そのままーくつろぎ

寛ぎというのは、人が存在している時の状態だとおもう。
元々の、自然な姿として。
ただ在ること、在りのまま、それは必ず寛ぎがある。
存在と寛ぎというのは切り離せない。
寛ぎはわたしたち本来の自然な状態。赤ちゃんみたいに。

けど、成長していく過程で、わたしたちは寛ぐことがなかなかできなくなった。
寛ぐってなんだっけ?どうするんだった? わたしってだれ?
寛ごうとすればするほど、どんどん固くなる。
知ろうとすればするほど、わからなくなる。

内からの自然な欲求、外からの要求。
そのバランスがどんどん傾いていく。
いつのまにか、外からの要求にこたえることが当たり前で、
もしかしたらその方が楽ちんとまで思うようになったりして。
そうしているうちに内からの欲求が、よくわからない。
そんなふうに、寛ぎから自分から離れていくのかなとおもう。

けども、寛ぎはわたしたちの本来の状態なのであれば、
そこへ戻ろうとするはず。
ほんとはむっちゃ簡単だ、寛ぐって。
ただ力を抜けばいい。
もし力が抜けないなら、今よりもっともっと力を入れてみる。
それでパッと力を落とせば、あら簡単、寛ぎがやってくる。

緊張に気づいてみて。
自分がなんとかしなきゃとコントロールしてることに。
だれかになろうとしてることに。

小さな欲求にこたえてみて。
ほんのちょっとのことに。
小さいことを小さいと見ないで。

そして、寛ごうとせずに、今のリアルな自分をただ感じてみる。
そう、わたしのまま、そのままでいいんだった。


ニュートラルなタッチ 2/5.6開催します。

2022年2月5日(土)午前11時〜午後6時
2022年2月6日(日)午前10時〜午後5時
場所:スタジオウーヌス 名古屋市内

寛ぐこととは、
自分の欲求を大切にすることとは、
自分と人との双方の欲求を満たすこととは、

セラピストやボディワーカー
自分を知りたい方、自分を表現したい方、
セラピストになりたい方、
人との関係性に難しさを感じている方、

みんなで集まり、分かち合い体験するフィールド。


詳細は
http://www.banyantree8.com/blog/2022/01/2022-1511548.html


問い合わせ・申込:CONTACT

ときどき軌道修正

わたしの言葉はちゃんと表せているだろうか。
とふと疑問が湧いた。

わたしは表現することをひと言ずつひとつずつ大切にしているかなって。
表せてない、内側のものを感じたままにそのまま表せていない、
そうゆう思いがどこかで感じたから、そんな疑問がでたのだと思う。

なるべくソフトに、だれかの気に障らないように、誤解を受けないようにと、
いつの間にか、人の目を気にしていたことに気づく。

こうやって少しずつ、わたしがわたしじゃなくなっていく。
たった一言、これぐらい、そうやって人は自分自身をだましていく。

それがいやで、ここまで来たのに。
人の目って、だれやねんって思うのに。
けど、こうやって時々軌道修正がいる。


表現する時、必ずだれかがいる。受けとってくれるだれか。
その時、どんな反応が起こるかはわからない。
自分が感じたことを共感してもらえたらすごくうれしい。
思ってもないように受け取られて痛い時もある。

ひとりでは起こらないもの。
そうだからこそ、表現することはこんなにもおもしろいんだとおもう。
わたしたちは人とのつながりがあって豊かさをあじわえる。

生きることは、いのちの表現。
さあ、また今日から気持ち新たにはじめよう。




12/11.12 ニュートラルなタッチ@ウーヌス 開催します。

『ニュートラルなタッチ』では、外側に向けられていた意識を私たち自身に戻します。
自分自身に起こっていることに気づきます。
頭に集中していたエネルギーを身体に向けます。
エネルギーが身体に戻ると、私たちは、今ここに、寛ぎ始めます。

