食べる姿からみえるもの

ハロー、マルガです。


この写真は「聖者たちの食卓」より。



食卓ー食べること、生きること
http://www.banyantree8.com/blog/2019/12/post-1584-1482643.html
ギリのこの記事を読んだらインスパイアされて、わたしも食べることについて書きたくなった。
食べるについては、いろいろと感じることがあるけれど、今回のトピックはこれ。


ひとが食べてる姿を見るのが好き。しあわせ感じませんか?
いつでも、だれのも、というわけではないけど、少なくとも汚い食べ方・キレイに食べるとか、そういった判断ではこのことはじゃまされない。



わたしは躾というものをたくさん受けて育った。
出自や、母親のコンプレックス、考え方やいろんなことから、母の日本社会への恐怖と子供への愛情がそんな形として出てたんだとおもう。
とにかくまぁなにからなにまで、躾という名の「こうゆうかたちが正解です」を身につけさせようと。


その躾は、食べる場面においてのこともたくさん含まれていた。
食べてはいけないものが多くあった。食べ方についても行儀良さを求められた。そして母の努力とわたしの努力で、わたしは「キレイな食べ方」ができるようになっていった。


躾とは
行儀が良い
育ちが良い
他者から良い評価を得ている
そうゆうものを得るためにしているなら、それは大変つらい。


食べ方さえも、自由を奪われる、他者の視線を気にしないといけない、ってどんだけ重症やねん、と思いません?


ひとのことをよく見てます、わたし。自分がそうしているとは知らなくて、言われて気づいた。よく見てるねーって。そうか、よく見てるんか。けど、ひとに興味なかったらこの仕事はしてないよな。マルガってほんとにひとが好きだね、とも言われたな。



食べ方ってそのひととなりが表れる。ぱっとした見た目もそのひとのある部分は見えるんだけど、食べるってもちょっと濃いっていうか。そのままが見えるし装ってることもわかる。


けどそんなことよりわたしが感じるのは尊さ。みんな一生懸命生きてるよなってしっかり感じられるの。ああ、そうだったみんながそれぞれの人生を生きてるって改めて思いだす。命は美しいってことをリアルに感じられる。それが食べてる場。その時の自分はまちがいなくあたたかい。人間のもつ善良さと深くつながってる。感謝があふれてくる。


食べるってなんて奥深いんだろう。こうやって書いててもいろんな方向に枝が伸びるみたいに、あっちもこっちもでてくる。
なにを書いたら、どこを書いたらいいのか、わたしはなんて大変なことを書きだしてしまったんや・・って思ってる。食べるって本能だし生きることだし命をつくってることだしね。


★★★つながるセッション

スタジオウーヌス

予約はここから

愛って叫んでもいい

昨日、友人が来て、今彼女が学んでることの練習として、セッションを受けた。





わたしは愛の交流をする

このために生きてるんだってことだった。

なんていうのかな、あまりにするっと身体からでてきたもんやから拍子抜けっていうのか、どこかで使い古されたようなかんじもするし、マインドがもっとすごいもん出せよみたいな欲求もあり、その時はまぁねーってかんじで。


で、友人が帰り、

それもまたさらっと、

それ、わたしずっとやってるやん、って。

セッションでも、メール送るときでも、ごはんつくってても。

あ、わたしは生きたいように、魂の願うままに、今いるんだ。

それを知った。

泣けてくる。

でもね、気づいたときは、ずっと解きたくていつもいつも探してた難しいクイズの答えが実はすでに知ってたみたいな拍子抜けしたかんじで。



新しい出会いではないけど、最近離れててすごく久しぶりに会ったような感覚で、でもそれは新たな出会いで。なぜならわたしが前とはちがうから。 わたしたちは何度もそうゆう出会いを体験してる。理解するってそうゆう出会いのようなものだと感じる。円ではなくて螺旋。まだクリアしてなかったか、まだ知らなかったのか、ではなく、深く高く広く理解が起こってるの。






愛って言葉、ずっと使いづらかった、今も。

言うのも書くのも。出そうとすると一瞬ひるむというか迷うというか。おまえなんかがそんなこと言っていいのーー?って声がどこかからきこえて。


いいの。いいんですよ、愛って言っても書いても叫んでも。

もぞもぞしたって、言葉にひるんだとしても。

おまえなんかでも、あんなヤツなんかでも。

だって、本当のことだから。愛なんだから。

出せない言葉ほど、本当はわたしたちは出したい言葉なんじゃない?

