サイキックマッサージ セッションメニュー

☆セッションメニュー

サイキックマッサージは全く新しいマッサージです。

クライエントのコリや歪み痛みを取り除くことや、悪いところを良くするという今までの多くのマッサージとは異なるものです。

サイキックマッサージでは、わたしたち一人ひとりがもつ本質・可能性・光に目を向け、触れます。
そして触れることで伝えます。
「この美しさがあなたです」と。

わたしたちが本質で生きるためのサポートとなるセッションです。


わたしたちの多くは悪いところを変えなければいけないと、小さな頃からそう教えられ思い込んできました。 また一方で、ありのままのわたしという考えがいろいろな解釈で使われています。


サイキックマッサージは瞑想のスペースで行われます。 
それはネガティブでもポジティブでもないニュートラルな場。 



創始者であるサガプリヤがエサレン研究所にいたときサイキックマッサージがうまれました。50年前のことです。その後彼女はマスターであるoshoと出会い、このワークの中心となる瞑想の質がもたらされサイキックマッサージは完成しました。



このワークで大切にされていることのひとつに共鳴(レゾナンス)があります。
例えば、コンサートで感動したとき、だれかと共に瞑想したとき、
だれかの一生懸命な姿を目にしたとき、絵も歌もいのちも、奥底からの表現はひとに影響を与えます。

そこにいる人たちが共鳴します。なにかが内側で起こります。
それは本質の部分です。 


このセッションでも、瞑想の場でギバー(施術者)がクライアントの光・本質に触れることで共鳴がおこると、クライアントはもちろんギバーも、両者のいのちの歓びが起こります。 



このセッションの多くの時間は、
あなたの光・本質へ、 
受け容れている部分へ、 
あるいは光がうまれつつあるところへ、フォーカスしていきます。 


ギバーはマッサージであなたの本質に触れていきます。そこは生の力がみなぎっています。 


触れられることでなにかが動いたり、静かになったりすることでしょう。
なんらかの感情がわくかもしれないし、
力みや緊張に気づき、それが離れていくのを感じることもあるでしょう。 



こうして瞑想のスペースで触れられることを通して、 寛ぎ、静けさ、信頼、本質とのつながりを強く感じ、それぞれの質である情熱や繊細さ、そして内側からの愛の呼びかけに気づくかもしれません。 

そのどれもあなたの本質です。 
それはリソース(資源)。内なる力です。 



わたしたちを知るためにサイキックマッサージでは、 これらを大切にしています。
内なる関係性、女性性と男性性 
肉体のエネルギーセンターチャクラ 
本質(エッセンス)、リソース(資源)、 
在るがまま、受容、信頼、YES 



おおまかなセッションの流れ 
・最初にいくつかの質問をします。そしてお話を聞きます。
 ・次にマッサージをどのようにすすめるかを決めるために、両脚とチャクラのリーディングをします。
左脚が女性性、右脚が男性性の質があらわれています。 
・マッサージをします。手技や順番などの決まりはなく、触れる場所触れない場所もすべて、リーディングで感じたこと実際に触れて感じたことで、マッサージはすすんでいきます。 
・シェア。マッサージ中にお伝えすることもありますが、マッサージが終わった後にお話しすることもあります。 

すべてで約90分です。
時間は前後することがありますが、時間によってセッションの内容に差はありません。
そのとき必要なことは行われます。



あなたがあなたの本質ともう一度つながること、思い出すこと。 

ホームに還るという言葉がありますが、 自分とつながるということはそんなことかもしれません。 
ホッとすること、
ここにいるという安心感、 
そのままの自分へのYES、
感謝、信頼、
ご自身のプロセスが起こるでしょう。

 Psychic Massage サイキックマッサージ 料金 10.000yen


 問い合わせ・予約(スタジオウーヌスHPフォームへ)