path of lifeセッション セッションメニュー

わたしであることの歓び
わたしでいることの安心感

「つながる」 このセッションでは自分自身とつながっていきます。



ほんとは、 わたしたちは一度もわたし自身から離れたことはありません。
今も前もこれからも自分自身とつながっています。
ただ、あまりにたくさんの情報に日々ふれ、
無意識に同じことを繰り返し、
育った過程での体験からの思い込みを握りしめて、
今も小さな頃に大人から言われた言いつけで自分自身を縛っている。
これらのわたしではないものが、 わたし自身を覆っている。

重たい荷物は手放して自分自身の人生をはじめませんか?



外側の声と内側の声があるとすれば、
外側の声ではなく、これからは内側の声を聴いて生きていく。

そう決めた方へ向けたセッションがPath of life sessionです。


このセッションが終わるころ、自分自身の変化に気づくでしょう。
より身体に根付き、
今起こっている感情に翻弄されるのではなくただ気づいていて、
自分自身を大切にあたたかく見守ってる。
自身の美しさに目覚めている。
以前より生きやすくなっている自分。



今、目を閉じて、
等身大の自分自身を感じてみてください。
本来のわたし自身を。





「Path of life 」いのちの道 
わたし自身のいのちを生きる
わたしのいのちの顕れが道となっていく


感じて、決めて、動く。

だれかの意見ではなく、内からの呼びかけに気づく。



自分の感覚を信頼できるようになれば、 外側に翻弄されることはなくなっていきます。
だれかの正解を自分に押し付けることもなくなっていくでしょう。
自分の正解をだれかに押し付けようとしていることに気づくでしょう。
失敗や間違いにこだわらず、自分の体験を味わうことができるでしょう。


外側→内側へ「矯正・強制」から、
内側→外側へ「表現・創造」へ。
わたしたちはそれぞれがわたし自身にしかできないものをもってる。



わたしたちはわたし自身の「美しさ」を知ることで、自分自身そして世界の愛を深く体験します。


もうドラマはおしまいにしようよ。
自分の本当の美しさを認めなければいけません。
これはわたしたちの生きる責任なのです。


このセッションの5回を通じて、身体と感覚をより繊細に感じていきます。
いままで思考優位だった人も、少しづつ身体や感覚と仲良くなっていきます。

身体、五感を通じて、わたしたちはいろんなことを知っていきます。
感情、思い込み、あなたが満たされている時の状態、その逆も。
五感を育てましょう。わたしの身体を開き、つながりましょう。

わたしがわたしと今よりも仲良くなるための時間。
それが、パスオブライフセッションです。


表現アート、身体や感じることのエクササイズ、瞑想、香り、
ここで用いるさまざまなツールは感覚や意識を拡げるものたち。




自分を信頼しよう
しあわせでいよう
満たされていよう

条件もない、状況も関係ない、今から。





自分自身とつながること
トータルに生きること
それをサポートするセッションです。


あなたとお会いできるのを楽しみにしています。



《《パスオブライフセッション》》 セッション代金:80.000円
☆このセッションは定期的に5回連続でおこないます。
☆セッション時間は1回につき約2~3時間

雨女?晴れ女?

雨、よく降っていますね。

明日は知多半島でアクアフローティングのグループ。

来週は知多半島の少し先の篠島で個人セッションと1泊2日のリトリート。

どんな天気になるのかな?

雨女ですか?それとも晴れ女ですか?と尋ねられたことがある。

どっちかなんて気にしたことがなかったから、思い出してみてもわからなかった。だって雨も晴れも両方好きだから。

けど、明日からしばらくは、わたしは晴れ女です。

今日はマヤの暦では1年のはじまりの日。

美しい時間を過ごしましょうね。

8/2.3.4 アクアフローティングリトリート@篠島 http://www.banyantree8.com/blog/2020/07/post-1609-1495076.html

スタジオウーヌス http://www.banyantree8.com/

初収穫

こんにちは。
ここ数日の暑さ。夏が近づいてきましたね。

今日の散歩で感じた空気。
お、このかんじは好きやぞ、と数日前とはちがうエネルギー、新しい風を感じました。自分の歩く足音とこのエネルギーにつつまれた世界。気持ちがよかった。


2月から畑を借りています。
3月のはじめに種を蒔いたり苗を植えたり。
畑に行ってあれこれするのが最近の楽しみ。
土に触れる、太陽浴びる、作業してるうちにいつのまにか無心になってる、そうゆうことが肉体も心も健やかにしてくれる。

そしてこないだは初収穫!

