おもいでばなし

★3月7日 連続講座スタート!
自分自身のギフトを生きるために。
毎回のテーマからしっかりと自分とつながっていきます。
第1回目 テーマは「リラクゼーション」
詳細はこちら
3月7日連続講座開催!


今日は朝思い出したことがある。20年ほど前の話。
すごくしんどい時間を過ごしていたことがある。
息をするのも大変な時期が過ぎて、少しづつ生活が送れるようになってきた。誰とも連絡をとらずに過ごしていたけど、久しぶりに学生時代の友人にメールをした。
わたしのいいとこってどんなとこ?と。言葉はちがうけど、ヘルプミーってその時のわたしは言ってたんだと思う。
久しぶりに届いたメールがそんな内容で友人は驚いたかもしれない。けど、どうした?とも尋ねずに、彼女が感じるわたしのいいところ好きなところをたくさん書いて送ってきてくれた。ほんとにめっちゃたくさん書いてくれてて、ありがたくて泣いたなぁ。その言葉にたすけてもらった。というより、その友人の愛にわたしはたすけられた。
どこかの場面でだれかのおかげさまにてここにいてる。
今朝、しっとりソフトなエネルギーが流れてた朝に思い出したこと。リラクゼーションのことを書こうと思っていたら、こんな話に。






★★★3月7日連続講座ー自分のギフトとつながる
2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
第1回目テーマ 「リラクゼーション」
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ

詳細はこちら

★★予約、問い合わせは
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP内)

苦手はまぼろし


苦手なものある?わたしはある。
もしいろんな人と比べるとしたら、他の人より苦手なことは多い方かもしれない。

小さいころ母がよく言ってた。
あんた、苦手なもんだらけで大変やねーって、イヤミもふくめ、笑
いや、けど、ほんまよね。


苦手なものってマインドの言い訳なんだなーってわかったの。怖がる担当のマインドの逃げ方のひとつなんだって。
みんなは既に知っていたかしら・・。わたしは今回とっても腑に落ちたの。

あれも苦手、これも苦手、言ってる本人はそれをおかしなことと思ってないし、好みがあって当然って思ってる。

けども、その苦手の中のほとんどが頭・マインドの作り上げたもので、実際には苦手とわかるほど体験してないの。そのものを知らないで言ってる。はなから決めつけてる。簡単にいうと、それは思い込みです。

その苦手を本気にとってしまうと、どんどん狭いところに自分を追い込んでいく。苦手なものだらけで世界は生きづらい。

苦手と好み・好き嫌いはちがう、それらは分ける。これらをごっちゃにすると本能がおかしくなってしまう。
好き嫌いという本能的なものは大事。本能、動物的な感覚なんだろうと。
それが感じられなくなると、動物であれば本来なら食べてはいけないものを食べてしまうとか、テリトリーがわからなくなるとか起こる。それは生きる死ぬのこと。

したいことがわからない、という人が多いって聞く。ウーヌスのクライアントの中にはそうゆうことを言う人がほとんどいないからわたしは実感がないんやけど、もし本当にしたいことがわからなくて悩んでる人がいるなら、この本能という所から見ると、それはそのひとにとって大きいことだろうっておもう。生死のことだから。でも、その人たちの中には、本当はでっかい夢があって、それは難しいって決めつけてるのだとしたら?それこそマインドの声だからって気づけたらいいね。したいことあるやんって話。したいことって遠くにあると思ってて実はもう今ここで自分を生きてたわってのもあるだろうし。


自分の「苦手」を見直してみるとってもいい機会だった。
わたしから苦手がどんどん無くなっていく・・!あれもこれもまぼろしでしたわ。



★3月7日土曜日 ワークショップを開催します!
「ギフトを生きる」ための3回連続のグループ。
第1回目は「リラクゼーションー等身大の自分にホッとする」
詳細はこちら

2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ


★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション



すべての予約、問い合わせは、
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)
または
info@@margaprem.com
(@をひとつ抜いて、名前、電話番号、内容を記入して送信してください)

3月7日連続講座スタート!

