あ、大丈夫ですというとき。

手伝いましょうか?
そう尋ねてかえってくる返事。
だいたいが、
あ、大丈夫です!

なんか手を貸した方がいいかな、という場面は日常の中で時々出会いませんか?
全く知らない人だけれども、なにか手伝えるかもという予想で声をかける。


こないだの話。
電車の中。事故が起こりダイヤが遅れていて、平日だけど混み合っていた。
わたしは座っていて、目の前に大きなリュックを背負った若い女の子が立った。
その子はつり革につかまったまま眠りだした。
身体がリュックと共にぐらんぐらん揺れる。つり革につかまってるのが不思議なくらい。
めっちゃ疲れてる様子。 わたしの横のおばちゃんとか周りにいる人が迷惑そうにしてる。
そのぐらんぐらんで周りにぶつかりまくってるし、つり革からいつその手が離れるかもわからない。
その手がすべったら危ないだろうということは予想できる。
ぐらんぐらんと同時にななめ掛けしてるポシェットから物が落ちまくる。
時々、はっと気づいてそれらを拾い、また眠りに落ちる。

ここまで疲れるって何してたんやろ。
小さな子がごはん食べながら眠ってしまう時と似てる。

おばちゃんがたまりかねて言う。
ちょっと、あんた、こわいわ!
(大阪での出来事ゆえ、 それ以外の地域の人にはわからないかもしれないけど大阪ではありがちな場面、 悪意はさほどなく迷惑に怒ってる)

あ、すいません・・ けど、変わらず。

わたしはその子のポシェットをトントンとたたいてひっぱって起こす。
は?という顔。
ここすわって、ね。(ここ座って、眠り)
あ、大丈夫です!
ねたらええやん。
や、大丈夫です!
ええから、すわり。
あ、すいません・・
と言って座ったと同時に爆睡。


これはおせっかいなおばちゃん(わたし)の話なんだけど、おせっかいってどうなのっていうのは今はちょっとおいといて。 ほんとに大丈夫なときもあるのだけれど。




あ、大丈夫です!って咄嗟に出るのは、
わたしたちの病なんじゃないかと思う時がある。
人に頼りたくない、迷惑かけてはいけない、放っておいて、自分でやらなければ、
いろんな気持ちがあるだろうけど、


手を差しのべられて、その手を握れない理由はなんだろう。

わたしはよくやるんだ、これを。
あ、大丈夫です!と。



だから、人に尋ねるのかもしれない。
なにか手伝おうか?

わたしの中のだれかが手を握りたがってるのかもな。
手を何度も差し出してくれるのを待ってるのかもな。



ニュートラルなワークショップをします。
@名古屋
@鎌倉



スタジオウーヌスホームページ



※いま、CONTACTからの問い合わせがこちらへ届かないということが起こっています。
しばらくの間、ウーヌスの問い合わせフォームへお願いします。

問い合わせ(ウーヌスHP内)

昔聴いてたレコード

わたしは兄が2人いる。
すぐ上の兄が高校生の頃によく聴いてたレコードがある。
同じ部屋にわたしの机があったから、そのレコードは嫌でも一緒に聴くことになる。
いつの間にか、わたしはそのアーティストが好きになってた。


