ほんとはシンプル

今、セッションの中で、その時のテーマとなるものや、ふとやってみようと出てきた事柄を、色や粘土などを用いて表現してもらう機会が多くあります。


絵なんて描けない
自分には創造性がない
伝えるのが下手だから
コミュニケーションは感情をコントロールしないとうまくいかない


多くの人はいろんな思い込みをもってる。
その思い込みはその人にとっては事実だ。
それすら意識せず疑問にもせず、そうゆうもんだと信じ込んでることがある。


変化する、それは自分へもどっていくということで、
それはマインドには説明できないもの。
だから余計にひとは戸惑う。
自分が感じてることは間違ってる?


自分の感覚や感性を信じるのは、むずかくなってしまった。
一般的な教育を受けてきたわたしたちは、答えは外側にあると、さんざん矯正されてきた。
だから身体の欲求さえ間違いに思えて、どんどん感じられなくなって。
なんてこったい。 。


ほんとはなにもかもシンプルなのだ。








お誕生日にぎりがケーキをやいてくれた。
めっちゃめちゃおいしかった。
わたしをうみだしてくれた存在、つながっているすべてぜんぶ、本当にありがとうございます。




path of lifeセッション

問い合わせはCONTACTより

スタジオウーヌスHP

私はまた生まれていた アクアフローティング

アクアフローティングを初めて体験した時の感想と後日談をいただきました。

書いてくださったのは、フォトグラファーの丸山えりさん。

この美しい文章もそして生命感あふれてる海の写真も彼女の作品です。


みなさん、是非、読んでみてください!!!
まるちゃん、シェアしてくれてほんとにありがとう!

丸山えりさん インスタグラム maruyama__eri


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


海の神さまの力を借りて
ひとを信じる
私を信じる
この瞬間になんの不安も躊躇もなく
ただ ただ くつろぐ

アクアフローティングを通じて
私はそれを
身体の芯から
こころの底から楽しんだ

ああ 私はずうっと怖かった
生きるのも 信じるのも怖かったんだ

・・・・・・

どうやって
身体のちからを
抜くんだっけとおもいだせなくて
考えれば考えるほど
身体がどんどん固まって苦しかった

・・・・・・

margaとgiriが海の神様とつないでくれたら

・・・・・・

考えるのではなく
身体に
ダイレクトに
思考はそのあとを心地よく追いかけてくるように
すぽん とらくらくと
腑に落ちたんだ

・・・・・・

ああ
わたし
こんな風に楽になれる
身体は自由だ
すべてのちからがゆるんでいった

・・・・・・

世界と私の境界線が曖昧になり
無我夢中で私の本質の輪郭をさぐる
とらえられない本質のかたち
毎瞬毎瞬その感触が変わる
ただ感じては消えてゆく
なんと愛おしいことだろう

・・・・・・

とろける
まばゆい
はかなく
きらきら
はらはら

ずっとここにいたい

・・・・・・

はじめはほのかに緊張した身体
giri&margaにいざなわれ
ゆだねるうちに
すぐに海に馴染んでほぐれてゆく
身体の力を抜けば抜くほど海の天地がわからなくなり
いま、私が浮いている場所が海かどうかも怪しくなり
そう感じた次の瞬間に
私は 子宮の中にいた
子宮を覚えていた
心地よさを味わうまもなく死がやってきた
明らかにこれは死だった
私は 死のことも知っていた
死は あたたかくて穏やかで心地よかった
じわじわとそれを感じたら

ひかり ひかり ひかり ひかり ひかり ひかり

圧倒的なひかりの中で私はまた生まれていた

・・・・・・

giri&marga
本当に大きな愛
ありがとう

・・・・・・

後日談。
私の五感は、冴に冴えて、あらゆる直感が鋭くなりました。
ちょっとバランスを崩す日もあって慌てたけれど
海の中で、初めに口の中に海水が入ってくるくらいのものだと
たかをくくっています。
ハプニングもあるけれど
ここにくつろぐ。私の本質で生きる。
ただ、この存在に感謝。
スタジオウーヌス。素晴らしい1日をありがとう。愛しています。