問い合わせはコンタクトより

妄想から出る方法

こないだ、久しぶりにたくさん歩いた。
動かすと、身体は元気になっていくのがわかる。
そして身体が元気になると、心もすこやか、考え方も健全。

当たり前のように聞こえるけれど、
そして多分みんなそれを知ってるけど、
そうしない。


自分の足を引っ張るのは、自分以外にいないと言うけれど、
その引っ張るエネルギーは結構な力でやってくる。
実際に起こってる、という錯覚におちいるみたいに。


その時、五感につながることはそこから抜けることをたすける。
目を開けて、今、目の前にある物、人をしっかり見るといい。
匂いを嗅いで、耳を澄ます。

そして、錯覚だと「気づく」存在が必要。
だから人は瞑想をする。

12/6.12 12/11.12
ニュートラルなタッチ、セミナー1

http://www.banyantree8.com/blog/2021/11/1261112-1510238.html
(スタジオウーヌス ぎりのブログ)
職業に関係なく、人と関わる人ーつまりわたしたち皆にとって、
内と外のコミュニケーションの変化のきっかけになる2日間となると思います。


マルガの提供するセッション
path of lifeセッション

問い合わせはcontactより

小さいことは大きい

些細なこと、すごく小さいこと、が実はとても大きな負荷がかかってる。

すごく久しぶりにトゲが刺さった。はじめは気が付かなくて、なんか少し痛い。
けど、靴下を脱ぐ、も一度履く、というのが面倒で、今やってることが優先で、 それで知らんぷりしていた。

でも薄くではあるけれど、少しの痛みというか違和感みたいなのが、その間もずっとある。
ずっと感じてるわけではないけど、なにかの拍子に出てくる。

で、夜になってお風呂の中で、足親指にささってるトゲを発見。
そりゃ痛いはずだ。あー、自分のやったことに反省。


さかむけとか口内炎とか、小さいことにみえることだけど、
ふとした時に、あっ痛っ、となるようなこと。
ちょっとした心配事、あれしなきゃってすぐできるようなことなのに気になってるのにやってないこと。
これがとても大きなトゲだとかすごく痛いとかならば、すぐになにかの手当てなりする。

けど小さなこと(と自分が思いこんでる)ってなぜかすぐに動かない。無意識に「これぐらい、大丈夫」とスルー。
こうゆうことって日常の中で起こりやすい。


ニュートラルなタッチやアクアフローティングのワークショップでも最初に必ず伝えることがある。
それは自分が心地いい環境、姿勢をつくること。
最大限に身体、体勢の寛ぎ、安全を自分で確保すること。
「まいっか、これぐらい」とやり過ごすと、それは必ずセッションに影響を与える。

自分の心地よさを見つけ、それを創ることは、土台。
普段、心地よさとか身体や感覚に意識を向けていないと、それを見つけることがとても難しい。


小さいこと、と思ってやり過ごしていることは、なにかを優先させているようにみえたり、効率がよいように思うかもしれないけど、実はそれが一番効率を悪くしてる。
その違和感に対する緊張のようなものにずーっとエネルギー(意識)が注がれているから。
小さな小さな穴から、すごく微量だけれども漏れているようなもの。
おしっこを我慢してるみたいな。

わたしがトゲをそうやって放っておいてる間、わたしの心地よさはない。
その間にやっていることのクオリティは寛いでいる時のそれとはやっぱりちがう。

だから面倒くさがらないってすごく大切。
小さなことにちゃんと目を向ける、これをするかしないかで人生は大きく変わるんだね。
小さきことに愛をそそぐ。



マルガの提供するセッション
path of lifeセッション 


問い合わせ・予約は CONTACT

ほんとはシンプル

今、セッションの中で、その時のテーマとなるものや、ふとやってみようと出てきた事柄を、色や粘土などを用いて表現してもらう機会が多くあります。


絵なんて描けない
自分には創造性がない
伝えるのが下手だから
コミュニケーションは感情をコントロールしないとうまくいかない


多くの人はいろんな思い込みをもってる。
その思い込みはその人にとっては事実だ。
それすら意識せず疑問にもせず、そうゆうもんだと信じ込んでることがある。


変化する、それは自分へもどっていくということで、
それはマインドには説明できないもの。
だから余計にひとは戸惑う。
自分が感じてることは間違ってる?