それを最近久しぶりに聴いてる。
もうレコードは無く、iTunesでダウンロードした。

発売日を見ると、わたしが小学5年生の時。
今聴いても格好いい。
そしてほとんどの歌を今も覚えてた!
これを小学生のわたしが聴いて口ずさんでたんだな。

小学生の頃から、授業中に鼻歌をよく歌ってて先生から怒られてた。
この歌も歌ってたんかと思うと、かわいいなぁ。



ぎりが新しい遠隔のモニターセッションをはじめました。



スタジオウーヌスHP


マルガへのCONTACT

海へ入ると決めたー夢の話

高い丘。
その崖っぷちを歩いていた。

崖の向こう側をへっぴり腰で覗いてみる。

濃い濃いロイヤルブルーの海。ずっと奥まである、どこまでも深い。
美しい、けど、ものすごくこわい。

その奥深くには遺跡のようなものがはっきりとみえる。
海に沈んだままのもの。まだだれにも見つけられていない。


深くて透明な水。

友人のひとりがそこを泳いでいる。
すごいな、さすが。

あの子ならそりゃ行けるだろう。
けど、わたしは無理。
こわくてできない。


引き返そう。
すごく残念だけど、この海には入れない。


崖から離れた後も、
あの深い海、あの遺跡がずっと残ってる。

ほんとはあの中へ入っていきたい。
あきらめきれない。


別の友人がそばにいる。
この人とならあの海へ入っていけそうな気がする。
伝えてみようか。
一緒に入ろうよ。


よし、と決めてあの海へ向かう。






これは夢のはなし。


夢に登場するものすべて自分。
人物だけじゃない、全て。


夢はメッセンジャー。
いま自分がとらえているいないに関わりなく、 いろいろなものを見せてくれる。



興味深いわ。
今回のこの夢はまさに今のわたしへのメッセージ。


夢って会話みたいだなって思う。
わたしがどうしたらいいのだろうと考え、そして感じてるあれこれ。

それは投げかけとして、
何かへとちゃんと届いていて、
こうやって返信として届く。


解決したいなにかがあるとして、それを頭で考えてもどうしようもない。
でも考えずにはいられない。そして、大概ぐるぐるする。



だから質問してみる。
どうしたらいい?と。


今回は夢からの返事。



7/31 8/1 ニュートラルなタッチ ワークショップします。


スタジオウーヌスHP

問い合わせはCONTACTより

息が吸えるようになる方法

だれも自分のことを知らないというのはとても自由だ、
ある人が話していたのだけど、わかるなー。


生まれ育った場所から離れるとき、ものすごく大きな開放感があった。
息が吸えると思った。


いつのまにか自分で窮屈な場所に入りこむのか。
暮らしの中で、それぞれがそれぞれを気にしすぎて、
実際に起こってるかどうかは別にして、 思い込みの中にはまっていく。

それをしがらみというのかな。
自分が自分に課したもの。

いまの世界は余計そうなのかもしれない。


どんなことでも自分でそれに気づくことだけが自由が開かれていく方法。





ぎりの遠隔クラニオバイオセッションモニター募集中。

スタジオウーヌスHP

マルガへのCONTACT

なぜ離れてしまう?

ぎりがクラニオバイオダイナミクスの遠隔セッションのモニターを募っています。
クラニオバイオはわたしも大好きなセッションです。
いろんな場面でこのセッションに何度もサポートされています。
この遠隔セッションもたくさんの方に反響をいただいています。
興味ある方、是非どうぞ。




なにかのセッションやグループで素晴らしい体験をしても、
すぐそこから離れてしまうのはなんでだろう。


それはひとつはその体験をマインドで理解しようとするからだとおもう。

そうした時、その体験は色を失くす。



日常ではない特別な場だったから
一瞬の高揚感をあじわっただけとか
勘違いだったとか
惑わされたんだとか、結論してしまう。


マインドはまとめるのが大好き。
要するに・・というふうに。

結論付けてまとめた瞬間、そのプロセスは終了。続きはない。
起こったことを出口も入口も無い四角い狭い箱に入れてしまった状態、
それがマインドの役目。


アタマで理解しようとせずに、その体験であじわったものを信頼してみる。
すると本当に人生は開かれていく。


起こったことはその場だけのものではない。
それは起こり続ける。
影響し続けてる。
音のように振動は自然にはプツンとやまないみたいに。


その身体であじわったこと起こったことはうそじゃない。





マルガの提供しているセッション
サイキックマッサージ

スタジオウーヌスHP

CONTACT

つかんでいた手を放した

長い間、ゆるせない人がいた。

その人が浮かぶと、身体の中からマグマみたいに吹き出てくるものがあって、
ものすごいきつい感情や思いがわいてくる。
強いエネルギー。そのエネルギーで自分自身が焼けて死んでしまうような。
ほんとに長い間、その憎しみはあった。
絶対にゆるさないって思ってたし、その憎しみが小さくなることはなかった。



