしまう。

わたしは、
いまの自分が充分だ、
なんて正直思えてない。

ありのままのわたしがいいって?
うーーん、
まぁ徐々に。

えいっっって、
一粒だしていくことで、
わたしは以前より
自分を大切に感じてるし、
世界を信頼してる。

( 2016-05-18 記)

☆マルガのセッションオープンしています。

☆スタジオウーヌスのページ

インドでのこと

oshoメディテーションリゾート。

リゾートへ入るためには登録手続きをして、
パスを発行してもらう。

これは登録のときに、
エントリーステッカーを買うために受け取った紙。

シリアルナンバー1122。
わたしのサニヤスバースデイ。
わぁ、歓迎されてる!
そんなふうに感じて嬉しかった。

滞在は2週間と少し。
わたしとしては、もっと長く滞在したかったという思いもあって、
少し焦ってた。

早くここの生活に慣れたい。
すごく来たかったところに来たんだから、
めいっぱい楽しまないと。

そんなふうに思って、頑張ってたのだ。
無意識にね。

で、2.3日経って、

瞑想とクラクションとマンゴーの甘さのおかげで、
大きな期待をもっていることに気づき、
自分の欲張りに疲れ、
少しづつ体の緊張が抜けていった。

そんなに頑張らんでも、
また来たらええやん。
そんな会話を自分とした。

そうやって、体の緊張がとれていったら、
したい瞑想も変わっていった。

そんな中でも毎日参加していたのが
朝のサイレントシッティング。

これはチャンツーというところで行われる。
サマディと呼ぶ人もいて、
Oshoの遺灰があるお部屋。

入り口からたくさんの本がある書庫のようなところを通る。

Oshoが読んだたくさんの本。
古い本のものなのか、独特の匂い。
嫌いじゃない。
毎日その匂いをしっかり嗅いでた。

その匂い、
今も思い出すとなぜかどきどきする。

そしてそこを抜けるとサマディに入れる。

わたしたちが滞在していたのは、
シーズンオフで、人も少なかった。

1時間すわるんだけど、
途中から陽がさす場所にたまたま座り、
気に入ってよくそこに座った。

サイレントシッティングに参加してはじめの数日、
実は眠ってばっかりいた。
もう部屋に入った瞬間から、
やばい、なんかとろとろする・・みたいなかんじ。
鐘が鳴ったと同時に眠ってたかも。

それでもチャンツーにいたかったのね。

わたしがプーナ行きに関してもってた大きな期待。

多分、でっかいお土産を持って帰ってきたかったんだと思う。
わたしの内側で大きな出来事が起こることを期待していたってこと。

ぷぷ、たった2週間でなにか起こるわけない、
なんて思うかな。

でも時間はたぶん関係ない。

そりゃ期待するさ。
いろんなもの思い描くよね。
行きたかったとこだから。

でっかいお土産や大きな出来事は、
どうだったか今はまだわからない。
経過観察中。

( 2016-05-12 記)