3月7日土曜日、連続講座を開催します!

この日は1回目。このグループは3回連続シリーズです。
一回毎にそれぞれのテーマをもっています。
3回の一つ一つのプロセスを経ていくことは、あなた自身と深くつながるプロセスとなるでしょう。


このグループにある意図は、自分のギフトを生きる。

この意図はこのグループだけでなくセッションにおいても、すべてに共通しているのですが、多くの人が自分のギフトを生きたいと渇望を感じているんじゃないでしょうか。わたしもそのひとりです。
その自分だけの色と言えるギフトを知り、生きる。

さあ、その意図をサポートするテーマたち。

第1回目のテーマは「リラクゼーション」

きっと、リラックス、くつろぐと聞いてもそれほど魅力を感じる言葉ではないでしょう。でもこのプロセスは外せない。とーっても大事。


ポテンシャル(潜在性。可能性)が発揮されるのは、リラックスしてるときだとか。実際、マスターや賢人はリラックスしてるようにみえます。


例えていうと、まずはそのあなたに必要のない力を抜く必要があるでしょう。その必要のない力とは、緊張、思い込みやエゴ、親の期待。これらはマインドの緊張。
それらに気づいて、手を放す。レットゴー。
言葉を変えると、諦め、降参ともいえるかもしれない。


身体でいえば、多くのひとの身体はとても緊張している。それが長い間続くと、その緊張があるのが通常の状態に。それに気づいていないひともいれば、どうやってその緊張を解いていいのかわからないひとも多くいる。

余計な力が入りすぎた身体に、ゆるめるためとマッサージを受けたり・触れられるとしても、そもそも身体に触れられること自体に抵抗を感じていれば、心身共に心地よくないし緊張は増すばかり。
身体が緊張しているのは、繊細さを護るために外側(他者)との接触を避けるためだとしたら・・。

瞑想の入り口は、今の状態を知ること。緊張に気づくことから。
そこからリラクゼーションが起こりはじめるでしょう。

この講座では、マインドと身体の両方のリラクゼーションを体験していきます。


等身大の自分、ありのまま、それらは、リラックスしてる自分とも言える。


いろんな説明をしましたがこんな説明よりもグループに参加して、リラクゼーションを体験したらきっとわかるでしょう。その気持ちよさが。




1回目の講座ではだれかに触れる触れられることはせず、まずは自分自身でリラクゼーションへいく助けをします。他者と出会い、触れ合うのはそれが起こったあとから。

ここで入っていくリラクゼーションは、身体とマインド両方とも、同時にリラックスしていくことをサポートします。

リラクゼーションを体験することであなたの日常は変化していくでしょう。



この講座は3回継続のグループ。
初回は、自分とつながるうえで最も大切で一番のベースと感じる「リラクゼーション」からスタート。
3回を通して、身体・マインド・意識・ハートとのつながりを感じていきます。


今のところ2回目以降の内容と予定に関しては、

2回目はよりフィジカルに身体と感情を探索していきます。香りをつかって自分にワークするかもしれません。
3回目はハート。フィジカルではなくエネルギーワークがいいような気がしています。
内容は、参加する方やその時の状態によって変化します。グループワークはみんなで創るスペースです。もちろんマルガは全面的にサポートしますが、みなさんもメンバーのひとりとしていらしてくださいね。

次回以降の予定は、1回目終了後に案内します。

3回連続がベストですが、1回完結のグループです、ウエルカム!