怒鳴ってる言葉の奥にある想いみたいに。

その想いの言葉を出していきたい、そしてだれかのその想いの言葉の存在を知ってあげれるといいなっておもう。


★★★マルガのセッションはこちら。

★予約、問い合わせはこちら。

伝えたいものは

はろー、マルガです。


20代のころ、めっちゃ好きになった人がいてね。それまでのわたしだったら信じられないくらいに一生懸命に自分の想いを伝えてた。


その人は遠く離れたところに暮らしてた。そう、これはスマホもスカイプもなかった頃の話でございます。


そんなに頻繁に会いに行くことができなくて、相手となにか約束をしたわけでも、言葉で確認しあったわけでもなかった。
それは不安だったけど、それよりもその人が好きということが、わたしにとって大事なことだった。



仕事の帰り、コインをたくさん用意して、ゆっくりと話せる国際電話のできる公衆電話によく行った。

たくさん用意したわりには、長く話せないときもしょっちゅうあって、がっくりしたり、楽しい会話をしたあとはルンルンだったし。

彼の生活の中に別の女性が登場したりして、それは悲しいんだけど、そこまで気持ちが大変になることはなかった。それよりも、わたしと彼との間で起こることにはめちゃくちゃ揺さぶられてた。一喜一憂。



手紙もよく書いた。

わたしはある時から、当たり障りのないことを書くのをやめた。きっかけはなんだったか忘れたけど、わたしの想いをちゃんと手紙にのせて送ろうって思ったんよね。

それは好きという気持ちももちろんそうだけど、ここにあなたを大切におもってる、あなたがしあわせでいることを望んでる人がいるからね!って伝えたかった。人を信用できない彼にわたしを信じてと言うことはできなかったけど、その代わりというのか、わたしはあなたがいてくれて本当に嬉しい、あなたはわたしに愛されています、ということ。


ダイレクトな表現もあれば、そうでないものもあったとおもう。けど、わたしはど真ん中にある想いをいつも手紙にのせた。




相手がそれを受けとるかどうか、どんなふうに受けとるのか、照れくささ、嫌われたらどうしよう・・

人とのコミュニケーションでは、今まで経験した痛み、怖れが出てくる。それらがそのままのそれを表現させないようにするけど、本当のことを伝えよう、とそう感じる。




あの時のわたしは人との関わりで起こった痛みを持っていなかったわけじゃない。けど痛みにごまかされないほどのものがあったんだとおもう。愛とか情熱とか真っ直ぐな気持ちとか、どんな言葉で表すかは今はあまり重要には感じなないけど。ただ、そのものたちはわたしのエッセンスで、忘れていたとしても無くならない。こうやって20年以上前の物語を書いたことで再びつながりなおす。



今、人生の切り替わりにいる。これ読んでるひとの中にもいるかな。ここに書いたことを思いだしたのは、今日ブログを書こうとしてふとなんだけど。


ブログでこうやって言葉で表現することの意図というか、なんでわたしは書いてんのかなーってしばらくずっとわからなくなってて、当たり障りのないことをいつの間にか書いて、するとほんとに書くことが面白くなくて、書くことから逃げはじめて。書くことだけじゃなくて、なんで生きてんのかなー、いつの間にか気づかんうちに生きてるふりしてたのかもしれないということにも気づき。そうしたら、思わぬ場所で人生について問いかけられ。なんで生かされてる?