丸山えり インスタグラム




スタジオウーヌスHP
CONTACT

慈悲の海

photo by 丸山えり

スタジオウーヌス@鎌倉ー再び、から名古屋に戻ってきました。

お会いした方、すばらしい場を提供してくださった方、
いろんな場でわたしたちのワークを紹介してくださったり協力・応援してくださった方々、
本当にどうもありがとうございました。

そしてわたしたちを受け容れてくれた海があったから。 ほんとにありがとう。


楽しかった!
いらしてくれた方はどうだっただろうか。
たくさんの美しいフィードバックをいただいています。

おそらく今年の海でのワークはおしまい。
最後の日、この海から出ることが離れることがさびしくて、またねと何度も言いつつ、なかなかはなれられず。

最後の数日間、海は特別にやさしく感じた。
甘くて柔らかくて強くて。
それは波が荒くない方がいいとか海水の温度がとか、自然だから人間が思ったような都合のいいものではなく。
それでも、だからこそ、やさしいなぁと。

それは言葉にあらわすならば、慈悲。
数日間、わたしたちは慈悲の中にいた。

ほんとは毎瞬、存在の慈悲の中でわたしたちは生きているのだけど、それを忘れてしまう。
けど、この数日間はそれがとてもしっかりと感じていた。
愛されている、そう思い出した時間。
ありがとうございます。




CONTACT

path of lifeセッション

スタジオウーヌスHP

プロセスという祝福

しばらく名古屋から離れていて、戻ったのが3日前。
2週間ほど滞在した鎌倉では素晴らしいスペースをお借りすることができて、いろんな方に来ていただきました。そしてわたしたちのワークを他の方に紹介してくれた方もたくさんいてとても嬉しかったです。
すべての関わってくださったみなさん!ほんとにどうもありがとうございます!


今回のウーヌスのワークを受けてくださった方、その後はどんなふうに過ごしていますか?
海と触れ合うことで、なにかが動くこともあるかもしれません。
シェアしたくなった時は連絡くださいね。


わたしはみなさんとワークをシェアさせていただいて、その後別のグループに参加して、 ただいまプロセスの真っただ中!です。
さまざまな事が内側で起こっています。
自分のある部分は心地悪く、ある部分はプロセスを歓迎してよろこんでいます。


そうゆう時、わたしができること。
身体のしたいように起こりたいように。
1日に自分のためにひとつはなにか決めて実行する。


プロセス中というのは、心地わるいと感じることも多いけど、ギフトだなーとおもうんです。
自分を責めることもあるけれど、自分自身を愛おしいと感じる瞬間も多くある。
自分を愛おしいと感じる時って、人のことも同じように感じてる。

内側でなにかが起こっているときは、いろいろなものが濃くなる。
匂いも感情もさまざまな想いや考えも。
そうゆうことも祝福だなと。

なにが起こっても起こらなくても、今は間違えないのだとしたら、
安心して今にいよう。


愛と感謝をこめて


スタジオウーヌスHP

問い合わせ

海!自然はやっぱりすごいな。

スタジオウーヌスは鎌倉でオープンしています!

海、いいよー。是非お越しください、一緒に遊びましょう。
スタジオウーヌス@鎌倉スケジュール

昨日から、やっと鎌倉に、自分の身体に、着地したかんじがしています。
6月末から忙しい時間を過ごしていて、
今、海という自然のそばにいて、 その忙しかった時間で起こっていたけれど、
気づいていなかった身体や心のこわばりみたいなものを感じています。
とても緊張していたんだな。
自然に入ると、こんなことが簡単に起こる。自然は不自然さをうきぼりにする。

サーファーや毎日海辺を歩いているだろう人―海と共に暮らしている人たちを見ていると、
日常で自然と接することがあまりない都会で暮らしている人たちとの身体のちがいを感じます。

