そのままーくつろぎ

寛ぎというのは、人が存在している時の状態だとおもう。
元々の、自然な姿として。
ただ在ること、在りのまま、それは必ず寛ぎがある。
存在と寛ぎというのは切り離せない。
寛ぎはわたしたち本来の自然な状態。赤ちゃんみたいに。

けど、成長していく過程で、わたしたちは寛ぐことがなかなかできなくなった。
寛ぐってなんだっけ?どうするんだった? わたしってだれ?
寛ごうとすればするほど、どんどん固くなる。
知ろうとすればするほど、わからなくなる。

内からの自然な欲求、外からの要求。
そのバランスがどんどん傾いていく。
いつのまにか、外からの要求にこたえることが当たり前で、
もしかしたらその方が楽ちんとまで思うようになったりして。
そうしているうちに内からの欲求が、よくわからない。
そんなふうに、寛ぎから自分から離れていくのかなとおもう。

けども、寛ぎはわたしたちの本来の状態なのであれば、
そこへ戻ろうとするはず。
ほんとはむっちゃ簡単だ、寛ぐって。
ただ力を抜けばいい。
もし力が抜けないなら、今よりもっともっと力を入れてみる。
それでパッと力を落とせば、あら簡単、寛ぎがやってくる。

緊張に気づいてみて。
自分がなんとかしなきゃとコントロールしてることに。
だれかになろうとしてることに。

小さな欲求にこたえてみて。
ほんのちょっとのことに。
小さいことを小さいと見ないで。

そして、寛ごうとせずに、今のリアルな自分をただ感じてみる。
そう、わたしのまま、そのままでいいんだった。


ニュートラルなタッチ 2/5.6開催します。

2022年2月5日(土)午前11時〜午後6時
2022年2月6日(日)午前10時〜午後5時
場所:スタジオウーヌス 名古屋市内

寛ぐこととは、
自分の欲求を大切にすることとは、
自分と人との双方の欲求を満たすこととは、

セラピストやボディワーカー
自分を知りたい方、自分を表現したい方、
セラピストになりたい方、
人との関係性に難しさを感じている方、

みんなで集まり、分かち合い体験するフィールド。


詳細は
http://www.banyantree8.com/blog/2022/01/2022-1511548.html


問い合わせ・申込:CONTACT

対面したら

条件付けから自由になるということ。

人のことは見えやすいのに、自分のことってそれほどでもなく。

自分の行動をよくみると、なにかニーズが隠れてることがある。
ほんとはなにが欲しいんだろう?
素直になってみたら意外とたくさん出てくる。

それを人が知ったら笑うかバカにするか嫌われるだろう、と自分が思っている。
だからそのニーズを隠す。いつの間にか、自分にも隠している。
自分の中の秘密。
誰かにではなく自分が自分にクローズしてる。

こころをちょこっとだけ開いて目を合わせて秘密と対面してみると、
すごく気が楽になる。
なんだか誰かにゆるされたような気持ち。
わたしがわたしにゆるされたのかもな。



ニュートラルなタッチ開催します。

自分にとって心地よいとは心地悪いとはどういう状態なのか。
心地いよいとはどうやって創りだすのか。
コミュニケーションするとはどうゆうことなのか。
自分と、他者とつながるとは。。
探究、体験する場。


2月5日(土)午前11時〜午後6時
2月6日(日)午前10時〜午後5時

@スタジオウーヌス(名古屋

詳細はこちらより

申込、問い合わせはこちらから

同じ空間にいる

1月29日 瞑想会
2月5日6日 ニュートラルなタッチを開催します。


つながること、関わること、
わたしたちはマイワールドにとどまり続けることもできるし、
だれかとなにかとつながることもできます。


関わるということは、正直簡単なことではない。
刺激がたくさんある。 心地よい、不快、いろんな動きがあって。


マイワールドは物理的にも作れるけれど、心理的なものが大きい。
それを条件付けや思い込み、信念ということもできる。


人と同じ空間にいても、マイワールドにいる人たちというのは多い。
目の前の人と交わっていない、触れあっていない。
話を聴いてるふりをして、次に自分が話すことを考えていたり、他のことを考えたり・・。
そうゆう経験、ないですか?


