いのちの顕れ

昨日、表現ワークショップを開催しました。
参加してくださってありがとうございました。
記事をシェアしてくださったり声をかけてくださったり、ありがとうございました。

今回は、クレヨンと水彩絵の具、香りをつかいました。
水彩絵の具は、当日の朝になって、ふとインスピレーションがきて使うことにしました。


準備している間、ほんっとにひさしぶりに仕事の楽しさをあじわいました。
そうだった、仕事っておもしろかったよな!って。
感慨深かった。



表現アートはプロセスワーク。
できあがった絵や作品の出来上がりではなく、自分に起こっていることを感じてそれを表現している過程(プロセス)すべてが、結果的にわたしたちに働きかける。 すぐには気づかないこともある。その場で気づきが起こることもある。なにが起こっても起こらなくてもそれはプロセス、つづいてつながっていく。


色を使っているといろいろな感情が出てくる、描いていると悩み事なんて忘れて穏やかになってる、浄化されたようなすっきりしたかんじ、そんなふうに感じることは、やはり表現のもつ力だなとおもう。



このグループを開催しようと決めてから開催するまでの流れがまさにわたしの表現のプロセスだったと、終わった今、あらためて感じています。




苦手と感じていても得意と感じていたとしても、表現するということはとてもパワフル。表現することへの抵抗があるのなら、なおさらかもしれない。
あくびが止まらなくなったり、とても疲れたり、痛みがでたり、感情が揺れたり、たくさんのジャッジが聞こえるときもある。こんなことして意味ある?ってしつこく声がしたり。そして忘れていた遊び心。信頼。無邪気さ。純粋性。静けさ。大きな歓び。本質が内から顕れてくる。



いのちの顕れ。
描いたその絵ではなく、表現しているその姿にそれぞれのいのちの美しさをみました。



どうぞ今後のプロセスも自分にやさしくしながらあじわいください。
ありがとうございました。 ギリ、サポートありがとう!





マルガの提供しているセッション
サイキックマッサージ

問い合わせ先(スタジオウーヌスのHPへ)

スタジオウーヌスHP

リアルとリスクとアライブ 表現アートワークショップ

いいことが起こるとうれしいけどなんだか落ち着かない
つぎによくないことが起こるんじゃないか
いいことばかりは続かない
そんな考えがやってくる時がある。

なんでこんな考えがやってくるのかな
いつから、どこから、こんな考えをもつようになったんだろう

過去の生、宗教的な教え、小さな頃によく接していた大人の口ぐせ、集合的な無意識のしあわせへの怖れ・・
どれかひとつというより、すべてが混ざって。


そんなこと感じてはいけない
ネガティブなことを感じた瞬間に自分を否定する
首をぶんぶん振って自分に無理に言い聞かせる、そんなこと感じてない!


しあわせという感覚、それは今に気づけば簡単で、
もう一方、自分がしあわせでいることをゆるすのはなんでこんなに難しくなったんだろうともおもう。


あるときの瞑想後に聞こえてきた言葉。

自分だけがしあわせになってはいけない

母、祖母、女性たち。女性側から聴こえた気がした。



あなたが先にしあわせにならなくて、どうやってあなたの周りのひとたちがなれるの そんな言葉を言いたくなるのもわかる。 そしてそういう時に聞くそれはうっとおしい。


自分の中にゆるしてないものがあると、それを感じたときに抵抗する。
自分の中から聴こえても、目の前のひとが言っていたとしても。
反応して、嫌悪感を感じるか、ジャッジするか、聞こえなかったことにするとか。


すべてゆるしていたら、
なにを感じてもいいなら、
反応してもいいし、嫌悪感もジャッジメントも感じていい、
起こることをそのままにしているとき、抵抗もふくめ受容している。


受容

よく使われる言葉だけど、ほんとに大きなことだよね。人生が変わる。
簡単にできるよとはわたしは言えない。


いま感じている、いまここで起こっていること、
それを表現するのはリスク(危険)がある。

誤解されるかもしれない。嫌われるかもしれない。
こわい。
だけど、表れたがってるものがある。
いまここで起こってる自分にとっての本当のこと、リアル。
わたしは生きてるんだ。
わたしはここにいる。
わたしたちはみな表現者。