身体がしっかりしてる。漠然としてるけど、そう感じます。
しっかりと輪郭があるし、とても美しい。


自然って気持ちいいばかりじゃないですよね。危険も共にある。
海に入るとそれがしっかりと思い出せる。
生きてるなーって感じる。自分のいのちをしっかりと感じる。
危険だからと入らない人もいる。入る人もいる。


アクアフローティングを久しぶりにシェアして、このワークのすばらしさを改めて実感してる。
ほんとにすごい。
このワークをうみだしてくれてありがとう。
このワークに関われて、ほんとにしあわせです。
共に分かち合えるみんなのおかげです。


みんなに体験してもらえるイベントを用意しています。
是非、きてください。
スタジオウーヌス@鎌倉 スケジュール


申込・問い合わせは、
マルガプレムドットコム問い合わせフォーム
あるいは、
スタジオウーヌス問い合わせフォーム
あるいは、
TEL052-833-1623 (携帯へ転送されます)

スタジオウーヌス@鎌倉 8/4-8/12

今日はお知らせです。
8/4~8/12まで、スタジオウーヌスは、
普段の名古屋から場所を移動して、 鎌倉でワークをシェアします!

鎌倉のとてもとても素敵な場所をお借りすることができました。
居心地の良さ、美しいインテリア、そして目の前が海!!

アクアフローティングをみなさんと毎日シェアできるのが、ほんとにうれしい!
自分と周りのすべてのエッセンスとつながれる機会である5つのイベントを用意しました。
お会いできるのをとても楽しみにしています!!



①アクアフローティング イントロイベント  
8月3,4,5,6,12日  
②アクアフローティング ワンデイグループ   
8月9日
③アクアフローティング個人セッション   
8月4,5,6,10,11,12日
④ボディワーク講習会~ニュートラルなタッチ   
8月7、8日
⑤クラニオバイオ サイキックマッサージ  個人セッション 
8月4,5,6,10,11,12日


①アクアフローティング イントロダクションイベント
『アクアフローティング気持ち良さそう!!』
『一度体験してみたい!!』 そんな声をとてもたくさんいただきます。

そこで、初めての方も気軽に参加でき アクアフローティングを体験できる 紹介イベントをつくりました。
このイベントでは、 参加者同士でセッションを受けること、 提供することの両方を体験します。

安全、安心なスペースを作ること、 手放すこと、委ねること、
ケアすること、ワンネス・・・・
短い時間の中でアクアフローティングのエッセンスが あじわっていただけたらという想いです。

水が怖い!人が怖い! そんな人にも、とてもお勧めです。
怖れの奥にあるものを開くチャンスです。
海が大好き、人が大好きなあなたにももちろん是非!!

日程 
8月3日火11:00~13:30    
8月4日水11:00~13:30    
8月5日木15:00~17:30    
8月6日金11:00~13:30    
8月12日木11:00~13:30

ファシリテーター ぎり & マルガ
場所 鎌倉 由比ガ浜付近
参加費 8000円

お申し込みは ここから(ウーヌス問い合わせフォーム)
電話での問い合わせ:052-833-1623


②アクフローティングワンデイワークショップ

水は、神秘
水に身を委ねる時、 あるがまままを受け容れる時、 ミラクルが起きます。
その時のあなたに一番必要な何かが開かれます。
親密さ くつろぎ ゆだねること 信頼 ひとつである
これらは体験した人たちが感じた アクアフローティングのエッセンスです。

もっとアクアフローティングを知りたい方に、
ボディワークを学んでいる方に、
水とワークをしたい方に、 ・・・・・・

日時 8月9日(月、祝)11:00~18:00
内容 海での交換セッション、瞑想、シェアリング (室内でのワークも含みます)
場所 鎌倉 由比ガ浜付近(詳細は申込後に)
参加費 17000円 ランチ付き

お申し込みは ここから(ウーヌス問い合わせフォーム)