その思いをもってから、ほんとうに長い時間が経った。


その人を思い出すことは今はもうほとんどない。
そうなってからも随分と経った。
その人を思い出した時今のわたしが感じることを言葉で例えるなら、無味無臭。
なんにも感じない。呪いも祈りもなにもない。

その重荷が自分からとれるとはその頃は思ってもなかった。
その重荷を持っていたかったし。 それを手放したいと思ったこともない。
直接ワークしたこともない。 いくらでもいつまででも憎んでられると思っていた。


だからとても不思議。
今自分がその人を思い浮かべても身体になにも起こらないこと、感情がわかないことが。


憎しみって中毒するみたいに依存できる。
強い感情はどれもそうかもしれない。 いや、どの感情もそう。
喜びに執着する人もいるし、悲しみに溺れてたい人もいる。

それらを持ち続けるにはたくさんのエネルギーがいる。強ければ強いほど。
その火を絶やさなように薪をくべ続けないとそれは消えてしまう。


憎んでもないのにゆるすことなんかできない。
ゆるしとは憎しみを知ることから起こる。


わたしはその人をゆるしたわけではない。
そもそもわたしがゆるしその人がゆるされることなんて何も無かった。
ただわたしが持ってた憎しみが落ちただけ。わたしがそれよりも興味あるものを見つけて、
その憎しみをつかんでた手を放し、別のものを手にとった。
それをゆるすというのかな。相手はなんの関係もないのね。




スタジオウーヌスHP

マルガへのCONTACT

そのものである美しさ

土曜日、表現アートをつかったpath of lifeグループセッションを開きました。
ありがとうございました。


さまざまな方法で自分のあらゆるものを表現しました。

内側のなにかを外へ表すというのは簡単ではない。
普段とは異なる方法で繊細に今起こってることをとらえる。
それはとても興味深いプロセスです。


視点が変わるということはこうゆうことなのかと、実際に今回体験したという感想を
参加者の方がシェアしてくれました。



グループではわたしは一緒に描くことはほぼしません。
だからみなさんの描く姿を見れるんです。

その姿、ほんとに美しかった。
いま思い出しても内側で動くなにかがあります。


描いたもの完成したものよりも、
描いてる表現しているその姿はほんとにその人を表している、

それは何をしていて何かを残すということより、
ただその人が生きているということが尊いことなんだと
それを見ました。

今言葉に書いたように、描いてる姿を見ていた時に感じたわけでなく、
見ている時、なぜか涙が出て仕方がなかったんです。
ただ感動したんです、その美しさに。


生きてるということが、ほんとにギフトなんだな。
その人がその人であることの美しさ。

どうもありがとう。


スタジオウーヌスHP


問い合わせ
CONTACT





正直な表現は人も自分自身も癒す

あす6/26 path of life表現アートクラス開催します
あとひとり参加できます。


表現アートセラピーというものを、みなさんに体験してほしいと思っています。
それはわたし自身がほんとにこのワークがおもしろいと感じているから学んでいるし、
これがわたしにワークしているように、多くの人にとっても、パワフルに働くだろうと確信しているから。

表現アートはその表現されたものを分析しない。
それは表現したものをだれかの判断基準で選別されたり決めつけられないということ。
外側に答えがないってことなんです。

そうゆうと抵抗を感じる人もいるでしょう。
だれかに決めてもらいたい人もいるから。


感じることを大切にしよう、
自分の感性を育てていこう、 って呼びかけてるのは、
本当の知恵をもつこと、すなわち賢くなることが、
自分も周りも次世代の人たちにもそして地球への貢献になるから。

もうそろそろ自分のためだけというのを済ませたいよね。
人間の純粋な欲求、それは分かち合うことなんじゃないかなと。



自分の感じてることを正直に表現することって、才能をシェアすることのように、
すごく価値あることなんです。
まっすぐな気持ちの吐露ってハートに触れる。心を打つ。
それに触れた人にも、そして表現した自分自身にも、すごくすごく滋養になるんだよ。


明日ですけど、ひとつ席がありますので、
もし気になってるのであれば、ジャンプしてみてください。
お待ちしています!