12/19開催 表現アートワークショップーーー生きること自己表現

ー色、描くこと、身体の感覚、感情、香り、他者の表現に触れることーで自分の表現をゆるしていきます。
ほんとはやりたいこと、ほんとは感じていること、マンネリから抜けたい、
それらにこの表現アートワークショップはなんらかのサポートができるでしょう。

あとひとり参加できます。


12月19日土曜日 14:00~18:00頃(開場13:50)
場所 スタジオウーヌス・名古屋市瑞穂区(変更になる可能性があります)
参加費 8.000円
※少人数でのグループです


予約・問い合わせ  こちらより(スタジオウーヌス問い合わせフォーム)


マルガの提供しているセッション
サイキックマッサージセッションについて

いつも、毎回、初めて。 表現アートワークショップ

!!ウーヌス宛に問い合わせをしたけれど返信がこない、という方いましたら、
ご面倒ですが、再度こちらまでご連絡をいただけますか。
info@banyantree8.com
(問い合わせフォームがウーヌスへ届いていないようです。いまサーバー会社へ問い合わせ中です)

12/19のワークショップ、あとおひとり参加していただけます。
今週土曜日です。

生きることー自己表現 表現アートワークショップ https://margaprem.com/20201208

表現が大好きな方、大の苦手な方、是非お越しください。



わたしは表現というものにすごく憧れていました。
同時にむちゃくちゃ怖いものでした。いまも怖いと感じることはよくあります。


怖いから、できない、下手くそ、ってことはないですよね。


アクアフローティングの時にもよくあることだけど、水が怖いと感じるからといってアクアフローティングでの体験が難しいということは全くありません。
水が大好きだからプロセスが起こるということもないです。

水が怖いからプロセスを繊細に感じれるということはよくあるし、水が大好きというひとがアクアフローティングの中で水への怖さを感じることもあります。



苦手と感じるものには、そこになにかが潜んでいることは多いとおもう。それはたいていの場合、ギフトになりえる。
苦手シールが貼ってあるところは開いてみるとおもしろい。

そうゆう経験ありませんか?




いつも感じることなんですけど、
体験ってね、したことがあるから体験したってことは無いんです。

したことがあってもしてないひとは多い。おかしな表現ですけどほんとにそうだから。

前に経験したことがあるから・・ああそれ知ってる・・にだまされないように。

すぐカテゴライズしたり、なにかと関連づけたり、マインドはそうゆうことをしてこようとするけれども。その場で結論付けなくていいし、良いストーリーに仕立てなくてもいい。


いつも、毎回でも、わたしたちは初めて体験する。



12月19日土曜日 14:00~18:00頃(開場13:50)
場所 スタジオウーヌス・名古屋市瑞穂区(変更になる可能性があります)
参加費 8.000円
※少人数でのグループです

予約・問い合わせ 
info@banyantree8.com
上記のメールへお名前、電話番号、ワークショップ参加希望と記入をお願いします。

他のマルガの提供しているもの
サイキックマッサージセッションについて

表現って、遊び 表現アートワークショップ

あなたにとって、表現ってどんなことですか?

12月19日 表現アートワークショップ
表現を通して自分と他者とつながる
https://margaprem.com/20201208


家族に友人へ向けるまなざし、言葉
自分のためにつくるごはん
仕事
習い事でしているダンス
自分の想いをつづるブログ


ほんとはあのとき言いたかった
ほんとはあのとき背中をさすってあげたかったんだ
ほんとはあのとき甘えさせてほしかった
洋服の汚れなんて気にせずメイクが落ちようが
他人の目やお偉いひとの評価もほっといて
ほんとのYES、ほんとのNO


もしあなたが、いまの毎日のなかでなにかしらの息苦しさを感じているなら、このグループはあなたがあなたのハートにしたがって生きることを勇気づけ、力づけてくれるでしょう。