自分の感覚や感性を信じるのは、むずかくなってしまった。
一般的な教育を受けてきたわたしたちは、答えは外側にあると、さんざん矯正されてきた。
だから身体の欲求さえ間違いに思えて、どんどん感じられなくなって。
なんてこったい。 。


ほんとはなにもかもシンプルなのだ。








お誕生日にぎりがケーキをやいてくれた。
めっちゃめちゃおいしかった。
わたしをうみだしてくれた存在、つながっているすべてぜんぶ、本当にありがとうございます。




path of lifeセッション

問い合わせはCONTACTより

スタジオウーヌスHP

プロセスという祝福

しばらく名古屋から離れていて、戻ったのが3日前。
2週間ほど滞在した鎌倉では素晴らしいスペースをお借りすることができて、いろんな方に来ていただきました。そしてわたしたちのワークを他の方に紹介してくれた方もたくさんいてとても嬉しかったです。
すべての関わってくださったみなさん!ほんとにどうもありがとうございます!


今回のウーヌスのワークを受けてくださった方、その後はどんなふうに過ごしていますか?
海と触れ合うことで、なにかが動くこともあるかもしれません。
シェアしたくなった時は連絡くださいね。


わたしはみなさんとワークをシェアさせていただいて、その後別のグループに参加して、 ただいまプロセスの真っただ中!です。
さまざまな事が内側で起こっています。
自分のある部分は心地悪く、ある部分はプロセスを歓迎してよろこんでいます。


そうゆう時、わたしができること。
身体のしたいように起こりたいように。
1日に自分のためにひとつはなにか決めて実行する。


プロセス中というのは、心地わるいと感じることも多いけど、ギフトだなーとおもうんです。
自分を責めることもあるけれど、自分自身を愛おしいと感じる瞬間も多くある。
自分を愛おしいと感じる時って、人のことも同じように感じてる。

内側でなにかが起こっているときは、いろいろなものが濃くなる。
匂いも感情もさまざまな想いや考えも。
そうゆうことも祝福だなと。

なにが起こっても起こらなくても、今は間違えないのだとしたら、
安心して今にいよう。


愛と感謝をこめて


スタジオウーヌスHP

問い合わせ

海!自然はやっぱりすごいな。

スタジオウーヌスは鎌倉でオープンしています!

海、いいよー。是非お越しください、一緒に遊びましょう。
スタジオウーヌス@鎌倉スケジュール

昨日から、やっと鎌倉に、自分の身体に、着地したかんじがしています。
6月末から忙しい時間を過ごしていて、
今、海という自然のそばにいて、 その忙しかった時間で起こっていたけれど、
気づいていなかった身体や心のこわばりみたいなものを感じています。
とても緊張していたんだな。
自然に入ると、こんなことが簡単に起こる。自然は不自然さをうきぼりにする。

サーファーや毎日海辺を歩いているだろう人―海と共に暮らしている人たちを見ていると、
日常で自然と接することがあまりない都会で暮らしている人たちとの身体のちがいを感じます。

身体がしっかりしてる。漠然としてるけど、そう感じます。
しっかりと輪郭があるし、とても美しい。


自然って気持ちいいばかりじゃないですよね。危険も共にある。
海に入るとそれがしっかりと思い出せる。
生きてるなーって感じる。自分のいのちをしっかりと感じる。
危険だからと入らない人もいる。入る人もいる。


アクアフローティングを久しぶりにシェアして、このワークのすばらしさを改めて実感してる。
ほんとにすごい。
このワークをうみだしてくれてありがとう。
このワークに関われて、ほんとにしあわせです。
共に分かち合えるみんなのおかげです。


みんなに体験してもらえるイベントを用意しています。
是非、きてください。
スタジオウーヌス@鎌倉 スケジュール


申込・問い合わせは、
マルガプレムドットコム問い合わせフォーム
あるいは、
スタジオウーヌス問い合わせフォーム
あるいは、
TEL052-833-1623 (携帯へ転送されます)