場を共有する、共にいるということ。
それが起こった時というのは。。



一方的でも依存的でもなく、自覚・気づきをもってここにいること。
自らがここにいる選択をしていることを知ること。


職業や役割・呼び名に関係なく、その自覚・気づきは万人に必要だとわたしはおもう。
だから瞑想がこんなにもどんどん拡がっていってるんだろうな。

ニュートラルなタッチはそうゆうことを分かち合う場です。
ぜひ共に!




2022年2月5日(土)午前11時〜午後6時
2022年2月6日(日)午前10時〜午後5時
場所:スタジオウーヌス 名古屋市内

詳細はここから
http://www.banyantree8.com/blog/2022/01/2022-1511548.html


問い合わせ・予約はここから


1/29(土曜)瞑想会の詳細はこちら。

UNUS ウーヌス

わたしたちの屋号であるSTUDIO UNUS

スタジオウーヌス 「UNUS」は、全体でありかつONEー1ーを意味するラテン語の言葉。
宇宙・存在の始まりをふくんでいます。
ユニバース(宇宙)ユニティ(統一)ウノ(イタリア語の1)等の語源といわれています。

全体と一つでありながら個人である、
一人一人がユニークな存在である、
スタジオウーヌスはそんな生き方・在り方を共に探求する実験場(スタジオ)でありたいと願っています。

これからもこの場で多くの方と出会い分かち合うのを楽しみにしています。


2022年最初のワークショップ
2月5日(土曜)6日(日曜) ニュートラルなタッチ

わたしたちの内側には、様々な層があります。
様々な層の中心に寛ぐことができる時、
わたしたちは、今、ここに、存在の中心、宇宙の中心にいます。
それこそが、いのちが生まれるところ。
内なる仏陀、
仏性に出会うために特別な修行が必要ではありません。
仲間が集い、共に意図をして、内側に寛ぎます。


コンタクト・問い合わせはここから

ときどき軌道修正

わたしの言葉はちゃんと表せているだろうか。
とふと疑問が湧いた。

わたしは表現することをひと言ずつひとつずつ大切にしているかなって。
表せてない、内側のものを感じたままにそのまま表せていない、
そうゆう思いがどこかで感じたから、そんな疑問がでたのだと思う。

なるべくソフトに、だれかの気に障らないように、誤解を受けないようにと、
いつの間にか、人の目を気にしていたことに気づく。

こうやって少しずつ、わたしがわたしじゃなくなっていく。
たった一言、これぐらい、そうやって人は自分自身をだましていく。

それがいやで、ここまで来たのに。
人の目って、だれやねんって思うのに。
けど、こうやって時々軌道修正がいる。


表現する時、必ずだれかがいる。受けとってくれるだれか。
その時、どんな反応が起こるかはわからない。
自分が感じたことを共感してもらえたらすごくうれしい。
思ってもないように受け取られて痛い時もある。

ひとりでは起こらないもの。
そうだからこそ、表現することはこんなにもおもしろいんだとおもう。
わたしたちは人とのつながりがあって豊かさをあじわえる。

生きることは、いのちの表現。
さあ、また今日から気持ち新たにはじめよう。




12/11.12 ニュートラルなタッチ@ウーヌス 開催します。

『ニュートラルなタッチ』では、外側に向けられていた意識を私たち自身に戻します。
自分自身に起こっていることに気づきます。
頭に集中していたエネルギーを身体に向けます。
エネルギーが身体に戻ると、私たちは、今ここに、寛ぎ始めます。

問い合わせはコンタクトより

満ちる方へ

少しの時間あるいはたくさんの時間を、
自分の興味あるものへ、喜びを感じることへ、
エネルギーをそそぐ、実際にすること。
それは充足感となる。

量ではなく、質を、
生活の中へ注いでいるから、
だから無駄に不足感に操られない。
足りないもの、無いものに目を向けすぎない。


たくさんの量ー時間を、他の事へつかっているなら、
15分だけでも心が惹かれるものとのスペースをもってみる。
何度も言うけど、量じゃなく質がものを言うから。
ちっちゃいことがいつのまにか大きく育ってることに気づく。


自分とつながる時間を毎日の中に。


ニュートラルなタッチで体験すること。
自分とつながるとは、
だれかと出会うとは。

12/11.12 ニュートラルなタッチ PART1開催
ファシリテーター ぎり&マルガ
日程 12月11日(土)&12月12日(日)
時間 12月11日午前11時〜午後6時    
12月12日午前10時〜午後5時    
*開始時間が異なります。ご注意ください
会場 名古屋市内 スタジオウーヌス

詳細はスタジオウーヌスGiriのブログにて http://www.banyantree8.com/blog/2021/11/1261112-1510238.html

なりたい人になりたいのか

なりたい人になりたいのか?
それとも、自分に戻りたいのか?