表現アートと聞くと、心理分析のようなものを思い浮かべるひともいるのですが、そのようなことは一切しません。

ファシリテーターが、表現したものにジャッジすることはありません。
採点する先生はいない。

この場では、自分の表現が起こることだけに集中してみましょう。
繊細に感じてみましょう。
プロセスを信頼してみよう。
そしてそれを仲間とシェアします。

たったそれだけ?
そう、たったそれだけで、さまざまなことを発見するでしょう。


表現って遊びだよ
それが創造性ってよばれてるもの
それを思い出していく


小さかったわたしたちのいた世界、いまのこの世界にも、 大人になったわたしたちの中にいるこども、まだ年齢としても大きくなっていない子どもたちにも、自由に生きることー自由な表現ーをゆるさない人たちが多くいます。
そのひとりは自分自身。

自分がゆるされたことがないから、ゆるし方がわからないのかもしれない。

もし自分が自由に生きたいなら、子どもたちに自由を渡したいなら、
練習すればいい。

無理に自己開示しろってことじゃない。
表現しても大丈夫な安全な場所。それがこのワークショップ。


おとなこども関係なく、素直な自由な表現が起こる世界、
それはみんながぎゃーぎゃー騒がしい世界ではない。
調和のある世界。

調和というのは自分でないだれかに外側に合わせようとするときに崩れるの。
だから自分を知っていくのが大切なんだ。



このグループでは、感覚、感情、マインド、色、身体の動きなど、 自分自身とつながって表現が起こるのをゆるしていきます。
クリエイティブコネクションという表現アートのツールをおもにつかっていきます。


あなたの才能・美しさを一番に知っているのが、あなた自身でいてください。


12月19日土曜日 14:00~18:00頃(開場13:50)
場所 スタジオウーヌス・名古屋市瑞穂区(変更になる可能性があります)
参加費 8.000円
身体を締めつけない汚れても大丈夫な服装で参加ください。
こちらで着替えもできます。
※少人数でのグループです

予約・問い合わせ  こちらより(スタジオウーヌス問い合わせフォーム)


・関連記事 生きることー自己表現 表現アートワークショップ https://margaprem.com/20201208

・セッションメニュー サイキックマッサージ

生きることー自己表現 表現アートワークショップ

もっと自分を自由に表現したい
自分を出して生きたい
自分の才能を見つけたい
直感に導かれて生きたい

そう感じてるひとに。

12月19日 表現アートワークショップ
表現を通して自分と他者とつながる


ほんとはやってみたいことがある。
絵を描いてみたい
感じたことを素直に話したい文章にしたい
好き勝手に踊りたい
あのひとと仲良くしたい
ほんとは怒ってるんだよ
だれかの顔色うかがうのもうイヤ
一生懸命生きたい
もっと遊びたい
創造性を発揮したい
毎日を豊かに暮らしたい

このほんとはやってみたいことは、 マインドではないところからわいています。 それはハート、ビーイング、魂からの呼びかけ。


じゃあ、なぜ、それをやらないのでしょうか?


わたしたちは家庭で学校で、感じるままを表現することをほとんどゆるされてきませんでした。
あなたの踊りは変だよ、歌が下手だから歌わないほうがいい、絵はこうやって描くものだ、怒るなんてバカバカしい、泣くのは恥ずかしい、大声で笑うのはやめなさい。こうでなきゃああでなきゃ。

批判やジャッジメント、失敗などさまざまな理由で、いつの間にか表現は危険なものとなりました。黙っていたほうが生き延びれると。


でも、もうわたしたちは自分のパターン、思い込みに気づき、 新しい方法で人生をすすめることができます。


このグループでは、アタマで考えるのではなく、表現アートというツールで本来の自分とつながっていきます。 自分でないものに気づいていきます。色、描くこと、身体、感覚をつかって。


自分が自分自身の一番の親友に。


表現というのはアートの世界だけのものではなく、
アーティストだけが表現の世界に生きてるわけではない。


わたしたち全員が表現者。
わたしたちは毎日、自分のいのちを生きることー表現ーしています。

創造性はみんなの中にあります。

自分にあるもの全部つかって生きたくない?