パスオブライフ グループセッション
日時:6/26土曜日 10:00~18:00頃
場所:名古屋市 スタジオウーヌス
参加費:14.000円
ファシリテーター:マルガ
当日は簡単なランチを用意します。

お問い合わせ・お申し込みは、
052-833-1623 スタジオウーヌス
CONTACT
または
ウーヌスお問い合わせフォーム

調和 ハーモニーとは

キャンセルが出たので、あとひとり参加できます。
6/26 path of lifeグループセッションー表現アート

この日にみんなで体験するワークのひとつのテーマが、
調和 ハーモニー

色をつかって、身体をつかって、
あなたの中の調和を知る。

まずは、調和と聞いてどんなふうに感じるだろう?
それぞれのイメージがあるのではないでしょうか。

調和というと、多くの人がもつ固定観念があるように思う。
その観念をみてみると、そして身体で体験したら、
もしかしたら今までとはちがった、調和を知るかもしれません。


自分の内側にすべてある、というけれど、
でもそれを知るには、だれかの存在がいる。
ひとりでは見つけられないものってたくさんあるから。


自分のもつ観念、思い込みに気づいて、
自分がそれに実は縛られていたんだ、
自分自身をそれで縛っていたんだとわかると、
ほんとに自由を感じる。
実際に身体が軽くなる。
おもしろい、マインドも感情も身体もつながってる。


パスオブライフ グループセッション
日時:6/26土曜日 10:00~18:00頃
場所:名古屋市 スタジオウーヌス
参加費:14.000円
ファシリテーター:マルガ
当日は簡単なランチを用意します。

お問い合わせ・お申し込みは、
CONTACT
または
ウーヌスお問い合わせフォーム

したいことは難しく感じる

わたしにとって、
表現することが簡単なことだったら、
ブログは書かなかっただろうし、
そもそも自分という存在を探求しなかったんじゃないかとおもう。


表現することが、 わたしにとって、
とても難しくて、ものすごくしたいことだった。
したいことだから、どうでもいいと思えない、そのテンションが難しさをうむ。
その難しさが探究へみちびく。


言葉は同じ言葉でもそれを使う人によって意味が異なる。

だから、わたしのいう「表現」は他の人のなにという言葉になるのかわからない。
そして表現という言葉があなたにとって、どうゆう意味なのか、わたしは知らない。
もしかしたらあなた自身はそんなこと考えたことがないかもしれない。


わたしたちは頭をグルグルさせて考え事をするのは得意なのだけど、
自分だけの事典を持ってる人は少ない。
それを創るよりも、グーグルやどこかの先生に尋ねた方が速いあるいは正確だと思ってる。


わたしたちはひとりひとり賢くならないといけない、わたしはそう思ってる。
智恵があれば、選択はクリアで簡単になる。
失敗と成功の恐怖と誘惑にまどわされることは少なくなる。
そしてその選択はすべての存在にとっての最善を見つける。


あとひとり参加できます。
詳細 6/26 表現アートーpath of lifeグループセッション

パスオブライフ グループセッション

日時:6/26土曜日 10:00~18:00頃
場所:名古屋市 スタジオウーヌス
参加費:14.000円
ファシリテーター:マルガ
当日は簡単なランチを用意します。

お問い合わせ・お申し込みは、
CONTACT
または
ウーヌスお問い合わせフォーム