あの頃彼に送った手紙の一通が、彼だけじゃなく他の人の人生にも大きく影響してたことをずっと後になって知ったことを、今朝ふと思い出した。

で、そこからあの時の自分を思い出したんだよね。

ああ、あの時のわたしは本気で人に話しかけてたなって。人と付き合うのがへたくそで失敗ばっかりしてたけど、真っ直ぐにそのままを、愛を伝えてたな。


わたしの原点。



わたしはここで愛する人に話しかけよう。仲間に語りかけよう。







★マルガのセッション


★スタジオウーヌスのページ



息してる



身体につながる、より感じていくのに、呼吸をみていくのはとてもいいとおもう。



身体で今起こっているその呼吸、

その自分の呼吸にゆっくりと意識をむけていきます



いま起こってるそのままの呼吸、

その呼吸を感じて。




身体に触れるセッションをするときは、マッサージテーブルに横になっているクライアントへこんなふうなかんじで声をかけていきます。





声をかける言葉はその時によるし、内容も変わるけれど、多くの方に呼吸に意識を向けてもらうのは、自分の生命を感じてほしいなとおもっているから。





わたしたちはいろんな思い込みを本当にたくさん持っているなぁと感じるけど、それは呼吸に関してもいろいろとある。




それらの思い込みにすべて気づかないといけないってゆうのではなくて、
ただ自分の呼吸をそのまま感じるだけで、身体に変化が起こる。



なんにも難しいことはない。たいそうなテクニックもいらない。そのままの呼吸を感じてみる。




やってみて。



セッションではとてもシンプルだけど、しっかり自分自身とつながることを身体で覚えていきます。






★マルガのセッション


★スタジオウーヌスのページ


問い合わせ先はこちら。

約束した日

このひと月ほど、あることをずっと迷ってて。決めきれないことがあった。



実際にはすぐに自分のこたえは出てたけど、
あれやこれやをどうしたらいいのか、あれがこれが気に入らないと、決めれなかった。




さまざまな感情、マインドの声、すっかりとのみ込まれ。
いろんな記憶が出てきて、クリーニングもたくさんした。

そしてその大騒ぎしてる後ろに、静かな信頼があった。

けどわたしは感情の中でぐずぐずしてたかった。感情におぼれるのは蜜をあじわってるようでもあるから。そこを通過することでそのままの感情をわたしは安心して感じれるようになるのかもしれない。



そして、今朝、決めた。


もうこのままぐずぐずのまま・・重たい身体と心のままでいるんかな・・とか、好きで溺れてることも忘れ、夜中に目を覚ましたりしてぐらんぐらんと揺れてたけど。けど。


決めたのよ。

その時がやっとやってきた。


ぎゅーって握ってた力のはいった手。

その力がゆるんだのよ。

手放すって大変だね。決めたからって完全にゼロになるまで手放したわけじゃない。けど強く握ってた手をほんの少しでもゆるめること、それはやった人にしかわからない。それは無理矢理にはできない。自分への忍耐と大きな勇気のいること。愛がないと起こらない。

これからもプロセスは続いていく。完璧なゼロを求める自分も、これから起こることも、受け入れていく。受け入れられない時も。また大暴れがきてもわたしはわたしをやる。わたしはわたしをゆるしていく。そんな大きな大きな一歩。

いまめっちゃ軽やか。ハラが決まった。身体も気持ちいい。世界の美しさがもどってきたよ。


おつかれさん!




もうだいじょうぶ。


今日は約束の日。自分と約束して、存在に宣言した。



決めただけ。

のだけど、なんて晴れやかなんでしょう。



さあ、生きよ。新しい世界。



☆マルガのセッション

☆スタジオウーヌスのページ

表現はさまざま

今朝、母の心配性のことを突然思い出した。

わたしたち兄妹に向ける心配。

「大丈夫?」

確認というより疑いのかんじで尋ねてくるように感じるそれ。

ほんとにきらいだった。

ほっとける時もあるけど、うっとおしくて仕方ないこともある。

今朝、その母の心配は母の愛なんやなとおもった。

心配するのは愛じゃない、というひともいる。



けど、今朝わかった。

母の心配は母のわたしたちへの愛なんやと。

その表現方法がわたしが気に入らなかっただけ。

別の方法でやってくれ、別のかたちの愛をくれ、わたしはそう言ってたんやな。

そうだ、わたしは母以外からもそうやって自分の気に入る方法でだけ気に入ったものだけを受け取ろうとしてた。

そんな理解が起こり、自分に起こった出来事や感じてたことなどいろんなものがつながったようなかんじがした。

いままで受け取らなかったものたちが実はずっとどこかで待機していて、それが今朝わたしの元へやってきたような、そんな感覚だった。

身体の緊張がぬけて、力がわいてくるような。

こんなふうに人はさまざまなコントロールをして身体を緊張させてるのね。

わたしは母のそのままの愛を受けとろう。いつもずっとあった愛をしっかりとあびて存分にあじわおう。


いままでにも同じような理解をしてきた。何度も何度もこうやって理解を重ねていくんだろうなっておもう。

森があった

ウーヌスの裏には森があった。


大きな敷地にたくさんの木が茂っていて、毎日毎日、葉っぱの音と鳥がたくさん歌ってた。その敷地の真ん中あたりにお家が建っていたけど、見えない。それほどの木。


都会にこんな場所があるなんて。

来る人たちはみんな驚いて喜んだ。



そして誰よりもわたしたちはこの場所が大好きだった。

いつもこの森から滋養を得ていた。





いま、森はなくなった。

マンション建設中。


ほとんどの木は切られた。

わたしは森がつぶされていくことに、木が切られることに心が痛くてしょっちゅう泣いた。

ありがとう

ごめんなさい

ゆるしてください

あいしています





愚かなことを目の前にすると、もっともっと賢くなりたいっておもう。

わたしの中に眠ってる知恵がまだあるはず。

急がないと、とおもってしまう。





目の前のことに、嘆くだけじゃなくて怒るだけじゃなくて、見ないふり感じてないかのようにふるまうんじゃなく、実際に自分ができることをする。



わたしのしあわせが、だれかの、すべての存在の、世界の、宇宙のしあわせでありますように。

スタジオウーヌス

あなた自身とつながるセッション

パリ

去年、はじめてパリに行った。

 