感じることをゆるし、感じたことをそのまま表す。


正解を求めてだれかの意見ばかり聞くことに飽きた
内からわく感覚にしたがって自分の人生を生きたい
毎日楽しく生きたい
自分の創造性を開きたい
五感ふくめ直感、自分の感覚をもっと繊細に感じれるようになりたい
ひととのコミュニケーションを楽しみたい
自分の才能をつかって仕事をしたい

そんな想いがあるなら。
感じること、感情を受け容れよう。


表現アートのクリエイティブコネクションというツールをつかい、
ただそのままの表現をゆるすことで、
素直な感情を感じること、
頭での理解ではないリリースが起こる可能性、
自分が感じてることを微細に感じ取れるようになること、
感情や言葉にできないなにかが昇華されること、
表現アートのもつチカラで自分自身を体験していきます。  

今回のこのグループでは、色と紙をつかい、身体の動き、感情、感覚、言葉をもちいて、自分自身と、生命エネルギーを止めているものに気づいたり、本質とつながります。




12月19日土曜日 14:00~18:00頃(開場13:50)
場所 スタジオウーヌス・名古屋市瑞穂区(変更になる可能性があります)
参加費 8.000円
※少人数でのグループです
予約・問い合わせ 
こちらより(スタジオウーヌス問い合わせフォーム)


12/11 サイキックマッサージセッション@東京

サイキックマッサージセッションについて

12/11 サイキックマッサージ@東京

サイキックマッサージってどうゆうもの?
それは、自分自身のビーイングから自分へのアイラブユーを受けとるスペースだとわたしは感じてる。


このセッションは自分の美しさに気づきをもたらす。
それはすでに知っていたもの、いままで嫌っていたもの、未知のものとの再会、出会い。

その美しさはあなたが考えているものとはちがうかもしれない。
あなたがマインドで考え、理想とし、無意識に自分だと思ってるもののことは今ここでは横に置いておいて。


もしそこからの自分を望んでいるなら、諦めた方がいい。

諦めるーあきらめるってね、ネガティブにとらえるかもしれないけど、全然そんなことない。
明らめるのだから。
とっても晴れやかですがすがしい。
どこかが痛みを感じるだろう。それは自然なこと。
けれどそれも受け容れてみたとき、自分にエナジーがもどってくる。
それは本来のあなた。それがどれだけ世界を美しくするか思い出して。

自分じゃないものをつかんでいたそのエネルギー。
そのつかんでいたものを手放すことは自分以外とのバイバイ。
母から父から社会からの刷り込みとの分離。それらと自分との間にやっとスペースができる。
内なる女性性・男性性との本当のつながりがはじまる。

自分以外の存在になることは諦めて、
自分でしか生きることはできないと諦めよう。

諦めたひとは美しい。無駄な力が抜けていて、優しい。痛みをそのままに感じることができるひと。


サイキックマッサージのセッションは気づきをもたらします。それは瞑想の中で起こるから。ネガティブともポジティブとも関わりがないスペース。

いまこの時期だからこそ、触れあうことの大切さ重要さ必要性を思い出しています。


サイキックマッサージについて


12/11
サイキックマッサージセッション

③13:30~
④15:30~
セッション場所の詳細は予約の方にお伝えします。
安全で清潔な場所を用意しています。

セッション料金:15.000円

予約、問い合わせはスタジオウーヌスまで
お名前、連絡先電話番号、希望時間をおしらせください。
TEL:052-833-1623
mail:info@banyantree8.com
もしくは問い合わせフォーム

通じ合った!よろこび

前回書いたもの「ホームにもどる」
これって現在地を知るってこと。


★★★3月7日土曜 自分のギフトを生きる3回連続講座 
第1回目テーマ 「リラクゼーション」参加者募集中です!!
詳細はこちらから



リラックスが起こってはじめて、ああ、わたし緊張してたなとか、力を入れて強がってたなとか、ふとわかるものがある。

それはひとに指摘されてその言葉を理解しようとするのとは全く異なるもの。内から起こる理解。
それは自分が自分自身とつながった瞬間。
内側からのメッセージ。それを聴くことができたんだよ。
コミュニケーションが起こった。すごく嬉しいのよ、お互いに。