忘れてしまったのか。
自分はなにを求めていたんだっけ。


生きてるのがしんどくなって、
どうしたらいいのかわからなくなって、
自分というものを探し始めて、
本を読んだり、だれかに尋ねたりして、
たくさんの出会いと体験をして、
その過程で気づいたり癒えたりして。

そしてその内に、前の自分よりもたくさんのことがわかったような気になる。
もうこのことは知ってる
もうこのことは片付いた
あれもこれも知ってる実践してる。

なんでもかんでも受容したらいいし、波動を上げてぱっと引き寄せて次元上昇して。

って、それでいいの?

ほんとはなにを感じてるんだろう。
なにを怖れてなにを求めてなにが心地よくて心地悪いんだろうか。
正直になっていいんだとしたら
ほんとの自分として生きたいのなら



12/11.12 ニュートラルなタッチ part1 開催します。

このグループはセラピストや援助職の方だけのものだけではなく、
自分自身として生きたいと願いそのプロセスにいる人たちみんなのためのものです。


参加した方たちの声
・・数多く参加したヒーリングのセミナーの中で、 初めて技術ではなく、あり方を教わりました。
・・・自ら何かをしようとしない、 癒し、ヒーリングはしようとするものではなく起こるもの、 それ以上でも以下でもない。 全てがプロセス。 この体感からの気づきはとても大きかったです 。
・・・・くつろいだ自分の創り出すエネルギーフィールドで 人に触れるという体験は ほんとうに不思議で、 ひとことでそれを表すとしたならば、 祈りなのかなと思います 。


ファシリテーター ぎり & マルガ

日程 12月11日(土)&12月12日(日) (1日目の内容を12月6日、11日両日行います。
時間 午前10時〜午後5時
会場 名古屋市内 スタジオウーヌス

詳細はギリのブログで案内しています。
http://www.banyantree8.com/blog/2021/11/1261112-1510238.html

言葉にすること

ニュートラルなタッチというワークショップを定期的に開催しています。
以前はボディワーク講習会としていました。
名前は変わりましたが、マルガ、ギリ、スタジオウーヌスが伝えたい「なにか」は変わっていない、けど同時に変わりつづけてもいます。

その「なにか」を言葉にするのは毎回難しいと感じるのですが、今日はそれを表現できたらと。

これから書くことは(今こうやって書いている時点でなにが出てくるのかわからないけれど)、伝えたいことの一部であり、ある場所から見える側面であり、けれどもそこにはそのエッセンスが顕れていれば、いいなー。


前回のニュートラルなタッチで、ある質問が出ました。
「わたしは感じたことを言葉にするのがすごく苦手なのですが、言葉にすることは大事だと思いますか?」

これに対してどんなことが浮かんでくるのかはきっとそれぞれ異なるでしょう。
それぞれの答えはあるかもしれないけれど、その時の考えや感じ方も変化していきます。


今、あなたはどう感じているでしょう?




言葉にする。わたしには大きなテーマのひとつです。
言葉にすること、別の言い方をするなら、表現、コミュニケーション、伝える、といえるかもしれない。

感じたことを言葉にすると、感じたことのそのままが失われていく。
言葉にする時、わたしはいつもこの葛藤に出会う。
言葉にしないことで、その起こっていることのプロセスを最大限にサポートできる。
これはわたしが体験してきたことの事実で、すごく大切にしている。


わたしは今、表現アートというものを学び、シェアしています。
なぜわたしがこのワークをみんなと分かち合いたいと感じているのか。
それは表現というとてもシンプルで深く高く広大なものの、凄さパワフルさを体験しているから。

生きていることが表現そのもので、わたしたちのいのちはさまざまな表現を瞬間瞬間している。
呼吸だって声も感情も、生きてることの歓びも生きてることがつらいことさえ。

表現アートは分析をしないし、表現されたもの完成品をどうこうともしない。
プロセスこそが表現だから。 わたしたちの生も本来そうですよね?