ほとんどなーんもしてないのに、野菜ができた。
すごくない?
なんでこんなんできるん?
一体なにが起こってんねん?
だれがこんなことしてくれたのですか??
不思議すぎる。
まさに神業。
生命の神秘とめっちゃおいしい野菜をあじわってるよん。

50年近く生きて、知らんことだらけやわとますます気づく。


毎日、自分の身体と心に気持ちいいことを。


スタジオウーヌス
マルガ

その感情はどこから?

よく読んでいたブログがあった。
そこには時々家族の話がでてきて、わたしはその家族の登場人物のひとりの子どもの話題が好きだった。

その子のポテンシャルのすごさと純粋さがなんとなく伝わってきて、親戚のおばちゃんみたいな気でいたのかもしれない。


あるとき、その子が情熱を注いで仲間と頑張っていたあることを辞めさせた、と書いてあった。


それを読んで、怒りがハラの奥の方からぐおっっとわいてきた。
ふざけんな!
子どもの可能性を無理やりつぶそうとすんな、親だからってなんでもしてもいいと思ってんのかっって、
もう出るわ出るわ、いろんなもんが。

昔の記憶がでてきた。そしてあの時感じた悔しい悲しいを思い出した。すっかり忘れてた出来事だったけど、ゆるさんぞ!って思ってた。今思い出したけど、家出したんやった。
けど、そうゆう抵抗は、なにも解決しなかったのね。



なんてパーフェクトな投影なんやろうと思った。
身体と感情と直観のすばらしい連携プレイやなと。

ほんとはいつもこうやってパーフェクトに起こってる。
わたしたちに気づいてほしいと機会を待っているなにかが、わたしたちの中にあるかもしれない、それは癒され昇華するのを辛抱強く待ってる。

感情とマインドに流されると、それに気づけない。
いつもいつもパーフェクトに気づけばいいんだけど・・・。



★★★3月7日土曜 連続講座 「自分のギフトを生きる」
第1回目テーマ 「リラクゼーション」
瞑想のはじまりはリラックスから。


2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ

※2回目以降の日程は1回目終了後決定します。

予約・問い合わせ先
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)





強烈だったデトックス

3月7日土曜、自分のギフトを生きる3回連続講座の第1回目が開催します。テーマは「リラクゼーション」参加者募集中!
申込はこちら(ウーヌス問い合わせフォーム)

★グループの日程など詳細について
3月7日スタート
★リラクゼーションに関する記事
リラックスとは自分というホームに戻ること
自分とつながった感覚


数年間、酵素玄米を食べていた。炊くのが大変という人がいるんだけど、コツみたいなものをつかんだらすごく簡単においしく炊けるし(音をしっかり聞くのよ)、毎日ご飯を炊かなくていいからすごくらくちん。
酵素玄米を好きなひと多いよね。わたしもおいしく食べてた。


食べ始めたきっかけは、わたしとギリの身体に異変が起きたことから。
それは7年ほど前。わたしは神戸に、ギリは名古屋で暮らしていた。一緒に暮らす前の話。

ある時ギリの身体に発疹がではじめた。クラニオの論文を書いた直後で疲れがでたのかな?と話していた。少し経つと、わたしの身体にも同じようなものが出た。
きゃ、わたしたちつながってる!その証拠やん!と、まだ付き合いたてだからそんなノリw。その頃はまだ笑えてたんだよね。だんだんそうじゃなくなるんだけど。


