パターンから自由になる 6/26グループセッション


6/15まで早割 参加者募集中!!
自然の中で、自然であるわたしたち自身で会いましょう!
7/2~7/4 アクアフローティング@沖縄
マルガのインスタでアクアフローティングの映像がみれます。
アカウント:margaprem_com


そして、こちら!
6/26 path of lifeグループセッション

このグループセッションは、
今起こっていることを表現し続けることは、
なにをもたらすのか、なにが落ちていくのか、
を体験するための場です。


日常わたしたちはパターンを繰り返しています。
それは無意識の操縦。
それで生活が便利なこともあるでしょう。

けれど、刷り込まれた思い込みや、
反復してマスターした動作や言葉が実際にわたしたちの生きづらさとも関係しています。
なんでこんなに生きるのが大変なんだろう、そう思ったことはありませんか。



自分の人生を本当はどう表現したいですか?
あなたのいのちはなにを伝えたがっていますか?
それを一緒に探究していきませんか?


表現というのは、内側のコミュニケーションからはじまります。
今、自分になにが起こっているのか。
それを知覚すること。
言葉(マインド)で解釈するのではなく、感じること。
マインド過多で生きている多くの現代人にはそのコミュニケーションは簡単ではありません。
だからこそ、表現は変容をもたらすのです。



自分が今なにを感じているのか、
今起こっているどれを知覚しているのか、
それはマインド・頭には気づくことができない。

頭で解ったつもりになったことはきっと多くの人が経験していると思います。
腑に落ちるとはマインドでの理解ではなく体験からくる理解。



このグループは体験型のグループです。
少人数のグループです。


表現アートはすごくシンプル。
けれど表現を重ねることでものすごいパワフルなプロセスをもたらします。

表現することでなぜ変容が起こるのか?


1日という短い限られた時間ですが、
この日、どんな旅をするでしょうか。


あなたの参加をお待ちしています!


パスオブライフ グループセッション
日時:6/26土曜日 10:00~18:00頃
場所:名古屋市 スタジオウーヌス
参加費:14.000円
ファシリテーター:マルガ
当日は簡単なランチを用意します。

スタジオウーヌスHP

予約・問い合わせは CONTACT

6/26 グループセッション開催ー表現アート

6/26土曜日 path of lifeグループセッションを開催します。

自分自身とつながるための1日。
自分という存在を体験する1日。

このグループセッションではなにをするのかというと、
身体・音・色・香りなどをつかい、
表現アートセラピーの手法も用いて、
自分とつながることを探究していきます。
自分とつながるとはどうゆうことなのか、体験します。


表現アートと聞くと、絵を描くということが浮かぶかもしれません。

この日は絵も描くきますが、実際には「絵を描く」というより、
今自分に起こってることを「色と紙をつかって表す」ことをします。

自分の考えではなく、今起こってること感じていることを
なにかのツールを使って表現していきます。

ですので、絵が得意不得手はこのプロセスには関係ありません。


このグループは2名あるいは3名の参加者で行われる小さなグループです。
それぞれの顔が見える、声が聴こえる、
それぞれの存在をしっかりと感じながら、
守られたスペースで共に分かち合う1日です。


ひとりでは決して体験できないものがあります。
わたしたちは人との関わりなしでは生きていけない。
それは今までの人生で多くのひとがしてきた比較をして優劣をつけるためではなく、
自分をそして他者を理解するためです。
自分の、他者の、独自の美しさを知ることができます。


個人セッションでもなく、大人数のグループでもない、
両方のいいとこどり、
それが少人数のグループの良さ。
最善の場を用意しています。


生きるということは、この自分を表現すること。
わたしたちはほんとにそれぞれが独自。
オリジナルな表現をしなくちゃいけないのではなく、
すでに最初からオリジナル。

そこへ戻ること、それが自分とつながるということ。


こんな想いをもっていますか?
・もっと自分を表現したい
・自分の意見を言うのがこわい
・考え事ばかりしてる
・感じるってよくわからない
・人と関わる仕事をしている
・創造性を開きたい
・生きる意欲がもっとほしい
・表現アートセラピーを体験したい
・自分の才能がわからない、知りたい


パスオブライフ グループセッション
日時:6/26土曜日 10:00~18:00頃
場所:名古屋市 スタジオウーヌス
参加費:14.000円
ファシリテーター:マルガ
当日は簡単なランチを用意します。