調和 ハーモニーとは

キャンセルが出たので、あとひとり参加できます。
6/26 path of lifeグループセッションー表現アート

この日にみんなで体験するワークのひとつのテーマが、
調和 ハーモニー

色をつかって、身体をつかって、
あなたの中の調和を知る。

まずは、調和と聞いてどんなふうに感じるだろう?
それぞれのイメージがあるのではないでしょうか。

調和というと、多くの人がもつ固定観念があるように思う。
その観念をみてみると、そして身体で体験したら、
もしかしたら今までとはちがった、調和を知るかもしれません。


自分の内側にすべてある、というけれど、
でもそれを知るには、だれかの存在がいる。
ひとりでは見つけられないものってたくさんあるから。


自分のもつ観念、思い込みに気づいて、
自分がそれに実は縛られていたんだ、
自分自身をそれで縛っていたんだとわかると、
ほんとに自由を感じる。
実際に身体が軽くなる。
おもしろい、マインドも感情も身体もつながってる。


パスオブライフ グループセッション
日時:6/26土曜日 10:00~18:00頃
場所:名古屋市 スタジオウーヌス
参加費:14.000円
ファシリテーター:マルガ
当日は簡単なランチを用意します。

お問い合わせ・お申し込みは、
CONTACT
または
ウーヌスお問い合わせフォーム

There is nothing like you

6/26 表現アート path of lifeグループセッション開催
お一人、参加可能です。



There is nothing like you
There was nothing like you
And there shall be nothing like you

あなたのような人はいません
あなたのような人は過去にもいませんでした
あなたのような人は今後も存在しません




あなたはあなたでしかありません。

そう聞くと、どんな感じがするでしょう。
ほっとするのか、悲嘆なのか、よろこびなのか、痛みなのか。

大きく見せることも、
小さくふるまうことも、
別人にみせかけることも、
やりたければやりましょう。



それはいやだ
もううんざり
どんな小さな声でも、
あなたには聴こえている、
聴こえてなくても届いているでしょ?


もうそれはいやだというなら、
怒りを感じることをゆるし、
いままでの悲しみを感じ、
怖れと共に、
勇気の松明を思い出し、
あなたがあなたであることの歓びを、表現しよう。



パスオブライフ グループセッション
日時:6/26土曜日 10:00~18:00頃
場所:名古屋市 スタジオウーヌス
参加費:14.000円
ファシリテーター:マルガ

当日は簡単なランチを用意します。

お問い合わせ・お申し込みは、
CONTACT
または
ウーヌスお問い合わせフォーム

コロコロと変わる

おもしろいほどアクシデントがいくつも重なって、
父のお墓参りに最寄りの駅から一人で歩いて行くことになった。

いや、けど、おもしろくもなんともない。
太陽ギンギンの元、起こったアクシデントにめっちゃ怒りながら文句ぶつくさ言いながら歩きはじめた。

多分10年以上、歩いて行ったことがない。
最寄りの駅からお墓まで歩いて50分ほど、たどり着くまでに何か所も急な坂がある。


歩いているうちにだんだんと機嫌が直ってくる。
身体を動かすのって精神にすごくいいのだなと実感しながら。
坂道は息が上がるのだけど、身体にも気が巡ってきて、とにかく気持ちいい。気分がよい。
機嫌は完全に直り、楽しい。

50分の道のりが身体を元気にしてマインドを鎮めてくれた。
平日の昼間の墓地はだれもいなくて、場も自分も静かで。
いつもと異なる特別な時間に思えた。

わたしの気分はいつもこうやってコロコロ変わる。
気分が景色だとしたら、いろんな景色が現れる。

その景色の移り変わりがとても美しい一日だったな。


6/26 表現アート path of lifeグループセッション

パスオブライフ グループセッション
日時:6/26土曜日 10:00~18:00頃
場所:名古屋市 スタジオウーヌス
参加費:14.000円
ファシリテーター:マルガ
当日は簡単なランチを用意します。

スタジオウーヌスHP

予約・問い合わせは CONTACT