メッセージを正確に聴いたから嬉しいというより、つながれたというよろこび。
そのしあわせな感覚こそが、正解!ってことなんだよね。
これこれこうゆうプロセスを経たから、あなたは自分とちゃんとつながっています、正解、ではないわけ。
その内側からの声の喜怒哀楽すべてを感じれたことがよろこび。

正解ってことばをつかうと、わたしたちは正解がひとつだと教わってきたから勘違いしてしまうけど、正解は山ほどある。


自分のギフトを生きるための今回の3回連続講座は、自分の正解を知っていくための場所。今の正解。少ししたら正解は変わるかもしれない。

たったひとつの正解を探す、んじゃなくて、自分のその時の正解を見つける感覚を養っていく。そうすれば正解を恐れなくていいでしょ。

たぶん今まで、正解がとても怖かったとおもう。
間違えるのが怖くなかった?
けど大丈夫。正解は山ほどある。間違えられない。
そして実は正解なんてない!って腑に落ちるには体験がいる。
わたしたちは身体を通して腑に落ちるという理解をするから。



★3月7日の参加者募集中!
3月7日土曜10:00~ 
第1回目テーマは「リラクゼーション」現在地を知る

この講座は3回継続のグループ。
初回は、自分とつながるうえで最も大切で一番のベースと感じる「リラクゼーション」からスタート。3回を通して、身体・マインド・意識・ハートとのつながりを感じていきます。


2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ


予約・問い合わせ先
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)



★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション

ホームにもどる

★★★3月7日土曜 自分のギフトを生きる3回連続講座 
第1回目テーマ 「リラクゼーション」
詳細はこちらから


リラクゼーションとは、別の見方をすれば、降参するというふうにも言えるかなとおもう。
自分は自分でしかいれない、憧れのあのひとのようになれないし、嫌いな自分の部分も仕方ないか・・ってあきらめること。

わたしたちが降参したとき、身体は脱力する。へたっとなっちゃう。
感情としては落胆を感じるけれど、でも身体から余計な自分ではないものがズルンと落ちて、今必要ない力ー緊張が抜ける。抜こうと思ってもなかなか抜けなかったなにかがめくれるみたいに。



何者にもなれないと降参するしかないとき、葛藤が終わると、わたしたちは安堵する。
もう追っかけなくていい、逃げなくていい、装わなくていい。もうどこにも行かず、ここにいていいんだ。
そのホーム(自分)にやっと気づいたときの安心感。言葉にならない。
涙が出たり、呼吸が変わり、懐かしさを感じ、ものすごい安心感の中にいる。
そのホームはだれも入れない。恋人も親友も親も子供も。ひとりでもさびしくないスペース。in love。



★3月7日土曜10:00~ 第1回目テーマ「リラクゼーション」

この講座は3回継続のグループ。
初回は、自分とつながるうえで最も大切で一番のベースと感じる「リラクゼーション」からスタート。3回を通して、身体・マインド・意識・ハートとのつながりを感じていきます。


2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ


予約・問い合わせ先
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)


★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション



ビリーブ・トリハダ

自分はチャレンジャーだとおもう。なにかに挑むみたいなことが好きなんだよなとおもう。ボディを持った時点でみんながチャレンジャーだけど、それでもさまざまなひとがいていろんな質を持っていて、チャレンジとか熱さとか情熱とかに興味がわかないというか、人生にその要素が不要なひともいれば、それらがリソースであるひともいる。なにかを追い求めるのがチャレンジャーではなく、その熱と共にいなきゃ生きてない、という性(さが)といのか、魂と肉体両方からくるものだって感じる。それをうまくつかえたらいいなとおもう。チャレンジを間違えてつかうとただ意固地になってしまうから。