スタジオウーヌスHP

予約・問い合わせは CONTACT

シンプルな方法

今日は朝からそわそわしてる。

こうゆうとき、そのそわそわを色をつかって表したり、
ただひたすらに出てくる言葉を書いたりしてみる。

そうしたら、そわそわがまるで自分の居場所を思い出したかのようにどこかへいってしまう。

これは表現アートセラピーの手法。 とってもシンプル。

あーでもないこーでもないと考えるのも楽しいけれど、
アタマを落ち着かせようとするのはキリがない。
アタマは落ち着かないものだし強欲だから。

色をつかい、アタマにうずまいてる言葉を判断なしで出していくと、
すると身体が落ち着く。
身体って明らかだな。理屈がいらない。



7/2~7/4 アクアフローティングリトリート@沖縄
早割期間あります。

マルガの提供するセッション
サイキックマッサージ
path of lifeセッション

問い合わせ・予約は
CONTACT
あるいは
スタジオウーヌスまで

リ・メンバー

サイキックマッサージのセッションの料金を改定しました。




ここしばらくの間、わたしの中にずっとある言葉。

リ・メンバー


REMEMBER 
リメンバー

リ・メンバー
再び、一員となる



自分として生きるとか、
本来のわたしとか、
ありのままとか、
それらのことは、リ・メンバーしていくことなんだな。



闇と光というけれど、 闇というのは、ただ自分が無かったものとして扉を閉めていただけのこと、
窓がなく扉が閉まった空間が真っ暗なように。

その自分が閉じていたもの、
ほったらかしておいたもの、 気にいらんから無かったことにしておいたもの、だれかにかぶせたもの、
それらをひとつづつ拾って自分の元へもどしていく。

リ・メンバー
思いだす。


部分だけの自分から全体にもどっていく。


それは本当に歓びに満ちた旅。




ずっとずっと放っておいたのに、その暗い空間に居続けてくれたこと。
全体としての存在であるために欠かせなかった。


目を向けただけで溶けて自分へ還ってくるもの
じっくりと感じ味わうもの



息を吹き返したいのち
そりゃ嬉しくないわけない
まるではじめての呼吸みたい
息するっておもしろい
歓びがわいてくる
それは悲しみがなくなるということではなく
ぜんぶがある
全部であることの歓び、愛おしさ



リ・メンバー
再び、集まる

わたしとあなた、わたしたちもこの世界で再会しました。
会えてほんとにうれしい。




サイキックマッサージ
Path of life セッション

CONTACT

身体が必要&お知らせーセッション代金改定

サイキックマッサージのセッション代金を見直しました。
今まで 15.000円
ここから 10.000円
この世界の状況の中で受けていただきやすい設定にしたいと思い金額を変更しました。
ウエルカム!お会いするのを楽しみにしています。



自分へと戻っていく旅において、続けるということはとても大きな助けになります。
例えばセッションであれば、
いいかんじがしたもの、なんとなくもう少しやってみたいなど
なにかしら響いたものは数回続けてみるといいとおもいます。



どんなものでも一度では気づかないことがたくさんあります。
一度やってみてもう知ってると処理して理解したと思うこと、
一度でパッとなにかが変わるのを期待することは、マインドのパターンです。

ほんとは同じことはいつも起こっていない、いつも新しいことが起こってますよね。



この人生を体験するのにわたしたちの身体は必要です。
気づきは意識・身体なくして起こりません。
日常で身体とのつながりを感じていなければ 触れられるということはよく解らないものかもしれません。
ましてや初めて受けるときには緊張もするでしょうから。



なにか知りたい時、ネットで検索すればだいたいのことは調べることができます。
インターネットの中は知識がたくさん。
わたしたちはいつでもどこでもそこへアクセスできます。
スマホやPCがあるということはその図書館を自分が持ってるということ。

そこへアクセスしても知れないものがあります。
それは自分の感性、感じ方、体験。
それはわたしという存在、いのちの表現とも言える。
みんなそれぞれ全くちがうのだから。

自分の五感はどのように外からの刺激を感応するのか。
自分の感情はなにがきっかけで動くのか。
そうゆうことを自分で自分が知っていく。

日々の小さな選択をその五感の動き身体の反応をみながら選んでいくと、
自分というオリジナルな存在がおもしろく、そしてどんどんと自分とのつながりを感じ、
信頼がもどってきます。

小さなことと思えるようなことの積み重ねは、
いつのまにか信頼という大きなものへとなっています。
それは自分を、周りの人たちを、大いなる存在への。


マルガの提供するセッション

サイキックマッサージ

問い合わせ・予約は CONTACTより

感じるとは今を受けいれること

感じることは大切。
それは、生きるのに最もといってもいいぐらい、全てのひとが呼び覚ます必要があるものだと感じてる。
だからセッションでもそれをさまざまにサポートさせてもらってる。


小さなころ、感じたことをそのまま表現することをゆるされなかったわたしたちは、大人になってもそのままの状態でいることが多い。


感じることがとても難しい。
それは生きることを困難にしている。


味がしない食べ物を生存のためだけに口に運び続けているとしたら、食べることに興味がわくだろうか。それは苦痛だとおもう。
感じないというのはそんなことのようにおもう。



