ビリーブ・トリハダ

自分はチャレンジャーだとおもう。なにかに挑むみたいなことが好きなんだよなとおもう。ボディを持った時点でみんながチャレンジャーだけど、それでもさまざまなひとがいていろんな質を持っていて、チャレンジとか熱さとか情熱とかに興味がわかないというか、人生にその要素が不要なひともいれば、それらがリソースであるひともいる。なにかを追い求めるのがチャレンジャーではなく、その熱と共にいなきゃ生きてない、という性(さが)といのか、魂と肉体両方からくるものだって感じる。それをうまくつかえたらいいなとおもう。チャレンジを間違えてつかうとただ意固地になってしまうから。

その熱を呼び覚まされるときの感覚がある。それが鳥肌。ビリーブザ鳥肌!と昔だれかが言ってた(たぶん高橋歩)んだけど、めっちゃ同感。鳥肌を信頼してる。魂がふるえた瞬間、身体がばっと泡立つ。細胞が瞬間で起き上がったみたいな。すごくない?どんだけのエナジーが起こったんだ。魂のサイン。


生きてる中で鳥肌がどれだけ起こるのか、どれだけ感動するのかってことが、生きてる醍醐味でもあり、それを体験するためにこの肉体にきたんだ。自分で起こせるものではないし、期待すると遠ざかっていく。思いもよらないときに起こるもの。

鳥肌、感動、それは美しさにふれたということなんだよね、わたしにとって。セッションも講座もグループも美しさに出会う場所、その存在の美しさにふれたくて。

自分の美しさを思い出せ、そして世界へ差し出せ



緊張、それは自分ではないものであり今の自分には必要ないもの。リラクゼーションを体験することで、自分ではないもの、その膜や殻を自然に無理なく落ちていくでしょう。身体、マインド、意識、感覚をツールとしてみんなで探究していきましょう。

関連記事
★3月7日連続講座スタート
★究極のくつろぎ
★マルガのオリジナルセッション つながるセッション

3月7日土曜 3回連続講座 第1回目テーマ 「リラクゼーション」

2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ


予約・問い合わせ先
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)

または
info@@margaprem.com @をひとつ取って送信願います。
(お名前、電話番号を記入してください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です