グループワークの素晴らしいところは、みんなでその場を創り、体験を分かち合うこと。ひとりでは味わえない、たどり着けないスペースへ仲間と行けるのだ。


普段の生活でマルガが実際にしていることや今までの学びやプラクティスの中でいいと感じてみなさんにもおすすめしたいことが、このワークショップの土台です。みなさんにシェアできるのが嬉しい。
共同創造、楽しみにしています。



2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ


予約・問い合わせ先
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)

または
info@@margaprem.com @をひとつ取って送信願います。
(お名前、電話番号を記入してください)


★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション

あれとこれを分ける

立春。あけましておめでとうございます。

ウーヌスの裏の敷地のマンション建設もほぼ終わり、鳥たちが戻ってきたのでうれしい。騒音生活、ほんとにしんどかったー。
今日の鳥たちの声は完全に春に入ったことを知ってた声だったな、体内の暦の精巧さ。


最近のわたしは、あれとこれをちゃんと分ける、ということをとっても大事にしてる。

いろんなことをごちゃまぜにしてたなぁって自分を含めいろんなひとの言動から気づく。ある種のトラップにはまってたかもってぐらい、そのパターンーごちゃまぜにすることーを無意識にしてることに気づくと、いまいる場所にしっかりいる感覚がする。冷静さをとりもどしたみたい。

こうなったのは(結果)、ああだったから(原因)。
例えば、こうなってしまったのは自分があの時ああやったからだとか。無意識に因果関係があるように思ってる。
良いことが起こっても悪いことが起こっても、こうなったのはああだから。
いろんなことは原因と結果の法則による。

ほんまかな?って、そのパターンのメガネ外してみたら、ほんまじゃないことがたくさんあった。なんでこれとそれをごちゃまぜにしてたんだろうって。

こうだった。ああだった。その両方がある。そのシンプルな事実にまず気づいてみると、見るべきものは見て、やるべきこともわかるようになる。
たぶんそれは責任が自分の元にあるから。
だれかの責任を自分が負わないし、自分の責任をだれかに負わせない。すると自分の本来のパワーが戻ってくる。

責任を負う、という言葉はとても重いなって思っていたんだけど、今はそうゆうふうには感じていない。
今は責任という言葉からは力・パワーと同じようなものを感じる。自由には責任がいるというけれど、自分の本来のパワーをつかうって責任がともなうし、そしてとても自由で喜びがあることなんだよね。


つながるセッションのテーマのひとつは力・パワー。
自分のパワーをそのままのまさにパワフルな状態を体感できたら。
それを体験するサポートをしています。


★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション



問い合わせ・予約は
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)



頭から身体へ

節分。暦では冬が終わる。明日から春の季節へ。
1月2月3月あたりの時期は、はじまりのエネルギーがあって気持ちいいね。

終わり、はじまる。なにが終わり、なにがはじまる?そもそも終わるものがあるのか、はじまるものがあるのか。なにを終わらせ、なにをはじめる?

今年50歳になる。ひとつの区切りとして、今考えもしない想像もしないものと50代の間に出会って深く体験できたら楽しいだろうなとおもってる。初心者として、全く未知のものと。

今自分が知ってると思ってるものにも知らないはたくさんあり、だからそのものとの新しい出会いも、いつも自分が初体験だということを忘れてなければ未知と出会い体験がある。
知ってるという考えは、体験させないからね。考えは頭にあり、体験は身体にあるから。


あるワークをしてるとき、その経験者のひとりが、
「どうしたんだろ、おかしいな。今日はいつもとちがう、なんでだろ?」
その人はいつもと同じじゃないことがおかしいと言った。

そりゃいつも同じじゃないよね。一定とか、安定とか、いつも同じ効果とか、それが正しいとすれば、不安定はおかしなことで、いつもとちがうのはなにか理由があるわけで。知ってるマインドは、いつもと同じか、ちがうならその理由を知って安心したい。

体験、って奥深いわ。




★★★マルガのオリジナルセッション
3回連続のセッションです。
つながるセッション


予約、問い合わせはこちらから、
問い合わせフォーム

なにかのためじゃなく

くさらずにやろうぜー!ってそんな言葉がでてきた。
くさりそうになってるからやな、ふふ笑

いやあ、くさりたい時もあるわね。
そんな時、気分転換するのもいいけど、くさるのがいちばんいい。

落ち込んだ時にやる自分のパターンをいつもの落ち込んだ時どおりに、
おもいっきりくさってやる!と決めて、
もう知らんどうでもいいって投げやりでも、とにかくトータルにくさろう。


元気になるために、いつも通りに戻るために、そんな気持ちでするのではないよ。
結果求めてやらない。結果求め成果ばかり求めるから、もしかしたら今の状態なのかも。


今起こってることを表現させて。
それが、苦手なこと、避けたいもの、居心地の悪いことでも。

つながるって、あなたの逃げたいものを知って本当に受け容れるってことでもあんの。晴れもくもりも雨もぜんぶ。




★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション



★★★問い合わせ、予約はこちらから(ウーヌスのページ)。

つながるって、なにと?