感じることが難しいというより、
起こっていることに気づくこと受けいれることが難しいという方が本当かもしれない。


考えるとは今実際には起こってないことを想像すること、
感じるとは今実際に起こってることを知覚すること。




今、感じるままに生きているひとにとっては、感じることのなにが難しいのか全くわからないかもしれない。


自分も同じだった、そこから今感じることの楽しさをあじわっているというひとには、感じたいのにどうしていいかわからないというひとたちの気持ちは、少しは想像ができるかもしれない。



どうであれ、わたしたちはだれかのことを全て理解することはできない。

ああ。それ解るよ、知ってるよ、だって経験してきたんだもん。
なんて簡単に決めつけないで。

そんなふうにだれかの体験も自分の体験も粗末に扱わない。

似てるようにみえても異なるもの。

感じることは私的な体験だから。

だれかの悲しみとわたしの悲しみは全くちがう。 悲しんでる内容のことではなく、悲しみと呼ばれる感情をひとくくりにはできない。



みんなちがう。
それをわかっていないと、正解を探し続ける。

こう感じることは合ってますか?
感じるとはこうゆう順番で行っていきますか?
と、感じてるのではなくて考えてることに気づけない。



だれも同じ体験はしていないし、同じような体験をしてるひとたちだけが理解し合えるのでもない。
たくさんの体験をしているひとが多くのひとに寄り添えるとは限らない。
体験に大小はなく、見た目のちっちゃい傷もトラウマもどちらが大きな傷か比べようがない。
なんて、これもわたしだけの感じてること。




理解を示されるより、解らなくてもただただ一緒にいること。
アドバイスもせず、なにかを変えようともせず、そばにいる。
それはかけがえない、忘れない。
受容。
自分が自分にそんなふうにいれたら。



聴いて、見て、味わって、触れて、嗅いで、
気持ちいい、心地悪い、
感情、
どこで感じてるんだろう
身体の変化
匂い、色、触感、温度、明るさ、重量、



それに名前をつけずに、
起こっていることの理由も原因も探さずに、
ただそれと一緒にいること。
自分でいることをゆるされた体験。

昔はゆるされなかったかもしれないけど、
いまはだれの許可もいらない。
今の自分はなにを感じてもいい。
自分自身とただ一緒に。





☆感じるをサポートするセッション
Path of life セッション

サイキックマッサージ

スタジオウーヌスHP

予約・問い合わせはここから

内なるマスター

ひさしぶりです。
旧暦の新年も過ぎ、暦の上でも気候ともに春ですね。

毎日歩いていて感じるのは、桜の木の香りが日に日に強くなっている。
さくらもちの季節だ。



わたしは最近、過去の記憶をたくさん思い出しています。

覚えていたけれどそれほど気にも留めていなかったこと、完全に忘れていたこと、まあとにかくいろんなこと。


ある記憶をひさしぶりに思い出した。
いままで友人に話したこともあり、小さい頃のかわいいエピソードぐらいにしか思っていなかったのだけど、今回思い出したら泣けてきて、泣いたことにも驚いたけど、その時の想いも思い出して、それがわたしにとってはすごく重要というか大事なことで、こんな大事なことを忘れてたかと。
内なるこどもはわたしのマスターだ。
もう一度その想いにつながれて今とてもしあわせ。



凍結しているエネルギーはわたしたちに気づくものがあることを知らせてる。
それとのコンタクトは最初は痛い。それはひととの関わりの中で起こる。
そしてわたしたちは怒ったり閉じたりする。あいつが悪いと。

マインドはほんっとに巧妙だから、あいつが悪い理由をたくさん教えてくれる。それに乗っかると、ある意味ゲームオーバー。チャンスは次回へ持ち越される。



癒しが必要なことを恥ずかしいことととらえないで。
自分に癒されてない部分があることを自分は不十分だとみるのはなにかの思い込みがあるから。


それと同時に感じるのは、自分を完璧に癒さなければ自分の人生は生きれないと思い込んでないかなということ。そんなわけないよね。
まずはぜんぶ綺麗にしてから生きようというなら、多分今世はその掃除だけで終わる。いや今世だけでは足りんかな。


ベストなタイミングでベストなことが起こる。
ちょうどの時にちょうどのことと出会う。
その時に、だれのせいでもなくなにかが理由でもなく言い訳は置いといて、
真摯に自分とつながろう。


