お盆の夢

夢をみた。


わたしは昔の実家にいた。工場を営んでいたから、玄関入るとすぐ左手が事務所。正面は駐車スペースで、父が使っていた配達用の車があった。シルバグレーのバン。

そのバンを見た瞬間、ああ、お父さんが乗ってたやつ、と久しぶりに見て懐かしくてうれしかった。夢の中でも父はもうすでに亡くなっていた。


母の姿は見えないけど、掃除をしている。毎年恒例の年末の大掃除みたいなかんじ。

家の空間が、大掃除の後みたいな清浄なエネルギーになっててとっても気持ちいい。


父のバンの後ろに3台ほど車が駐車してある。古い小さい車。フィアットのマーク。それが2台続いて、その後ろに昔の自転車みたいなの。

いままでの歴代のものが並んでる、そんな印象を受けた。


外へ出ると、近所の家々も掃除をしてる。町中がそうゆう季節、掃除をする時期というかんじ。

たくさんのゴミが出されてて、ごみ収集がくるのを待ってる。



わたしは家を出て、駅へ向かう。

ホームで電車を待ってるけど、本当にこのホームで電車を待ってて来るんやろうかときょろきょろしてたら、隣のホームに電車が停まってる。その電車は普通電車。

わたしが待っているのは、特急電車専用のホームだった。だったらわたしはここで間違いない、特急電車に乗るから。




そして目が覚めて、その夢のメッセージを感じたら、そうかお盆やもんなぁと納得。


7月末あたりから咳が出てとまらなかった。約2週間ほど。夜も眠れない日が続いた。セッション中だけはなぜか咳が止まって有り難かった。

久しぶりに病院に行った。本当に普段行かないんだけど、それぐらい身体が辛かったから。漢方専門の内科。おもしろい先生。漢方を飲んで、普段摂っているあれこれについてアドバイスしてもらう。

先生のそのアドバイスはわたしに合ってたようで、身体にいろんな変化が起こってる。わたしにとっては摂りすぎるとよくないものがわかってよかった。


先生曰く、

日常よ!日常。それがだいじ。

ですよね~、先生。

スタジオウーヌス Studio UNUS

つながるセッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です