アクフローティング個人セッション
8月4日 午前 / 5日 午後  /6日 午後 /
10日 終日 / 11日 終日 / 12日 午後

セッション代金:15.000円
セッションの時間はヒアリングやシェアも含め、2時間ほど予定しておいでください。
海でのセッション自体は20分ほどを数回します。

問い合わせ・予約は ここから(ウーヌス問い合わせフォーム)

④ボディワーク講習会~ニュートラルなタッチ
8月7(土)8(日)10:00~18:00
ニュートラルとは、自分自身の中心に寛ぎ、
世界に対して開いていること 生きること、関わること、
ヒーリングのエッセンスを探究する2日間です。

お申し込みは ここから(ウーヌス問い合わせフォーム)

クラニオバイオ サイキックマッサージ個人セッション
アクアフローティング個人セッションと 同じ時間帯で受付けてます。

セッション代金
クラニオセイクラルバイオダイナミクス:10.000円
サイキックマッサージ:10.000円

お申し込みは ここから(ウーヌス問い合わせフォーム)
電話での問い合わせ:052-833-1623

みなさんと海で一緒に過ごすのをほんとに楽しみにしています!
スタジオウーヌス
マルガ&ぎり

あ、大丈夫ですというとき。

手伝いましょうか?
そう尋ねてかえってくる返事。
だいたいが、
あ、大丈夫です!

なんか手を貸した方がいいかな、という場面は日常の中で時々出会いませんか?
全く知らない人だけれども、なにか手伝えるかもという予想で声をかける。


こないだの話。
電車の中。事故が起こりダイヤが遅れていて、平日だけど混み合っていた。
わたしは座っていて、目の前に大きなリュックを背負った若い女の子が立った。
その子はつり革につかまったまま眠りだした。
身体がリュックと共にぐらんぐらん揺れる。つり革につかまってるのが不思議なくらい。
めっちゃ疲れてる様子。 わたしの横のおばちゃんとか周りにいる人が迷惑そうにしてる。
そのぐらんぐらんで周りにぶつかりまくってるし、つり革からいつその手が離れるかもわからない。
その手がすべったら危ないだろうということは予想できる。
ぐらんぐらんと同時にななめ掛けしてるポシェットから物が落ちまくる。
時々、はっと気づいてそれらを拾い、また眠りに落ちる。

ここまで疲れるって何してたんやろ。
小さな子がごはん食べながら眠ってしまう時と似てる。

おばちゃんがたまりかねて言う。
ちょっと、あんた、こわいわ!
(大阪での出来事ゆえ、 それ以外の地域の人にはわからないかもしれないけど大阪ではありがちな場面、 悪意はさほどなく迷惑に怒ってる)

あ、すいません・・ けど、変わらず。

わたしはその子のポシェットをトントンとたたいてひっぱって起こす。
は?という顔。
ここすわって、ね。(ここ座って、眠り)
あ、大丈夫です!
ねたらええやん。
や、大丈夫です!
ええから、すわり。
あ、すいません・・
と言って座ったと同時に爆睡。


これはおせっかいなおばちゃん(わたし)の話なんだけど、おせっかいってどうなのっていうのは今はちょっとおいといて。 ほんとに大丈夫なときもあるのだけれど。




あ、大丈夫です!って咄嗟に出るのは、
わたしたちの病なんじゃないかと思う時がある。
人に頼りたくない、迷惑かけてはいけない、放っておいて、自分でやらなければ、
いろんな気持ちがあるだろうけど、


手を差しのべられて、その手を握れない理由はなんだろう。

わたしはよくやるんだ、これを。
あ、大丈夫です!と。



だから、人に尋ねるのかもしれない。
なにか手伝おうか?