どんな素晴らしいメソッドもそれだけではわたしたちを癒すことはできない。
わたしたち自身のコミットがなければ。

それは、わたしたち自身にすべての力があるということだよ。



☆マルガの提供するセッション

サイキックマッサージ

path of lifeセッション


問い合わせはこちらから。

歩くっていいことだらけ

ぷらっと散歩するというのではなくて、
しっかり歩くというのをはじめてしばらく経つ。

朝歩く、とか決まりをつくらずに、その日の予定に合わせて歩く時間を見つける。
スマホに付いてる万歩計で、歩いた距離と歩数を見るのが楽しい。

うちから山崎川という桜の名所まで約15分。
山崎川の周りを歩いて帰ってくる。
それでだいたい5.000歩ほど。




山崎川の周りは車が入れないので、すごくいい。
公園があって子供たちの声やもくもくと走るひととか。

屋外で車の音がしない場所は安心感があり、自分のスペースが拡がる。





万歩計の楽しみもあるけど、とにかく身体が気持ちいい。
めんどくさいなーって思うこともあるけど、歩きはじめると身体がむくむくと喜びだす。

20分歩くとしあわせホルモンが分泌され始めるらしいが、ほんとにしあわせーがやってくる。

身体ってなんでこんなに賢いのかしら。


で、毎日続けてると、そのホルモンが出てくる時間が短くなってる。
身体がもう知ってるから、すぐに反応するのかも。これはわたしの体感ですがね。





まだまだいいことありまっせ。
身体が引き締まった。体重は2キロ減った。すごくない?

わたしは今、更年期という時期でもあり、
身体の内も外も心も変化を感じてるけど、歩くことで得た恩恵にほんとにびっくりしてる。


とにかく気持ちよくて、身体は喜ぶし、気分はいいし、マインドがおとなしくなるし、勘が冴えるし、顔色は良くなるし、身体が引き締まるって、こんなにも変化を感じるとは。

おすすめ。




マルガのセッション
サイキックマッサージ
path of life セッション 

スタジオウーヌスHP


予約・問い合わせは Contact

くつろぎのセッション

くつろぎというのは、わたしたちの本質。


くつろぎにあるときそれは、存在とひとつ。

だからあんなにも心地がいいのだね。
安心感で満たされ、心強いんだ。




サイキックマッサージはくつろぎの場にもどるマッサージ。

受け手であるあなた、ギバーであるわたし、
あなたとわたしが、
わたしたちになり、
源にかえる。



源、存在とつながりを思い出し、
存在から愛されていることをしっかりと身体に感覚に根付かせて。
そして今日も自分の道を歩く。



つながればいつもここにあるもの。


でもどうしても思い出せない時がある。
さびしくて仕方ない、不安で心許ない時ってある。



大丈夫、わたしたちは愛されてる。

それを思い出せる、
サイキックマッサージはくつろぎのセッションです。

サイキックマッサージ



path of life セッション

スタジオウーヌスHP

マルガへのCONTACT

触れ合わないように

わたしたちは触れ合わないようにするのにとても慣れてる。


それはこの今の状況でそうなったのではない。そのずっと前から。
ほんとに小さい頃か、思春期か、いつからなのか忘れるくらい前から。
だから今の距離を保とうとする状況を、とてもホッとしてるひともいるかもしれない。




触れ合わないように、というのは、
感じないように、ということ。



だれかが困っていても、
言葉をかけること、手を差し伸べることがとても難しい。
そのひとの痛みを感じることがこわい。


自分が苦しくても、そのまま苦しいと言えない。
そう言うと、弱いところを見せると、なぜか負けてしまうような気がして。
相手にというより、もう自分が保てなくなりそうで。




触れ合うことをゆるさなければ、痛みを感じることもない。
けど、それが痛みだ。


感受性が強いというのは、本人にとって楽なことじゃない。
社会にいることが、どれほど大変なことだったか。


その大変さをくぐり抜けるため、
感じるひとたちは、感じないようにすることにした。


触れ合わないように。
だれにも、もちろん自分にも。


目を閉じて、息を最小限にして、耳をふさいで、体をぎゅっと固くして。
油断してはいけない。
すべての感覚、全身を固いコルセットで締め続けなきゃ。




これはわたしの話で、だれかの話でもある。

セッションに来られるのはこうやって生きてきたひとたちがとても多い。
感じないようにして生きたことで守ってきたはずなのに、
なぜか苦しい。
好きなことがわからない、感じるってどうやったらいいのと。

古くなった生き方から脱皮するときがきたよ。
困っていないで、喜んだらいい。お祝いだから。



正解に自分を合わせることから、
感じたことを表現していくことへ。
あっち向きとこっち向きくらいに正反対。


さて、どうやって思い出していこうか。
自分の奥に隠れてる感受性を。



サイキックマッサージ
path of life セッション

スタジオウーヌスHP