つながるセッションでは自分の本質につながっていく。


セッションではとても気持ちよかったし、ポジティブな言葉も聞けて、元気になれた、けど・・・
日常に戻るといつの間にかその時の感覚を忘れて、また同じ状況、悩みにもどってるってことない?


その時のセッションで体験した、自分のエネルギーが戻ってくるかんじ、ほっとした安心感、ハートで感じたこと、ハラで気づいたこと、それらに何度でもいつでもつながれたら、うれしくない?


実は、それらの体験したことはあなたの本質だから、いつでもつながれる。っていうか、いつもある。
それを思い出すために、つながるセッションがあるの。


その本質とつながると、なつかしいような感覚がやってきて涙がでたり、
力強さを感じてこんな強さが自分にあったの?って驚いたり、でも嬉しくて。言葉ではない世界。言葉なんかで表現しきれない自分という存在を知る。

ほんとにそのひとの本質はそのひとそれぞれさまざまなんだけど、あなたは自分のそれにつながったら、少なくとも今よりは自分のことをもっと好きになるだろうし、自分をより深く知りたくなるし、それをシェアしたくなるかもしれない。

親や教師やだれかが刷り込んだ色じゃない、あなたの色を自分で見つけれる。どんな色なんだろう?自分のオリジナルの色が世界をカラフルにしてることに気づけたら、めちゃハッピーだよね♡



★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション


★★★問い合わせはこちら(スタジオウーヌスのページへ)

今、もう一度願いにつながる

今日の朝、願い、望みについてふと思った。

わたしの願いは本物かな?

本物って言葉をつかうとなーんか逆に本物ではなくなる気もするんだけど、本物、偽物という対比の中の本物でなくて、
言葉を変えると、

その願いはありのままか?




ある人が、自分がずっと長い間願ってたことが実は本当の望みじゃなかったことがわかったんだって話してくれたことがあった。長い間望みと思い込んでたものと本当の望み、その両方を詳しく話してくれたんだけど、本当の願いを聞かせてくれた時、聞いてるわたしのハートも反応した。その人の本質がその願いには表れてた。



昔、あるOshoの弟子が、引き寄せの法則を伝えるワークをしたいとOshoに申し出たそう。今は多くの人が知ってるものだけど、もっともっと前の話。するとOshoは、コミューンの中でそれを他の弟子たちに広めることを許さなかったという。

欲しいものを得ることは簡単 。けどマインドの望みがどれほど叶っても、わたしたちは満たされない。それぞれの存在が感じるそれぞれの豊かさがある。

わたしたちが欲しいと望んでるものは、どこからの願いなんだろう。お母さんが欲しかったものを代わりに得てあげたいといつの間にか自分の望みと思い込んだのかもしれない。社会で認められるからという理由かもしれない。いやもしかしたら神さまの顔色をうかがった願いかもしれない、こう願えばこうなればわたしはこの世界で生かせてもらえるかもしれないと。



「わたし」というものが強くくっきりする前に感じてた望みはなんだったんだろうか。親や教師、社会の影響を受けていないときのそのままの存在はなにをしたくてこの世界へ来ようとしてたんだろう。