☆マルガのセッション

☆スタジオウーヌスのページ

プールでのこと

インドのプーナのoshoリゾートでは、

ほぼ毎日プールにはいった。

オリンピックができるような美しいプールを作りなさい

Oshoのその言葉でできたプール。

ものすごくものすごく美しいの。

周りの樹々や鳥、花、ひとびと、

それらもこのプールをより美しくしている。

そして、瞑想がプールにまでしみこんでるかのように、

ほんとに美しいのです。

水もね、普通のプールとは全く違う。

ひつこいけどね、

ものすごくものすごく、

気持ちいい。

特別なプール。

ただ浮いてるだけ、

そんな時間もたくさん過ごした。

太陽がまぶしくて

黄色いお花が散ってて

水の中の静寂

だれかが話してる声

水に浮かんで、

水の中にもぐって

たまらなく大好きな時間だった。

アクアフローティングのセッションもした。

最初はギリと、遊ぶようにセッションしあって

プールでの時間を楽しんでた。

わたしがギリにセッションしてるのを見てたロシア人の女性が、

できれば受けたいのだけど・・

と話しかけられて、

そして彼女とそのボーイフレンドがアクアフローティング初体験。

アメージング。

終わったあと、しばらくは言葉をなくしていたけど、

そう言ってた。

あぁ、あのプールにはいりたい。

いまも書きながら、気持ちよさを思い出す。

あのプールがわたしに染み込んでるんだなぁって感じる。

プールのエッセンスなのか、

プールで起こったことの何か、

なのかもしれないけど。


(2016-05-12 記)



☆マルガのセッション

☆スタジオウーヌスのページ

そんなふうに見ないでよ

ひとから言われる自分の印象というものがあるけど、そこにたくさんのエネルギーをつかってきた。

わたしがよく言われるのは、こわいとか強そうとか喋りかけにくいとか。そうゆうのばかりじゃなかったけど、コワイツヨイコエカケニクイ・・にわたしは大きく反応してきた。


ある時はこわく見られないようにしたし、ある時はその言葉に腹立てて、もっとこわい自分でいようとしたり、とにかくそんなふうにみられるのが気に入らなくてさ。

だれかのわたしを見るフィルターをなんとか変えさせようと、わたしはたくさんのエネルギーをつぎ込んだ。同時に、わたし自身も変わりたかった。

特定の見方をしてくる相手に別のわたしを見せようと言葉や態度をつかい、相手の反応を変えようとした。こわくて強くみられてる自分自身がいやで、別の見られ方を得よう別の評価をもらおうと、ひとからの評価や社会の視点が正しいと思い込んで、わたしは自分自身じゃないものになろうとしてた。


長い間、そんなことをしてたんだけど、それなのに、わたしへの印象が変わらん。

なんで?

それは、わたしの本質をついてるから。

相手の表現する言葉やなんでその表現をするかの原因はおいといて、それがフィルターとして。そのフィルターを外してみると、その視点はわたしの本質をさしているんだろうなと思った。いいとこついてるんじゃないのって。


だから、相手も自分も変えようとしても無駄なわけか。

もうあきらめやー、自分は自分やねんから。


表現方法は気にいらんとしても本質をついてるんやろうなと思いだしたら、相手の言葉にそれほど反応しなくなった。へーと聞けるようになった。

わたしたちは自分たちが普段認識してる以外、もっと全体としての存在だってわかってきたことも、きっと影響してる。

だから、わたしってこんなひとなんですってだれかが言っても、へーって真に受けなくなった。


そんなわけで、わたしは第一印象ツヨイ問題への葛藤がだいぶと減り、楽ちんなのです。

☆マルガのセッション

☆スタジオウーヌスのページ

約束した日

このひと月ほど、あることをずっと迷ってて。決めきれないことがあった。



実際にはすぐに自分のこたえは出てたけど、
あれやこれやをどうしたらいいのか、あれがこれが気に入らないと、決めれなかった。




さまざまな感情、マインドの声、すっかりとのみ込まれ。
いろんな記憶が出てきて、クリーニングもたくさんした。

そしてその大騒ぎしてる後ろに、静かな信頼があった。

けどわたしは感情の中でぐずぐずしてたかった。感情におぼれるのは蜜をあじわってるようでもあるから。そこを通過することでそのままの感情をわたしは安心して感じれるようになるのかもしれない。



そして、今朝、決めた。


もうこのままぐずぐずのまま・・重たい身体と心のままでいるんかな・・とか、好きで溺れてることも忘れ、夜中に目を覚ましたりしてぐらんぐらんと揺れてたけど。けど。


決めたのよ。

その時がやっとやってきた。


ぎゅーって握ってた力のはいった手。

その力がゆるんだのよ。

手放すって大変だね。決めたからって完全にゼロになるまで手放したわけじゃない。けど強く握ってた手をほんの少しでもゆるめること、それはやった人にしかわからない。それは無理矢理にはできない。自分への忍耐と大きな勇気のいること。愛がないと起こらない。

これからもプロセスは続いていく。完璧なゼロを求める自分も、これから起こることも、受け入れていく。受け入れられない時も。また大暴れがきてもわたしはわたしをやる。わたしはわたしをゆるしていく。そんな大きな大きな一歩。

いまめっちゃ軽やか。ハラが決まった。身体も気持ちいい。世界の美しさがもどってきたよ。


おつかれさん!