 

目的地、行きたいところは別のところで、パリは経由地というぐらいのかんじ。

 

だったけど、パリに惚れた。

 

 

たまらなくいいところだった。

 

なにがって?

 

挙げればいろいろあるけど、それらがよかったから惚れたんじゃなくて。

 

今までも、惚れた人、物って、惚れた理由ってないよ。

 

もう、ただ、好き。いい。

 

魂が喜こんでた。

 

パリの町をただ歩いているだけで、しあわせ。

 

そんな場所ははじめて。

 

 

ノートルダム大聖堂に着いた途端、鐘が鳴りだした。

何分ぐらいだったか、すぐ鳴り止むことなく、鳴り響く鐘。大歓迎してもらってうれしかった。

 

今年も行こうと計画中。

 

 

つながるセッション

 

スタジオウーヌス

 

いろんな表れ方

創造すること

表現すること

受け身の中で起こるこれらの話。

 

好きって感じる絵や言葉や、動き、わたしが心動かされるものって、なにかしら神聖さのようなものがある。この神聖さっていうのは、清いってことではないよ。いまは他の言葉が見つからないけど、混沌にも神聖さがあるから。その表現者のパーソナリティだけではない本質が見える創造、表現。そこには何者かが加担してる。存在とか宇宙とか神さまと呼ぶような。

 

自分を明け渡す、チャネルになる、空っぽになったところにエネルギーがやってきて、受容の器である表現者を通して創造、表現がうまれる。

 

今日はそうゆう表現についてインスピレーションを感じた日でした。

それはほんと?

今年の1月から覚醒のフィールドのトレーニングをしています。

わたしはオーガナイザーでそして参加者でもある。

めっちゃ楽しいの。

ほんとにすごくいい時間。

このプロセスは来年の春まで続く。

 

 

自分の感覚を信じられないという人いる。結構多い。

わたしは視えてないし、なにも感じるタイプじゃないんです、

というようなことを言う。

 

まじで言うてるのか?謙遜なのか?

まじでそうゆうふうに自分を思ってる人で、

感性を磨きたい、感覚が鋭くなりたいと感じているなら、

最初にすることは、自分が感じていることを受けいれること。

どんなちっちゃなことでもそれに気づく。それを捨ててしまわない。

 

エネルギーワークでもなにかのセッション受けたときでも、

自分の身体や感情や、そのときふと思い出した以前の出来事、どんなものでも、

たまたま、気のせい、で消さない。

 

なにかしら出てきたものを無視することも、

その出てきたものに執着して理由をつけることもしません。

そのまま、起こったことそのまま気づく。

自分が感じたことを、自分で認める。

なにも感じなかったら、感じなかったわと気づく。

 

起こってることをとらえるのに慣れてないだけ。

こんなふうに感じるらしい、こうゆう起こり方するらしい、と固定してるだけ。

わたしはなにも感じないから、って決めつけてるだけ。

 

もし感性を豊かにしたい、けど、自分は今はできていない、

って思い込んでるひとがいたら、やってみて。

感じたことを見つけられたら、褒めてね、自分で。

 

セッションやグループに参加したひとで、こうゆうこと言うひとたくさん会ったけど、ワークがすすんでいくと、みんな本当に活き活きと感じてることシェアしだすよ。感じ方って本当にそれぞれ。それが個性のひとつ。美しいな。

 

わたしは、感じる力みたいなものを育てるのはすっごくいいと感じてる。

わたし自身もそうやって育ててきて、今もそれは続けてる。

ほんとに好きなのよ。感じるということが。

 

で、なんでいいのかっていうと、

それは、

自分で、

体験して!

感じて!

知ってちょ!

 

 

マルガのつながるセッションは、

あなたの感じる力が育つこと、あなたの美しさに気づくことをサポートします。

すでにあるそのお宝を目覚めさせ、あなた自身のいのちを謳歌してください!

 

つながるセッション

 

マルガ