最初は膝の裏から出て、どんどん身体中に拡がっていった。水ぶくれができて、それが潰れるとものすごい痒み。結局最後は顔以外ほぼ全体に。痒くて夜も眠れなくて、ずーっと身体を掻いてたな。
性感染とかいろんなこと疑って病院で検査しても理由がはっきりせず、いろんなことしてみた。飲みたくなかったけど、あまりの辛さに抗生物質ものんだ。どうしても合わなくて、わたしは1週間も続けられなかったけど。
とにかくこれがいいと聞いたものは積極的に取り入れた。わらをもすがるってまさにそんなかんじ。実践していたその内のひとつが酵素玄米だった。


発疹が治ってもしばらく食べていたけど、ある時、もー、いらん!って食べたくなくなってやめた。突然わたしには全くおいしいものではなくなった。わたしには必要なくなったみたい。今はそのままの玄米食べてる。炊きたての玄米、最高においしい。


身体にいいといういろんな健康法や食べ方がある。その中でも自分には合う合わないがあるし、その時いいからといっていつまでもそれがいいってことはない。そのとき合わなかったとしてもそれが唯一のこたえじゃない。

給食とかほんとよく食べてたよなっておもう。残すな、時間内に食べろとか、身体とか個体としての特徴とか完全無視されてたな。
自分で選べれるようになってほんとによかったー。



食べるを大切にしたい。それはわたしにとっては、決まりをつくらないってこと。その都度、身体からおしえてもらう。食べたい、おいしいを大事にする。それには・・自分の感度を上げること!

そして食べるだけで健やかな身体はつくれないから、太陽を浴びるとか、身体を動かすとか、静かな時間をとるとか、旅に行くとか、肉体だけでなく精神も健やかにすること。それは全体としての自分でいるってゆうことかな。



さて、発疹はどうやって治まっていったのか。
約1年でほぼ完治した。最中は終わりがみえなくて、つらかったなぁ。
正直、これが効いたってのがない。とにかく出しきるまで終わらなかったんだよね。当たり前な話なんだけど、発疹が出る原因となった毒なのか不要なものがとにかく全部身体からなくなるまで発疹として出続けた。出し終わったから完治したんだよね。
でも最後は海によく入ったんだけど、あれはとてもよかった。
海はすごいね。


過去の生にまつわるもの、2人のコンビネーションだから出すことができたそれぞれの感情、記憶、それはお互いがそれぞれサポートしあって(潜在的に)のデトックスでした!



★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション



すべての問い合わせ、申し込みは
こちら(スタジオウーヌス問い合わせフォーム)

通じ合った!よろこび

前回書いたもの「ホームにもどる」
これって現在地を知るってこと。


★★★3月7日土曜 自分のギフトを生きる3回連続講座 
第1回目テーマ 「リラクゼーション」参加者募集中です!!
詳細はこちらから



リラックスが起こってはじめて、ああ、わたし緊張してたなとか、力を入れて強がってたなとか、ふとわかるものがある。

それはひとに指摘されてその言葉を理解しようとするのとは全く異なるもの。内から起こる理解。
それは自分が自分自身とつながった瞬間。
内側からのメッセージ。それを聴くことができたんだよ。
コミュニケーションが起こった。すごく嬉しいのよ、お互いに。

メッセージを正確に聴いたから嬉しいというより、つながれたというよろこび。
そのしあわせな感覚こそが、正解!ってことなんだよね。
これこれこうゆうプロセスを経たから、あなたは自分とちゃんとつながっています、正解、ではないわけ。
その内側からの声の喜怒哀楽すべてを感じれたことがよろこび。

正解ってことばをつかうと、わたしたちは正解がひとつだと教わってきたから勘違いしてしまうけど、正解は山ほどある。


自分のギフトを生きるための今回の3回連続講座は、自分の正解を知っていくための場所。今の正解。少ししたら正解は変わるかもしれない。

たったひとつの正解を探す、んじゃなくて、自分のその時の正解を見つける感覚を養っていく。そうすれば正解を恐れなくていいでしょ。

たぶん今まで、正解がとても怖かったとおもう。
間違えるのが怖くなかった?
けど大丈夫。正解は山ほどある。間違えられない。
そして実は正解なんてない!って腑に落ちるには体験がいる。
わたしたちは身体を通して腑に落ちるという理解をするから。



★3月7日の参加者募集中!
3月7日土曜10:00~ 
第1回目テーマは「リラクゼーション」現在地を知る

この講座は3回継続のグループ。
初回は、自分とつながるうえで最も大切で一番のベースと感じる「リラクゼーション」からスタート。3回を通して、身体・マインド・意識・ハートとのつながりを感じていきます。


2020年3月7日土曜日 10:00〜13:00
場所:名古屋市中区
参加費:8.000円(3回継続参加3回分:22.000円)
持ち物:身体を包むようなショール・マフラーなど、身体を締めつけない恰好(着替えできます)
ファシリテーター:マルガ


予約・問い合わせ先
問い合わせフォーム(スタジオウーヌスHP)



★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション

今、もう一度願いにつながる

今日の朝、願い、望みについてふと思った。

わたしの願いは本物かな?

本物って言葉をつかうとなーんか逆に本物ではなくなる気もするんだけど、本物、偽物という対比の中の本物でなくて、
言葉を変えると、

その願いはありのままか?




ある人が、自分がずっと長い間願ってたことが実は本当の望みじゃなかったことがわかったんだって話してくれたことがあった。長い間望みと思い込んでたものと本当の望み、その両方を詳しく話してくれたんだけど、本当の願いを聞かせてくれた時、聞いてるわたしのハートも反応した。その人の本質がその願いには表れてた。



昔、あるOshoの弟子が、引き寄せの法則を伝えるワークをしたいとOshoに申し出たそう。今は多くの人が知ってるものだけど、もっともっと前の話。するとOshoは、コミューンの中でそれを他の弟子たちに広めることを許さなかったという。

欲しいものを得ることは簡単 。けどマインドの望みがどれほど叶っても、わたしたちは満たされない。それぞれの存在が感じるそれぞれの豊かさがある。

わたしたちが欲しいと望んでるものは、どこからの願いなんだろう。お母さんが欲しかったものを代わりに得てあげたいといつの間にか自分の望みと思い込んだのかもしれない。社会で認められるからという理由かもしれない。いやもしかしたら神さまの顔色をうかがった願いかもしれない、こう願えばこうなればわたしはこの世界で生かせてもらえるかもしれないと。



「わたし」というものが強くくっきりする前に感じてた望みはなんだったんだろうか。親や教師、社会の影響を受けていないときのそのままの存在はなにをしたくてこの世界へ来ようとしてたんだろう。



もう一度、魂の願いにつながりなおす。
ありのままの願い。

今、それをじっくり感じてみたい。



★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション



★★問い合わせはこちらから

ばったり

こないだ3年ぶりの再会があったの。

ここのところ毎日、わたしは近所の神社へお参りしてる。氏神さんではないのだけど、とってもいい神社なんだよー。

その日は朝、用事が終わった後、神社へ。
鳥居の前まで行くと、普段は降りている神殿の前の白い幕が上がっているのに気付いた。ウエルカムされてるわぁなんて思いながら鳥居をくぐったら、いつもは戸が閉まっている社務所が開いていて、何人かが掃除してた。神主さんの姿もある。
その神社は普段はひとがいない。年始とかの時期だけ近くの神社の神主さんや氏子さんたちがいて社務所を開けてる。

その人たちと軽い挨拶をして、数段の階段を上り参拝しようとしたら、なんか見たことある顔が。
すぐに思い出した、と同時に声かけてた。
「覚えてますか?どこどこでお会いしました!だれだれさんのあの・・!」
って、ドすっぴんでメガネのわたしに気づかれないかもと思い、メガネをあげて顔を見せたら、もちろん、と覚えてくれてて。あの時とは髪型も変わりましたねって。そうだ、ロングだった。

その日はたまたま月次祭(月に一度行われるまつりごと)だということ、その方はその神社のお手伝いをされてるということで、
そこにいたみなさん、宮司さん、(おそらく神さまからも)、よかったらお祭りにどうぞと声をかけてもらい参加させていただいた。

今まで気づかなかったんだけど、いつもお参りしてる横にも小さな神殿があって別の神さまがいることをおしえてもらい、またそことはちがう場所にも別の神さまがいてお参りさせてもらい、いろんな興味深い話も聞かせてもらったり、ほんまなんと有り難いこと。


その方と3年前会った場所もまた印象的な場所で。そういえば今思い出したけど、あの時も同じ神さまがお祭りしていた神社にたまたまみんなで立ち寄ったんだった!おおお


神さまのこと、神話、神事のことなどわたしは全く詳しくないんだけど、小さいころから母の影響でなんとなく触れてきた世界。
母が一緒にみせてくれたものはもう少し厳しいかんじだったけど、今のわたしの感じてる神さまの世界はちょっとちがう。



ほんとは細かく書けば、小さな偶然がたくさん重なってのその日の再会だった。みんなもそうゆう体験してるでしょ?楽しいよね。
何の意味?なんて想像も楽しいかもしらんが、この再会とこの時間を共有させてもらったことがもうめっちゃハッピー!



★★★マルガオリジナルセッション
つながるセッション


★★問い合わせはこちら(スタジオウーヌスのページへ)



小さな子がおしえてくれたこと

数日前に小さいころの記憶を思い出した。
母が家出をしたときのこと。
わたしは小学校1年生くらいだった。


夜、父と母がケンカをしだした。よくあること。けど、その時はいつもとちがった。母が荷物をまとめて出て行くと言い出した。
わたしは泣いて一緒に行くと言った。だけど、連れて行ってもらえなかった。そして母は出て行った。


いつも両親がケンカすると上の兄がとめようとして下の兄は何も言わずじっと固まっていた。

母が家出をしたのはその時だけ。
ほんの数日間だったかもしれない。


数日前にこの記憶を思い出した。今までもあった記憶。
でも今回はその記憶が出てきた途端、身体の一部がぎゅーって痛くなって、感情がどっと出てきて泣いた。思い出す度に何度も涙がでた。


めちゃくちゃ怖かったよね。お母さんが自分をおいて出て行ってしまうなんて。

40年以上も前の記憶。それは忘れていた記憶じゃない。母とも話したことがある思い出。でも、その小さな女の子にはどれほどの痛み。ショックだったのか、今までのわたしは知らなかったんだ。

今の自分に影響を与えていなかったはずはない。自分の人との関わり方、今までの親しい人と繰り返してきたパターンがこの記憶によってスルッとつながった。
おしえてくれてありがとう。


いくらでも泣いていいよ。あなたはもうおいてきぼりにはされない。わたしたちはずっと一緒にいる。



★★★マルガのオリジナルセッション
つながるセッション


★問い合わせはこちらから(スタジオウーヌスのページへ)

頭つかうより筋肉きたえよう

頭ではわかってるんですよ・・でも・・。

ほんとはやりたいんですよ、けど、頭ではわかってるんです、だけど、どうしてもできないんです・・。

言い訳みたいなこと言う時、自分をかばおうとするときにつかう。
やれないのは仕方ないんだと言いたいのだ。


けど、わかったほうがいいのは、
頭ではわかってる・・って、それ自体がほんと?ってこと。
だって、頭ってめちゃ頑固だよ。そんな理解あったっけ?

頭(マインド)が、一番わかってないの。
頭(マインド)がやりたくないのよ。


だから、ほんとにやりたいかどうかはまずマインドからはなれてから。


はなれてからそこで感じてみたほうがいい。(そこってあなたにとってどこ?)

言い訳やめようとするより、無理やりやろうとするより、
その感じる筋肉を鍛えるほうがいい。



★★★マルガのセッション
つながるセッション



★問い合わせはこちら(スタジオウーヌスのページ)