悲しみという文字でカテゴライズされたものは、その感じる人によって異なる体験で、それはその媒体(人)のオリジナルの表現。悲しみを感じていくと喜びと呼ばれるものがわくこともある。


言葉にするというのは、ただ文字にして並べることじゃない。
文字という共通の記号を使って、わたしの、いのちの、いろいろなものを表している。
その記号の選び方もさまざまで、その選ぶことにどれだけのエネルギーを注いでいるかはそれぞれで。
だから、言葉というのは共通の記号のようにみえるかもしれないけど、それぞれの固有のものなんだ。

だから、言葉にするというのはとても面白くてものすごいプロセスだとおもう。



こうやって書いている時、どう表していいかわからなくて、書いてみてはなにかが合わないかんじがして、また別の文字を置いてみる。そしてそれを見る。それは今わたしが感じているなにかなのか。そしてまた感じて、表して・・。

そうやって言葉ができていく。言葉になっていく。
言葉は文字だけでできていない。感じることで言葉は育っていくし、言葉にすることは感性を育ててもいる。


うまくできてもうまくできなくても、それはわたしにはそれほど大切なことじゃない。
それより、伝えたい、表現したい、それは純粋な願い。
その願いを率直に表せたとき、わたしは満たされてる。





ニュートラルなタッチ@スタジオウーヌス
10月30日(土曜)、31日(日曜)開催します。


マルガの提供しているセッション
・path of lifeセッション
・サイキックマッサージ


予約・問い合わせはここから

慈悲の海

photo by 丸山えり

スタジオウーヌス@鎌倉ー再び、から名古屋に戻ってきました。

お会いした方、すばらしい場を提供してくださった方、
いろんな場でわたしたちのワークを紹介してくださったり協力・応援してくださった方々、
本当にどうもありがとうございました。

そしてわたしたちを受け容れてくれた海があったから。 ほんとにありがとう。


楽しかった!
いらしてくれた方はどうだっただろうか。
たくさんの美しいフィードバックをいただいています。

おそらく今年の海でのワークはおしまい。
最後の日、この海から出ることが離れることがさびしくて、またねと何度も言いつつ、なかなかはなれられず。

最後の数日間、海は特別にやさしく感じた。
甘くて柔らかくて強くて。
それは波が荒くない方がいいとか海水の温度がとか、自然だから人間が思ったような都合のいいものではなく。
それでも、だからこそ、やさしいなぁと。

それは言葉にあらわすならば、慈悲。
数日間、わたしたちは慈悲の中にいた。

ほんとは毎瞬、存在の慈悲の中でわたしたちは生きているのだけど、それを忘れてしまう。
けど、この数日間はそれがとてもしっかりと感じていた。
愛されている、そう思い出した時間。
ありがとうございます。




CONTACT

path of lifeセッション

スタジオウーヌスHP

海!自然はやっぱりすごいな。

スタジオウーヌスは鎌倉でオープンしています!

海、いいよー。是非お越しください、一緒に遊びましょう。
スタジオウーヌス@鎌倉スケジュール

昨日から、やっと鎌倉に、自分の身体に、着地したかんじがしています。
6月末から忙しい時間を過ごしていて、
今、海という自然のそばにいて、 その忙しかった時間で起こっていたけれど、
気づいていなかった身体や心のこわばりみたいなものを感じています。
とても緊張していたんだな。
自然に入ると、こんなことが簡単に起こる。自然は不自然さをうきぼりにする。

サーファーや毎日海辺を歩いているだろう人―海と共に暮らしている人たちを見ていると、
日常で自然と接することがあまりない都会で暮らしている人たちとの身体のちがいを感じます。

身体がしっかりしてる。漠然としてるけど、そう感じます。
しっかりと輪郭があるし、とても美しい。


自然って気持ちいいばかりじゃないですよね。危険も共にある。
海に入るとそれがしっかりと思い出せる。
生きてるなーって感じる。自分のいのちをしっかりと感じる。
危険だからと入らない人もいる。入る人もいる。


アクアフローティングを久しぶりにシェアして、このワークのすばらしさを改めて実感してる。
ほんとにすごい。
このワークをうみだしてくれてありがとう。
このワークに関われて、ほんとにしあわせです。
共に分かち合えるみんなのおかげです。


みんなに体験してもらえるイベントを用意しています。
是非、きてください。
スタジオウーヌス@鎌倉 スケジュール


申込・問い合わせは、
マルガプレムドットコム問い合わせフォーム
あるいは、
スタジオウーヌス問い合わせフォーム
あるいは、
TEL052-833-1623 (携帯へ転送されます)