もう一度、魂の願いにつながりなおす。
ありのままの願い。

今、それをじっくり感じてみたい。



★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション



★★問い合わせはこちらから

ばったり

こないだ3年ぶりの再会があったの。

ここのところ毎日、わたしは近所の神社へお参りしてる。氏神さんではないのだけど、とってもいい神社なんだよー。

その日は朝、用事が終わった後、神社へ。
鳥居の前まで行くと、普段は降りている神殿の前の白い幕が上がっているのに気付いた。ウエルカムされてるわぁなんて思いながら鳥居をくぐったら、いつもは戸が閉まっている社務所が開いていて、何人かが掃除してた。神主さんの姿もある。
その神社は普段はひとがいない。年始とかの時期だけ近くの神社の神主さんや氏子さんたちがいて社務所を開けてる。

その人たちと軽い挨拶をして、数段の階段を上り参拝しようとしたら、なんか見たことある顔が。
すぐに思い出した、と同時に声かけてた。
「覚えてますか?どこどこでお会いしました!だれだれさんのあの・・!」
って、ドすっぴんでメガネのわたしに気づかれないかもと思い、メガネをあげて顔を見せたら、もちろん、と覚えてくれてて。あの時とは髪型も変わりましたねって。そうだ、ロングだった。

その日はたまたま月次祭(月に一度行われるまつりごと)だということ、その方はその神社のお手伝いをされてるということで、
そこにいたみなさん、宮司さん、(おそらく神さまからも)、よかったらお祭りにどうぞと声をかけてもらい参加させていただいた。

今まで気づかなかったんだけど、いつもお参りしてる横にも小さな神殿があって別の神さまがいることをおしえてもらい、またそことはちがう場所にも別の神さまがいてお参りさせてもらい、いろんな興味深い話も聞かせてもらったり、ほんまなんと有り難いこと。


その方と3年前会った場所もまた印象的な場所で。そういえば今思い出したけど、あの時も同じ神さまがお祭りしていた神社にたまたまみんなで立ち寄ったんだった!おおお


神さまのこと、神話、神事のことなどわたしは全く詳しくないんだけど、小さいころから母の影響でなんとなく触れてきた世界。
母が一緒にみせてくれたものはもう少し厳しいかんじだったけど、今のわたしの感じてる神さまの世界はちょっとちがう。



ほんとは細かく書けば、小さな偶然がたくさん重なってのその日の再会だった。みんなもそうゆう体験してるでしょ?楽しいよね。
何の意味?なんて想像も楽しいかもしらんが、この再会とこの時間を共有させてもらったことがもうめっちゃハッピー!



★★★マルガオリジナルセッション
つながるセッション


★★問い合わせはこちら(スタジオウーヌスのページへ)



小さな子がおしえてくれたこと

数日前に小さいころの記憶を思い出した。
母が家出をしたときのこと。
わたしは小学校1年生くらいだった。


夜、父と母がケンカをしだした。よくあること。けど、その時はいつもとちがった。母が荷物をまとめて出て行くと言い出した。
わたしは泣いて一緒に行くと言った。だけど、連れて行ってもらえなかった。そして母は出て行った。


いつも両親がケンカすると上の兄がとめようとして下の兄は何も言わずじっと固まっていた。

母が家出をしたのはその時だけ。
ほんの数日間だったかもしれない。


数日前にこの記憶を思い出した。今までもあった記憶。
でも今回はその記憶が出てきた途端、身体の一部がぎゅーって痛くなって、感情がどっと出てきて泣いた。思い出す度に何度も涙がでた。


めちゃくちゃ怖かったよね。お母さんが自分をおいて出て行ってしまうなんて。

40年以上も前の記憶。それは忘れていた記憶じゃない。母とも話したことがある思い出。でも、その小さな女の子にはどれほどの痛み。ショックだったのか、今までのわたしは知らなかったんだ。

今の自分に影響を与えていなかったはずはない。自分の人との関わり方、今までの親しい人と繰り返してきたパターンがこの記憶によってスルッとつながった。
おしえてくれてありがとう。


いくらでも泣いていいよ。あなたはもうおいてきぼりにはされない。わたしたちはずっと一緒にいる。



★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション


★問い合わせはこちらから(スタジオウーヌスのページへ)