その熱を呼び覚まされるときの感覚がある。それが鳥肌。ビリーブザ鳥肌!と昔だれかが言ってた(たぶん高橋歩)んだけど、めっちゃ同感。鳥肌を信頼してる。魂がふるえた瞬間、身体がばっと泡立つ。細胞が瞬間で起き上がったみたいな。すごくない?どんだけのエナジーが起こったんだ。魂のサイン。


生きてる中で鳥肌がどれだけ起こるのか、どれだけ感動するのかってことが、生きてる醍醐味でもあり、それを体験するためにこの肉体にきたんだ。自分で起こせるものではないし、期待すると遠ざかっていく。思いもよらないときに起こるもの。

鳥肌、感動、それは美しさにふれたということなんだよね、わたしにとって。セッションも講座もグループも美しさに出会う場所、その存在の美しさにふれたくて。

自分の美しさを思い出せ、そして世界へ差し出せ



緊張、それは自分ではないものであり今の自分には必要ないもの。リラクゼーションを体験することで、自分ではないもの、その膜や殻を自然に無理なく落ちていくでしょう。身体、マインド、意識、感覚をツールとしてみんなで探究していきましょう。

関連記事
★3月7日連続講座スタート
★究極のくつろぎ
★マルガのオリジナルセッション つながるセッション

3月7日土曜 3回連続講座 第1回目テーマ 「リラクゼーション」

2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ


予約・問い合わせ先
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)

または
info@@margaprem.com @をひとつ取って送信願います。
(お名前、電話番号を記入してください)

甘露みたい、究極のくつろぎ

リラクゼーション、ってえらい大きなテーマを1回目にもってきたなと自分でも思い、改めて「リラクゼーション・くつろぐ」がわたしの毎日のメインテーマになってる。

3月7日ギフトを知り生きるための連続講座
第1回目テーマ「リラクゼーション」詳細はここ

★このグループでは、本来の自分へもどるために、リラクゼーションを体験します。身体、意識、感覚とつながりながら、それらのどうゆう状態が自分にとってリラックスが起きていくのかを体験で知っていきます。その時限りではなく、身体がその体験を覚えていき、思い出していきます。それを日常へそれぞれ持って帰りましょう。


くつろぎって、ただただ気持ちいい。
広くて軽くて濃密で暖かくて甘くて、ホッと息が抜けて身体が緩んでいく、心地いい距離とスペース。
この気持ちよさは、本来のわたしたちの質。ここが源ソース 。



10年ほど前、ダライラマの講演会に行った。コンサートができるほどの大きなドーム型のホール。わたしは2階席から講話を聴いていた。
あの時のスペースはとても印象的だった。
ひとことで表現すれば、とろ~ん。
ほとんどの人が居眠りしてる。だってもうトロトロだから起きてるのが難しいわけ。
究極のくつろぎ。甘い水、そう甘露だ。その中にいるみたい。決して溺れることのない大きな存在の羊水にくるまれてるかのように。彼のそのエナジーで大きなホール全体が溶けていた。


悟りって究極のくつろぎなんだとおもった。マスターの元に人が集まるのは、この究極のくつろぎに呼ばれるのかもしれない。その芳香をさえぎれるものはない。香りはどこまでも届く。
それは周りに変容を起こす。それぞれの存在をおおってしまった本来じゃないものを溶かしていく。

これはマスターだけができることではないとおもう。わたしたちの本質がその究極のくつろぎだとしたら、わたしたちからその香りが放たれているということ。その香りが世界を美しくしてるにちがいない。そしてその香りはそれぞれ独自。あなただけの香り。美しいね。


わたしたちの自然な状態であるリラクゼーション。そこにかえりたいというのは自然なこと。
あなたがリラックスしてるときはどんなとき?
どんな感覚?においはある?
身体はどんなかんじ?

一緒にリラクゼーションをあじわおう。本来のわたしたちでいよう。


2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ


予約・問い合わせ先
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)

または
info@@margaprem.com @をひとつ取って送信願います。
(お名前、電話番号を記入してください)


★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション