親友と彼


学生時代の親友。
学校を卒業して、
別々の仕事をしていても
しょっちゅう会ってた。

生きるってなんだ?いろいろなことを話し、一緒にたくさんのことを体験した。
旅行もよく行った。



わたしたちは旅行先で彼と出会った。
親友と彼はしばらくして付き合うことになった。


ある時、わたしと親友はけんかした。
時々、けんかしてた。
普段はどちらともなくすぐ仲直りしてたのに、
その時はなぜか長引いて、
しばらく連絡をとってなかった。

わたしは仕事の研修で数か月、東京に行くことになった。


そのころ、親友とその彼は関西と関東の遠距離恋愛中。
週末は関東に彼に会いに行ってたのを知ってたので、
わたしは出発前日に親友に久しぶりに連絡をとった。

『しばらく東京にいくことになったよ。
向こうで3人で会えたらいいなと思って。』
『うん、実は彼、こないだ入院して。』


わたしは研修の休みの日にお見舞いに行った。

病室をノックしたら、彼のお母さんが出てきた。
悪いけど今日は会えないから帰ってほしい、と言う。

わたしは驚いて、帰ろうかとも考えたけど、
会いたいってもう一度お願いしてみた。

しばらく待たされた。
心臓がばくばくしてこわかった。もう帰ってしまいたい。


部屋に入れてもらったら、
彼がいてた。
泣いてた。

『来てくれてありがとうね。』

『うん、久しぶり。
なんで泣いてるん?』
理由をわかるような気がしたけど、尋ねた。

彼は、こわいって言ってた。
そして、わたしに会えてうれしいって。

数時間過ごした。
また会おうね、
って言って、病室を出た。

自分はうそをついてしまった。
もう会えないくせに。

彼は見た目には以前とそんなに変わらなかった。
でもわたしの父と重なった。
父が死ぬ前とおんなじだとおもった。

父はある時からだれが見てもわかるぐらい弱っていたけど、
わたしには本当のことは知らされなかった。
そしてあと1週間もつかどうか、という時、兄から聞いた。

わたしはその時から父が亡くなるまでの数日、泣いてばっかりいた。
手を握ってても、足をさすってても、ずっと泣いていた。

父が亡くなった時より、その数日間がその時のわたしには苦しかった。


金曜日の仕事を終えた親友が、
大阪から夕方やってきた。
わたしたちは病院の外で会った。

『どう思う?
おかしいよな?
本当は死ぬんじゃないんかなって思う。
このまましばらくここにいようかなって考えてる』親友は言った。

『大丈夫やって』
不安がってる親友にわたしはそう言った。

わたしは、二人には一緒にいる時間をわたしのように泣きながらとかではなく、
あじわってほしかった。独りよがりな見方だったけれど、わたしはそのときそう思ってその言葉を伝えた。


そしてすぐに彼は亡くなった。
親友は最期には立ち会えなかった。

わたしは後悔した。
なんで本当のことを話さなかったんやろう。

わたしと親友は、
お互いとてもストレートな性格で、
なんでも話した。
正直に素直にわたしたちの時間を過ごしてきたのに、
わたしはとても大事な時に、彼女を裏切った。
そんなふうに思って、苦しかった。


1年ほど経った時、
夢を見た。

彼が出てきた。ニコニコ笑ってる。
わたしは彼に話した。

ごめんね、
わたしが正直に彼女に話してたら、
ふたりは最期の時間を過ごせたのに。

いいんだよ。
そう言って笑って去ろうとした。

ちょっと待って!
彼女を呼んでくるから!
あの子、すごく会いたがってるから!お願い!
彼はそのまま行ってしまった。

わたしは泣きながら目を覚ました。


夢だとわかってるけど、
あまりにクリアだった。


そして、わたしははじめて親友に話した。
あの時のこと、自分が本当はなにを感じていたのか。ごめんなと。

『いいねん。
大阪に帰るのはわたしが決めたことやから。』
親友は言った。

あれから20年経った。
ああ、書きながらいっぱい泣いたよ。

(旧ブログより  2016-02-27 記)



あなたの身体、感情、マインド、魂、全体とつながる
つながるセッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です