恵みをいただく

昨日は畑のさつまいもを掘った。

収穫した、と一言で終わることもできるんだけど、 些細なことと思われるようなものの中にたくさんのことがある。

まるで自分がお産婆さんになったみたいに、土の中で育っていた赤ちゃんが生まれる準備が整い、出産を手伝ったかのようないい体験だったよ。

さつまいもの周りの土はかちかちで固くて根っこが深く、少しづつしか掘り進められない。スコップを使うとおいもを傷つけてしまった。だから手で、ちょっとづつ。20cm以上に育っているのもあって、あの小さなひょろひょろの苗がゆっくりじっくり土の中で形を変えながら拡がっていったんだよね。

がんばれがんばれ、そうそうその調子、っておいもに言うような気持ちがわいてきて。そしておいもは無事生まれた、土から出てきた。わたしたちも母親のお腹の中でいろんな準備をして、母親と協力してここへきた。いのちはすごいな、ほんとに。

幼稚園の時のお芋掘りの記憶がある。

さつまいもがあるであろう整列した横に長い一列。その場所の前にわたしたちは並んで座ってた。先生の合図があるまで待ってる。記憶のある場面はそれだけ。

その時の感覚を今のわたしが言葉にするなら、ずらっと並んだ機械の前にいて、それの操作方法を教わりとりかかる号令のベルが鳴るのをだるく待っていて、そしてその機械の前にいる自分も機械の一部のような、そんな無機質な感覚だったとして残っている記憶。

いま、昨日掘ったさつまいもはホイルに包まれ鍋の中。甘いといいな。

秋だねー。

★マルガの提供するセッション

つながるセッション

スタジオウーヌスのホームページ

問い合わせはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です