もうだいじょうぶ。


今日は約束の日。自分と約束して、存在に宣言した。



決めただけ。

のだけど、なんて晴れやかなんでしょう。



さあ、生きよ。新しい世界。



☆マルガのセッション

☆スタジオウーヌスのページ

表現はさまざま

今朝、母の心配性のことを突然思い出した。

わたしたち兄妹に向ける心配。

「大丈夫?」

確認というより疑いのかんじで尋ねてくるように感じるそれ。

ほんとにきらいだった。

ほっとける時もあるけど、うっとおしくて仕方ないこともある。

今朝、その母の心配は母の愛なんやなとおもった。

心配するのは愛じゃない、というひともいる。



けど、今朝わかった。

母の心配は母のわたしたちへの愛なんやと。

その表現方法がわたしが気に入らなかっただけ。

別の方法でやってくれ、別のかたちの愛をくれ、わたしはそう言ってたんやな。

そうだ、わたしは母以外からもそうやって自分の気に入る方法でだけ気に入ったものだけを受け取ろうとしてた。

そんな理解が起こり、自分に起こった出来事や感じてたことなどいろんなものがつながったようなかんじがした。

いままで受け取らなかったものたちが実はずっとどこかで待機していて、それが今朝わたしの元へやってきたような、そんな感覚だった。

身体の緊張がぬけて、力がわいてくるような。

こんなふうに人はさまざまなコントロールをして身体を緊張させてるのね。

わたしは母のそのままの愛を受けとろう。いつもずっとあった愛をしっかりとあびて存分にあじわおう。


いままでにも同じような理解をしてきた。何度も何度もこうやって理解を重ねていくんだろうなっておもう。

内側の火

愛されたことがある人は強いとおもう。

愛してくれた人は肉親じゃないかもしれない。

友人、先生、知り合い、伴侶、大きな存在

血のつながりも、その時間が長い短いも関係ない。

愛された、大切にしてもらった、

それを知ってる人は、

自分のいのちを生きてる。

どんな状況であっても、その経験を知ってるのはわたしたち自身。

愛されたのか、愛されなかったのか。

どこを見るのか。

愛されなかったって、本当?

愛されなかった、愛が足りなかったって言ってる人は、被害者になりたがる。

自分の権威、尊厳を手放す。

自分には力がないのでどうしようもないと思ってる。

すべて、だれかの、なにかの、影響を受ける。

だから、まだ自分のいのちを生きない。

愛されたって思いこむ、っていうのとちがうの。

愛されたことは身体で神経でどこかでちゃんと記憶されてる。

その経験は、わたしたちの中にある。

そこにつながる、思い出すだけ。

それは、

あたたかいやわらかい灯かもしれない、

ぼーぼー燃え盛る炎かもしれない、

人生のいろんな場面で、その灯り、炎、を思い出せないってとき、

そんなときもあるよな。

そして

思い出したら、

その火を内側に感じて自分のいのちを生きる。

愛の目印。

ここですよー、って。

その火は、情熱、エネルギー。

自分で立って歩いて、

そして、誰かと出会って、何かと出合って、

愛がいろんなかたちで起こる

そして、そこからなにかが生まれる。

わたしは知らない、愛ってなんなのか。

けど、体験してる。

(2016.03.08 記)