わたしの中のだれかが手を握りたがってるのかもな。
手を何度も差し出してくれるのを待ってるのかもな。



ニュートラルなワークショップをします。
@名古屋
@鎌倉



スタジオウーヌスホームページ



※いま、CONTACTからの問い合わせがこちらへ届かないということが起こっています。
しばらくの間、ウーヌスの問い合わせフォームへお願いします。

問い合わせ(ウーヌスHP内)

息が吸えるようになる方法

だれも自分のことを知らないというのはとても自由だ、
ある人が話していたのだけど、わかるなー。


生まれ育った場所から離れるとき、ものすごく大きな開放感があった。
息が吸えると思った。


いつのまにか自分で窮屈な場所に入りこむのか。
暮らしの中で、それぞれがそれぞれを気にしすぎて、
実際に起こってるかどうかは別にして、 思い込みの中にはまっていく。

それをしがらみというのかな。
自分が自分に課したもの。

いまの世界は余計そうなのかもしれない。


どんなことでも自分でそれに気づくことだけが自由が開かれていく方法。





ぎりの遠隔クラニオバイオセッションモニター募集中。

スタジオウーヌスHP

マルガへのCONTACT

なぜ離れてしまう?

ぎりがクラニオバイオダイナミクスの遠隔セッションのモニターを募っています。
クラニオバイオはわたしも大好きなセッションです。
いろんな場面でこのセッションに何度もサポートされています。
この遠隔セッションもたくさんの方に反響をいただいています。
興味ある方、是非どうぞ。




なにかのセッションやグループで素晴らしい体験をしても、
すぐそこから離れてしまうのはなんでだろう。


それはひとつはその体験をマインドで理解しようとするからだとおもう。

そうした時、その体験は色を失くす。



日常ではない特別な場だったから
一瞬の高揚感をあじわっただけとか
勘違いだったとか
惑わされたんだとか、結論してしまう。


マインドはまとめるのが大好き。
要するに・・というふうに。

結論付けてまとめた瞬間、そのプロセスは終了。続きはない。
起こったことを出口も入口も無い四角い狭い箱に入れてしまった状態、
それがマインドの役目。


アタマで理解しようとせずに、その体験であじわったものを信頼してみる。
すると本当に人生は開かれていく。


起こったことはその場だけのものではない。
それは起こり続ける。
影響し続けてる。
音のように振動は自然にはプツンとやまないみたいに。


その身体であじわったこと起こったことはうそじゃない。





マルガの提供しているセッション
サイキックマッサージ

スタジオウーヌスHP

CONTACT

つかんでいた手を放した

長い間、ゆるせない人がいた。

その人が浮かぶと、身体の中からマグマみたいに吹き出てくるものがあって、
ものすごいきつい感情や思いがわいてくる。
強いエネルギー。そのエネルギーで自分自身が焼けて死んでしまうような。
ほんとに長い間、その憎しみはあった。
絶対にゆるさないって思ってたし、その憎しみが小さくなることはなかった。



その思いをもってから、ほんとうに長い時間が経った。


その人を思い出すことは今はもうほとんどない。
そうなってからも随分と経った。
その人を思い出した時今のわたしが感じることを言葉で例えるなら、無味無臭。
なんにも感じない。呪いも祈りもなにもない。

その重荷が自分からとれるとはその頃は思ってもなかった。
その重荷を持っていたかったし。 それを手放したいと思ったこともない。
直接ワークしたこともない。 いくらでもいつまででも憎んでられると思っていた。


だからとても不思議。
今自分がその人を思い浮かべても身体になにも起こらないこと、感情がわかないことが。


憎しみって中毒するみたいに依存できる。
強い感情はどれもそうかもしれない。 いや、どの感情もそう。
喜びに執着する人もいるし、悲しみに溺れてたい人もいる。

それらを持ち続けるにはたくさんのエネルギーがいる。強ければ強いほど。
その火を絶やさなように薪をくべ続けないとそれは消えてしまう。


憎んでもないのにゆるすことなんかできない。
ゆるしとは憎しみを知ることから起こる。


わたしはその人をゆるしたわけではない。
そもそもわたしがゆるしその人がゆるされることなんて何も無かった。
ただわたしが持ってた憎しみが落ちただけ。わたしがそれよりも興味あるものを見つけて、
その憎しみをつかんでた手を放し、別のものを手にとった。
それをゆるすというのかな。相手はなんの関係もないのね。




スタジオウーヌスHP

マルガへのCONTACT