ちゃんと辿り着く

セラピストとして自分のスペースをもって独立したとき、身体に触れるセッションとオーラソーマのリーディングの二つをメニューにしていた。


もともと色が好きだった。いろんな色のコンビネーションや色の流れが好き。はじめてボトルがずらーっと並んでるのを見た時、おお!って感動したのを覚えてる。

そのボトルとの出会いからクラスに参加するまで、約10年くらいあったとおもう。なんて長い熟成期間。

わたしはその時、オーラソーマのクラスに参加するか、インテリアコーディネーターの学校に行くか迷って、インテリアの学校に行ったのだ。

2年通うはずだったインテリアの学校は1年でやめた。で、そのインテリア学校で出会った唯一の友人から、その後何年も経ってオーラソーマのティーチャーを紹介してもらってはじめてクラスに参加したという・・。巡り合わせというのか、人生の模様の創られ方っておもしろい。


インテリア学校で学んだことはほとんど覚えてないけど、オーラソーマからもらったものはたくさんある。ひとつは、色のパワー。これはすごいよ。わたしたちは色からたくさんのサポートを得ることができる。色ともっと仲良くなったらいいよ。そして数秘。これも好きだった。自分と関係してる数を理解することは、ちがう側面から自分を知るいい機会だし、生きやすくなるかも。これらはマルガのつながるセッションにも使う時があるので、知りたいことあったら尋ねてちょーだい。あと、人と関わるってどうゆうことなのかとか、教えるということとか、自分にとっての本当・不要とかを、プラクティショナーとしてというより、自分が学ぶクラスの中で解っていった。今の基盤になってる。あの時感じたことをいまだに覚えてたりするから。

本を読んでもわたしはすぐに忘れてしまうことが多いんだけど、その知識を体験すると、自分に残ってるというか身に付いてる。欲張ってたくさん取りいれても、自分にとって必要なものは身になる。安心して、10年後でも出合うもんは出合い、去るものは去るから。




★★★マルガのセッション
つながるセッション


★★★問い合わせフォーム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です