享受する

今日はOSHOのエンライトメントデイ。
神秘家OSHOが悟りを開いた日。OSHO21歳のとき。

お祝いと感謝をこめて、朝、ナーダブラーマ瞑想をした。



ナーダブラーマはチベットの寺院で早朝に行われていた瞑想のひとつだとか。

早朝、まだ暗い静かなそのとき、僧侶たちのハミングが寺院から聞こえてくる、

そんな光景を思い浮かべるだけで、美しくてうっとりする。






最近この瞑想法がとても好き。

最初の30分、ハミングをする。

そのハミングがわたしの中でひろがっていく。

トーンによってバイブレーションがいろんなところで起こる。

いつのまにか隅々まで拡がってる。

ほかの人と一緒にすると、共鳴がおこる。

またそれも気持ちいい。

次の7分半、

手のひらを上にむけ、

おへそあたりから前に向かって両手をそれぞれ外に向かって円を描くように

手が動くのにまかせる。

わたしのエネルギーを宇宙へと与える。

次の7分半、

手のひらを下に向け、

おへそから逆方向に動くにまかせる。

エネルギーを受け取る。

最後の15分、

静かに坐るか、横になる。




与える、というとき、わたしにはいつも緊張があった。

わたしは与えるもの、持ってるのかな。

わたしのもの、だれか受け取ってくれる人がいるんだろうか。

これ、満足してもらえるのかな。

与えてしまったら、わたしのものが無くなってしまう。

そんなあれこれ。



前回したナーダブラーマでのこと。

ハミングが終わり、第2ステージでの与えるとき、

わたしはおへその前に手を上に向けて、しばらくそのままでいた。




そうしたら腹の奥の方から、

ぐーっと、静かだけど、ものすごく力強い、

喜びのようなものが、押し寄せてきた。


それはこみ上げてきて、

涙がこぼれた。



与えることへのものすごく大きな喜び、歓喜があって、

与えるも受けとるもない、同時に起こってる。

与えることも受けとることもおなじ。巡ってる。




そして手が動き出し、与えていくことで、

世界がどんどん明るくなっていった。

光がひろがっていった。すごく美しかった。




受けとるステージのとき

わたしたちがすでに受けとっている生命、

それぞれの個性、才能、すべてを、ただ楽しむこと。

享受。

だれかのものを羨ましがらなくてもいいし、

自分が受けとりすぎだと心配する必要なんてない。


そんなことを感じた。



わたしの中に与える喜びがあった。

それは喜びという言葉だけでは表現しきれないもので、

思い出すと、涙がでてくるぐらい美しいもの。


以前からあるけど、それはとてもニューな出合いでした。






享受とは、

受け入れて自分のものとなること

受け入れて、味わい楽しむこと



(旧ブログより 2016.3.21)

自然な姿

2週間のギリシャでのリトリートのあと、パリで1週間滞在して、数日前に日本へ戻ってきた。






ひと月ぶりの銭湯!ああ、たまりません。お風呂好きでよかった、と湯船につかりながらしみじみ。


銭湯ってほんとに平和なんよな。みんなそれぞれのやり方で洗ったりこすったり。みんな裸。隠したり、隠さなかったり。

大好きな場所のひとつ。






ギリシャのリトリートでアクアフローティングするビーチにはヌーディストビーチがあって。

リトリートに参加するひとの中には、それを楽しみにしてるひともいる。


ここも好きな場所のひとつ。




海の中の裸も気持ちいい。





裸は自然。わたしたちそれぞれの形。そのひとがそうである様子。

だからその人にぴったりに創られてる。あなたという存在がその姿かたちを選んできた。

その人として一番自然にできている、本来は。




だから裸から水着をつけるとおかしな気分になるんだよね。

あれ?みたいな。


自然じゃないから、違和感が出てくる。


で、なんか照れたりする。服を身に着けると社会性も一緒に着てしまうのかな。


いままで裸で子供のときみたいに遊んでたのに、いきなり距離ができてしまうかんじ。


おもしろいなって思う。






裸は気持ちいいって話。