奇跡のなか

わたしはパンを食べていた、朝ごはん。

それは好きなパン屋さんのお気に入りのもの。

いつ食べてもおいしい。



けど、その日はいつもよりももっとおいしい。

五感すべてが発動して全身であじわう。

けど、おいしいだけじゃない。 なんかちがう、いつもと。



いつも一緒にごはんを食べてる目の前のこのひとも、

窓から見えてるいつもの景色と車の音も鳥の声も、

いま味わっているかんじも。



そして気づいた。

奇跡だ。

ぜんぶすべてが愛だ。



もうなにもかも、目に見えるもの、感じるもの、すべてが愛で、

愛がどんどんやってくる、

身体も心もそれに追い付かなくて、

もう胸がいっぱいになって、ぐしゃぐしゃに泣いた。




いつもの、普段、日常、と呼ばれるスペース。

そこで、ふっとなにかの拍子でスライドが起こり、奇跡に気づく。

いつもここにある奇跡。

すべての美しさに、

どれもこれもが愛おしくて面食らう。

ぜんぶぜーんぶ愛のかたまり。

新しい世界とよばれるところ。ほんとはね、新しくない、ずっとあったの。




わたしたちにあるほんとの恐怖は、この奇跡の中でいることを知ってしまうことなんじゃないか。

この世界で生き残ること、ひとから認められないこと、失敗すること、そんなことは怖くない。

奇跡を知ってすべての美しさに気づくことの方が、よっぽどこわいのかもしれないな。

★マルガの提供するセッション

つながるセッション

問い合わせはこちら

マルガ&ギリ スタジオウーヌスのホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です