シンプルが好み?

わたしはシンプルな部屋が特別好きなわけじゃないなと、最近気づいた。

こんまり流でいうと、シンプルな部屋にときめかない。

でも今のわたしの住まいはとてもシンプル。以前の住まいも物が少なかった。その場所に住んでると言うとよく驚かれた。

なんでシンプルかっていうと、大きな理由は、セッションのスペースとしても使っているから。ごちゃごちゃした場所でセッションできない、したくないから。

そう、わたしの住まいは完全なプライベート空間ではないんだね・・ほんま今さらだけど、それが解って、事実に戸惑う。 戸惑うというか、正直言うとショックだった。

それはセッション場所とプライベートの空間が分かれていないからショックなのではなく、なんかね、今まで自分をトータルに寛がせていなかったんじゃないかってことを思ったから。なにかを自分に課してたのかもなって。

セッションの場所ってとっても大切、とわたしは思ってる。だから適当な場所でやりたくない。どんな時もスペースって大事でしょ?内が外に現れるというけれど、スペースって内のことだから。

そして、今までのわたしは物が少ないことが良いこと、それが片付いてるということ、それを自分が心地いい、好きって思ってた。けど、本当にわたしの好みだったんだろうか??物が少ないのが良いことって思い込んでたんだな。

わたしは好きなものと共に暮らしたい。

今まで自分のどこかにセッションの邪魔になるようなものは置かないようにという無意識の縛りがあったんだと思う。気に入ったものがあっても、物が増えるとな・・って買わずにいた。

けれど、わたしが好きなものと共にいるいるとき、わたしはハッピーで、それはセッションのサポートになるのよね。

身体に触れることをおしえるとき、セッションを提供する側の人の心地いい姿勢、場所であることは大切だよと伝えてきた。それがクライアントの安心や心地いいを支える。

その姿勢、場所は変化していく。今それが心地いいからといって、次の瞬間はわからない。

人も変わっていく。もしかすると、変わってるんじゃなくて、本当の好きを思い出しているのかも。自分じゃないものは遅かれ早かれはがれていく。

マルガの提供するセッション

つながるセッション

スタジオウーヌスホームページ

問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です